2012年6月5日火曜日

宮内庁御用【くないちょうごよう】

宮内庁に品物を納入していること、または、その事業者。宮内庁御用達とも言う。皇室の御用達は大日本帝国憲法に存在した制度で、現在は存在しない。

宮内庁御用達【くないちょうごようたし】

宮内庁に納入または献上される品物、あるいは宮内庁が購入している品物を意味する表現。大日本帝国憲法における「御用達制度」に基づく呼称であり、現代では廃止されている。戦前に御用達を賜り、いまも存続している老舗が、現在も宮内庁御用達と銘打っている場合はある。

皇室御用達【こうしつごようたし】

皇室に品物を納入している事業者を指す語。宮内庁御用達とも言う。戦前の大日本帝国憲法の下では法的根拠がある制度だったが現在は廃止されている。

王室御用達【おうしつごようたし】

王の一族が顧客となっており、王族への商品の納入を行っていることを指す語。主に英国王室に関して用いることが多い。英国では王室御用達の店は「ロイヤルワラント」と呼ばれる証を掲げることが許される。

不採用【ふさいよう】

採用試験などにおいて不適格と見なされるなどして、採用しないと判断すること。

敵飛【てきひ】

将棋における敵駒の飛車を指す略称。

口呼吸【くちこきゅう】

口腔を通じて呼吸をすること。一般的には、鼻づまりなどにより鼻呼吸が困難な場合、息切れしている場合などに行われる場合が多い。

鼻呼吸【はなこきゅう】

鼻腔を利用して息を吐いたり吸ったりすること。鼻による呼吸。「口呼吸」との対比で用いられる表現。

中二【ちゅうに】中2

「中学二年」または「中学二年生」の略。中学校の2年目の級。

火事泥【かじどろ】火事ドロ

「火事場泥棒」を略した表現。火事騒ぎの最中に盗みを働く者。転じて、騒乱のどさくさに紛れて利己的な振る舞いをする者を指して用いられる語。

落札値【らくさつね】

競売において落札された価格のこと。落札価格とも言う。

落第生【らくだいせい】

試験に落第した学生、進級できずに同じ級に留まる学生、といった意味の表現。

超大型【ちょうおおがた】

「大型」という形容が妥当でないほど極端に大きいさま、規格外の大きさ、などを指す表現。超大型台風、超大型トラックなどの表現でしばしば用いられる。

次の便【つぎのびん】

この次に来る運搬手段や交通手段を指す語。

っぱぐれる

動詞に付いて「その機会を逃す」といった意味で用いられる「逸れる」を強めて言う表現。食いっぱぐれる、買いっぱぐれる、などの表現で用いられる。

食いっぱぐれる【くいっぱぐれる】食いっ逸れる

食べる機会があったのにみすみすその機会を逃してしまうこと。食事にありつくチャンスを逃すこと。「食い逸れる」を強めた言い方。

買いっぱぐれる【かいっぱぐれる】買いっ逸れる

購入しようと思っていたのに購入できずに終わる様子を意味する表現。欲しかった商品が売り切れ、販売終了、絶版などの理由により入手できなくなるさま。

ツケで払う【ツケではらう】

その場で代金を支払うのではなく、後日にまとめて支払いを行う方式で、商品の購入や飲食などを行うことを意味する表現。

ツケ払い【つけばらい】

商品の購入や飲食などの代金を、その場で支払わず、後日まとめて支払うことを意味する表現。ツケによる支払い。

ツケ

原義は勘定書きのこと。転じて、その場で支払いを行わず後日まとめて支払うことを意味する表現。

共同訓練【きょうどうくんれん】

異なる組織や部隊が一緒になって技術的・身体的な向上に取り組むこと。例えば、複数の国の軍隊が一緒に軍事的訓練を行うなど。

印海軍【いんかいぐん】

一般的に、インド海軍の略称として用いられる語。

たらし込む【たらしこむ】誑し込む

うまいことや甘いことを言ってだますことを意味する表現。単に「たらす」(誑す)とも言う。特に年若い異性をうまくだますといった意味で用いられる場合が多い。

漂流物【ひょうりゅうぶつ】

洋上を漂い海流に流されているものを指す語。

土に帰る【つちにかえる】土に還る

有機物が完全に分解されて土壌の一部と化すこと。一般的には、死んで朽ち果てる、といった意味で用いられる場合が多い。

通信圏外【つうしんけんがい】

主に無線通信において、電波が届かず通信が行えない範囲、通信可能な範囲の外、などを指す語。

爆発的な勢い【ばくはつてきないきおい】

きわめて短期間に、急速に増えたり広がったりする様子を形容する表現。

選挙の洗礼【せんきょのせんれい】

政治家が選挙を通じて経験する、有権者による厳しい審査を意味する表現。

月間MVP【げっかんエムブイピー】

スポーツ競技において、月内の活躍を総合的に判断して最も優れていたと判断される選手に贈られる賞のこと。月間最優秀選手。

クリスマスプレゼント

クリスマスに贈られる贈り物の総称。サンタクロースから夜中に届けられるプレゼントや、親しい人へ親愛のしるしとして贈るプレゼントなどを指す。

クリスマスギフト

クリスマスデー、またはクリスマスシーズンに贈られる贈り物を指す語。「クリスマスプレゼント」と言う場合の方が多い。

歳末シーズン【さいまつシーズン】

年の暮れの時期を大まかにさす表現。クリスマスシーズン、ホリデーシーズンなどとも表現される。日本では正月と併せて年末年始などと言うことが多い。

子ども・子育て白書【こどもこそだてはくしょ】

少子化の状況把握と対策立案のために作成される報告書。少子化社会対策基本法に基づき政府が作成し、毎年の国会に提出される。

独身志向【どくしんしこう】

結婚するつもりがなく、独身でいることに意識が向いていること、独身のままでいることを志向していること、などの意味の表現。

たわもの

一般的には「たまもの」(賜物)の誤り。神仏や他者などから受けた恩恵などを意味する語。

蔚珍【ウルチン】

韓国の地名。原子力発電所があることなどで知られる。

はしごを外される【はしごをはずされる】梯子を外される

高い地位や役職に就いた後に、あるいはおだて上げられた後に、味方する者が周囲にいなくなって孤立状態に陥ることを意味する語。

うねりを伴う【うねりをともなう】

主に、台風などの影響で波が大きくなり、山の大きな波が発生する様子を意味する表現。

理解を示す【りかいをしめす】

状況や要望などを汲み取って、それに歩み寄る意向を表すさまを意味する表現。

お茶石鹸【おちゃせっけん】お茶せっけん

緑茶から抽出される成分を配合した化粧石鹸の通称。緑茶石鹸とも呼ばれる。

茶のしずく【ちゃのしずく】

主に、株式会社悠香が販売する「茶のしずく石鹸」の略称として用いられる語。「お茶石鹸」と通称されることもある。

目にあまる【めにあまる】目に余る

あまりに程度が甚だしく、黙って見過ごすことが難しい様子などを指す表現。

バラバラ殺人【バラバラさつじん】ばらばら殺人

死体の分割が行われる殺人事件の通称。死体や犯行の隠蔽などを目的としている場合が多い。

ワールドプレミア

映画において世界で最初に公式に上演する試写会のこと。 一般的に、出演者やゲストが招かれ、映画の完成が盛大に祝われる。

外堀が埋まる【そとぼりがうまる】

物事が実現するために障害となっているものが、周辺的な事項から取り除かれていくさまなどを意味する表現。

貧乏芸人【びんぼうげいにん】

人気が出ずに貧乏暮らしをしている芸人を意味する語。ちなみに「貧乏芸」と言う場合は、財を削って貧困を招くような芸能を指す語。

徒歩圏【とほけん】

歩いて行ける範囲といった意味合いの語。「徒歩圏内」の言い回しで用いられることが多い。

徒歩圏内【とほけんない】

歩いていける距離の範囲内、といった意味で用いられる語。おおむね、距離にして半径1~2キロメートル、時間にして10~20分といった範囲を指す場合が多いが、個人差がある。

アンテナ店【アンテナてん】

商品を試験的に販売し、売れ行きや顧客の反応を見ることを主眼とする店舗。アンテナショップと言う言い方が一般的。

テッピー

国土交通省が、10月14日の「鉄道の日」のマスコットキャラクターに付けた名称。公募によって命名された。

生保ゴロ【せいほゴロ】

生活保護を不正に受給して金儲けを行うならず者、といった意味合いで用いられる俗な呼称。生活保護とごろつきを組み合わせた語。

事業所給食【じぎょうしょきゅうしょく】

事業所において従業員に支給される食事のこと。事業所で出される給食。

自工会【じこうかい】

主に「日本自動車工業会」の略称として用いられる語。自動車メーカーを主な会員企業とする業界団体。