2012年5月24日木曜日

熟女もの【じゅくじょもの】熟女モノ

若い女性でなくある程度の年を経た女性を主に扱った作品。主にアダルトビデオのジャンルの一つとして用いられる語。

ヒューマンドラマ

人間味、人間らしさを主題として描いたドラマを意味する語。映画やテレビのドキュメンタリーなどでジャンルの一つとして扱われる。

長時間運転【ちょうじかんうんてん】

他と比べて長い時間、運転を行うこと。自動車を運転することを指す場合が多いが、エンジンが動いている期間などを示す場合もある。

牛丼値下げ競争【ぎゅうどんねさげきょうそう】

大手の牛丼屋チェーン店の価格競争を指す語。いかに安いメニューを提供するかが勝敗の鍵となっている点を前提とした表現。

マルチプレーヤー

複数の役割をこなせるものや人。CD-RやDVD-Rなどを再生できる光学ドライブや、複数の仕事をこなせるビジネスマン、楽器を演奏できる人など。

ポッキリ,ぽっきり

数量が端的で安いことを表す表現。端数を除いたという意味合い、たったこれだけ、という意味合いなどをこめて用いられる。「60分飲み放題で10000円ポッキリ」などのように用いられる。

アイフォナー

俗にiPhoneユーザーを指す言い方。Macintoshのユーザーをマカーという場合もある。

妄想彼氏【もうそうかれし】妄想カレシ

こんなカレシがいたらいいなあ、と考え出された理想の彼氏像。または、理想の彼氏の台詞や行動を想像すること、および、その想像内容などを指す語。

TKG

「たまごかけご飯」の略として用いられるインターネットスラング。

朝メシ【あさメシ】

午前中の朝食の時間帯にのみ提供されるメニューの通称。朝食メニュー。「メシ」は外食産業におけるメニューを意味する際に用いられることの多い表記。

副部長【ふくぶちょう】

部において部長を補佐する役割。またはその役割の人。部長に次ぐ立場。

単位認定試験【たんいにんていしけん】

大学などで、単位を与えるかどうかを判定するために行われる試験のこと。

採用試験【さいようしけん】

企業や組織が応募者を構成員として適当かどうかを、採用するか否かを判断するために測定を行うこと。ならびに、その測定のために課されるテストや面接などの行為。

採用面接【さいようめんせつ】

求人において採用するか否かを判断するために行われる面接試験。通常は求人する側が用いる言い方。

現場主義【げんばしゅぎ】

会議や上層部の決定などよりも現場におけるその場その場の判断を重視する、というあり方。企業や組織における主義の一つ。

笛を吹く【ふえをふく】

息の気流で音を鳴らす構造の楽器を奏でること。またはホイッスルで音を発すること。

差別意識【さべついしき】

差別をする考え方や心の動きなどを意味する語。

平等意識【びょうどういしき】

平等さに関する意見や考え方。または、ある物事に関して、平等であるべきだとする見解。対義語に「差別意識」がある。

シャカサイン

ハワイで用いられるジェスチャーで、小指と親指のみ立てるサイン。ハワイでは挨拶としてシャカサインを行う。

サムズアップ

親指を立てるジェスチャー。欧米などでは「Good」に類する肯定的意味で用いられる。

ファックサイン

中指を突き立てるサイン。手の甲を相手側に向けて示す。欧米などでは非常に侮辱的なサインと認識される。

ダブルピース

両手でピースサインを作ること。強い「イェーイ」的な雰囲気が出る。ポルノ同人誌などでは「アヘ顔ダブルピース」という描写が一種の定番として扱われる。

Vサイン【ブイサイン】

人差し指と中指を立てて「V」の形を作るジェスチャー。多くの文化圏では「Victory」のVを意味し、勝利や平和を象徴するサインとして理解される。「ピースサイン」とも言う。

ピースサイン

平和または勝利を象徴するサイン。通常、人差し指と中指で「Victory」のVの字を作る「Vサイン」を指す。

原発ゼロ【げんぱつゼロ】

(1)いわゆる「脱原発」を推進して完全に原子力発電廃止した状態。またはそうした構想。
(2)原子炉の定期検査やストレステストのために順次停止し、再稼動が見送られた結果、稼動している原子炉が国内に1基もなくなった状態。2012年5月に全原子炉が停止された。

泣きわめく【なきわめく】泣き喚く

大声を上げて大いに泣くさまを指す表現。泣き叫ぶ、とも言う。

ハーブちゃんぽん

いわゆる脱法ハーブを複数種類、混ぜて服用すること。ハーブのちゃんぽん。多くの場合、どのような効果があるのか特定しにくい。

上場誘致【じょうじょうゆうち】

証券取引所が、自らの取引市場で上場することを積極的に誘うこと。上場を誘致すること。

腹が立ってやった【はらがたってやった】

犯行の動機に関する供述のパターンで、怒りによる報復などのために犯行に及んだことなどを表す表現。

ロケット技術【ロケットぎじゅつ】

ロケットを開発・製造したり、打ち上げたりする際に要する技術のこと。または、その技術の程度のこと。

衛星技術【えいせいぎじゅつ】

人工衛星の開発や運用に関連する技術、およびその技術の程度。

大量死【たいりょうし】

動植物が一度に大量に死ぬこと。イルカやクジラなど同種の生物の群れがいっせいに死んでいる状況を指す場合が多い。

仕事関係【しごとかんけい】

仕事・職業に関連する事柄。仕事上の付き合いや、業務遂行のための用事などを指す表現。

引退勧告【いんたいかんこく】

引退するようにと勧められること。問題や不祥事を起こした者に対して、解雇などよりは穏便な対処方法として用いられることがある。

ロンギヌスの槍【ロンギヌスのやり】

キリスト教における聖遺物の一つで、磔刑のイエスを刺したとされる槍のこと。「聖槍」とも呼ばれる。アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」で、同名の槍が登場する。

核燃

「核燃料」を略した表記。新聞の見出しなどで使用される場合がある。