2012年5月14日月曜日

缶ビール【かんビール】缶麦酒

缶の容器に入れて販売されているビール。炭酸を逃さずに少量冷やしたり持ち運んだりして飲むことができる。

缶ジュース【かんジュース】

缶の容器に入ったジュースを指す語。缶飲料の一種。

缶飲料【かんいんりょう】

1度に飲めるだけの適度な量を内容に持つ、容器が缶の飲み物を指す語。自動販売機などで主に販売される。

基酒【きしゅ】

カクテルを作る場合に下地として用いられる蒸留酒のこと。「ベース」とも言う。ジン、ウォッカ、ラム酒、焼酎などがある。「ウォッカベース」「ラムベース」のような基酒ごとの分類でメニューに記載されることが多い。

ラムベース

カクテルなどでベースとなる酒にラム酒を使用すること。またはラム酒で割った酒。ダイキリやXYZなどがよく知られている。

缶チューハイ【かんチューハイ】

缶飲料として市販されているチューハイ。適度な比率で割ってあるチューハイを気軽に飲める。「酎ハイ」は元々は焼酎のソーダ割りを指したが、ウォッカベースであったり、シロップで割ったりとさまざまなバリエーションが登場している。

ウォッカベース


カクテルのベースとなる酒にウォッカを使用すること。またはウォッカをベースにした酒。モスコミュール、ソルティドッグ、スクリュードライバーなどが代表的なウォッカベースのカクテルと言える。

緑茶割り 【りょくちゃわり】

アルコールなどを緑茶で割ること。また、その割った飲み物。焼酎を緑茶割りにしたものは得に「緑茶ハイ」と呼ばれる。

緑茶ハイ【りょくちゃハイ】

焼酎などを緑茶で割ったアルコール飲料。酎ハイの緑茶割り版。ウーロン茶で割った場合にはウーロンハイという。

ウーロンハイ,烏龍ハイ

焼酎をウーロン茶で割った飲み物。アルコール飲料。ウーロン茶の酎ハイという意味であるが、元来の酎ハイとは異なりソーダ割りは行われないのが普通。

酎ハイ【ちゅうハイ】チューハイ

焼酎のソーダ割り。焼酎のハイボールの意味。もともとは炭酸で割ったものを指すが、他の飲み物やシロップなどで割った物も含むことが多い。焼酎でなくウォッカを使用したものをチューハイと呼ぶ例もある。ウーロン茶で割った酎ハイを「ウーロンハイ」と呼ぶなど、「酎」部分が代替される。

突き出し【つきだし】

居酒屋などで始めに注文を受けずに出される小品の料理。「お通し」とも言う。

お通し【おとおし】

主に居酒屋などで注文を受けずに出す一品料理。「突き出し」とも言う。本料理を提供する間の酒の肴といった位置づけで扱われる。料金は取られる。

模擬面接【もぎめんせつ】

面接試験の対策などとして行われる、実際の面接試験の状況を再現した練習方法。本番前に面接の流れやポイントなどを具体的に把握するといった趣旨で実施される。

脳内内定者【のうないないていしゃ】

就職活動において、内定をもらった事実はまだないにもかかわらず、本人はすっかり内定したつもりになっている様子の人を指す語。

玄人童貞【くろうとどうてい】クロウト童貞

いわゆる「玄人」との性体験がないこと、またはその人。「素人童貞」の逆の意味で、一般女性との性交の経験はあるが、性風俗店で風俗嬢を相手に性交(に準じる行為)を利用した経験はない、といった状況の人を指す語。

脳内内定【のうないないてい】

就職活動において、内定を獲得した事実がないにもかかわらず、「自分は内定している」と臆断すること。または、内定がもらえると決め付け、前提としていること。

内定者【ないていしゃ】

選出されたり採用されたりといったことが内々で決まった人。まだ正式に決定した段階ではないが、特別の事情がなければそのまま正式決定となる。

リク面【リクめん】

「リクルーター面接」の略。リクルーターと呼ばれる企業の若手社員が、就職活動中の学生を支援すると同時に、人事面での評価も行うこと。

リクルーター面接【リクルーターめんせつ】

リクルーターと呼ばれる就職活動支援役の若手社員が、相談に乗るなどの支援を行う傍らで、面接に準じる人事評価を行うこと。「リク面」と略されることもある。リクルーター自身に人事の決裁権があるわけではないが、内々定まで至る場合もあるとされる。

第一志望【だいいちしぼう】

複数ある希望のうち最も希望の度合いが強いもの、一番そうあってほしいと考える内容、などを意味する表現。特に、進学先の学校、就職活動における勤務先などについて言うことが多い。

イニシャルトーク

人の名前を明示せずにイニシャルで示し、具体的に誰のことかを第三者に知られないようにすること。および、そうした話題。バラエティ番組で芸能人の噂話をすることなどを指すことが多い。

逢魔時【おうまがとき】逢魔が時,逢う魔が時

日が暮れて闇夜が訪れる時間帯を意味する語。「大禍時」と表記する場合もある。魑魅魍魎に出会う禍々しい時とされる。

個人面接【こじんめんせつ】

就職活動などにおける面接の形式のうち、受験者が単独で面接を行う形式。集団面接に対する語。面接官は複数名の場合がある。

個人面【こじんめん】

(1)個人としての側面、といった意味で用いられる語。組織としての見解や公人としての立場などと対比される語。
(2)個人面接の略。集団面接に対する語で、単独で面接官と面接する形式。

グル面【グルめん】

「グループ面接」の略。数名の受験者を一つのグループとして同時に面接する形式。

グループ面接【グループめんせつ】

何人かを一つのグループとしてまとめて面接を行う形式。集団面接ともいう。「グル面」と略する場合もある。

集団面接【しゅうだんめんせつ】

就職活動などで実施される面接の形態のうち、面接官が複数名の受験者を同時に面接するもの。「グループ面接」とも言う。面接官が複数名出席する場合もある。