スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月 30, 2012の投稿を表示しています

品プリ【しなプリ】

「品川プリンスホテル」の略称。豪華ホテルにイベントホール、映画館や水族館などのアミューズメント施設が一体化した巨大施設。

必要品【ひつようひん】

必要なもの、という意味の表現。「生活必要品」や「避難時必要品」などのように、場合や場面を示す語について用いられることが多い。

半円形【はんえんけい】

半ば円形である様子。真円を二等分した形を指す狭義の半円形の他、不完全な円形といった程度の大まかな意味合いで用いられる場合もある。

特別監査【とくべつかんさ】

書類の妥当さなどを確認するために特別に実施される監査。営業運転において重大な事故が発生した場合などに、該当の事業者に対して実施する監査を指す場合が多い。

タコグラフ「tachograph」

自動車の運行記録をつけるために使用される装置。タコチャートと呼ばれる円形の記録用紙に時間ごとの走行距離と速度とを記録するもの。

タコチャート

タコグラフと呼ばれる計器にセットされて記録を行う円盤状の台紙、および、その台紙に記録された内容を指す語。主に高速バスのような走行業務において、走行実績を管理するために用いられる。

3つ星【みつぼし】三つ星,3ツ星,三ツ星,三ッ星

(1)等級や格付けにおいて、星1つから星3つまでの3段階で評価すること。またはそうした評価システム。
(2)3段階で評価する評価システムにおける最高評価。または、5段階評価における中間程度の評価など。最高値が星いくつに設定されているかにより評価の程度が異なる。
(3) レストランガイドとして著名な「ミシュランガイド」が認定した最も高品質なサービスを提供する店。「3つ星レストラン」などのように言う。

5つ星【いつつぼし】五つ星,五ツ星

(1)等級や格付けにおいて、星1つから星5つまでの5段階で評価すること。またはそうした評価システム。
(2)5段階で評価する評価システムにおける最高評価。または、7段階評価における中の上程度の評価など。最高値が星いくつに設定されているかにより評価の程度が異なる。

中朝【ちゅうちょう】

(1)朝廷を敬って呼ぶ表現。あるいは、中世の朝廷という意味で用いられる語。
(2)「中国と北朝鮮」の意味で用いられる語。「中朝の関係がもつれる」などのように用いられる。

お家芸【おいえげい】御家芸

専門分野、最も得意とする分野、傑出した技量を発揮できる分野、などの意味の表現。「小型化は日本のお家芸だ」などのように言うことが多い。

ええじゃないか

(1)慶応年間に西日本で流行した社会現象。民衆が熱狂して踊った。伊勢の御札が天から降ってきたことが発端であるという。
(2)富士急ハイランドにある、 座席が回転する構造を持った大型ローラーコースター。公開当時「回転数世界一」でギネスブックに認定された。