2012年4月20日金曜日

祇園暴走事故【ぎおんぼうそうじこ】

2012年4月12日に、京都・祇園の交差点に軽ワゴン車が高速で突っ込み、歩行者ら7名を死亡させた事故。「祇園で歩行者に車突っ込む」などとも報道された。

黄ダイヤ【きダイヤ】

黄色味を帯びたダイヤモンド。天然の黄ダイヤは最高級品として高く取引きされる。

事実上のミサイル【じじつじょうのミサイル】

当事国は人工衛星の打ち上げ用ロケットであると主張しているが、実際にはロケットではなく軍事目的のミサイルであると見て間違いなかろうと目される様子を表す表現。北朝鮮がしばしば表明する「衛星」を指す表現として多く用いられる。

ライバル店【ライバルてん】

営業上の競争相手・ライバルと位置づけられる店のこと。同じ客層を対象とし奪い合いとなっている、業績が拮抗している、といった状況を指すことが多い。競合相手。

100円メニュー【ひゃくえんメニュー】百円メニュー

100円で購入できる商品やサービスを指す語。主に飲食店のサイドメニューを指して用いられることが多い。実際には消費税が別途加算される場合がある。500円で買える場合は「ワンコイン」と形容されることが多い。

国歌斉唱【こっかせいしょう】

全員で国家を歌うこと。皆で国家の同じ旋律を歌うこと。学校の儀式的行事や国際的なイベントなどで行われることが多い。

国旗掲揚【こっきけいよう】

国旗を掲げること。学校の儀礼的行事などでは、式次第の一部として行われる。また、国歌斉唱も併せて行われることが多い。

不起立【ふきりつ】

座席などから立ち上がらないこと。起立しないこと。いわゆる「日の丸君が代問題」で問題視される起立のボイコットを指すことが多い。

訪日外国人【ほうにちがいこくじん】

日本に訪れる外国人を総称した語。国外から日本に来る人。観光やビジネス上の用事などといった目的、あるいは国などの区分は設けない分類のし方。

クマ牧場【クマぼくじょう】熊牧場,くま牧場

クマを飼育しており、観察したり給餌したりして楽しむことができる施設。クマがメインの牧場・動物園。

DV被害【ディーブイひがい】

ドメスティックバイオレンス(DV)すなわち家庭内暴力により身体的または精神的な苦痛を受けていること、またはその苦痛・被害を指す語。DVによる被害。

伸び悩み【のびなやみ】

思うように向上・成長せずにいるさま、一定程度で停滞しているさま、などを意味する表現。伸び悩むこと。

スポッテッドガーパイク

古代魚の一種であるガーの仲間。全身の規則的な斑模様を特徴とする。

チュラコシオリエビ

沖縄の沖合い1キロ程度の海底で発見された新種のエビ。コシオリエビの仲間で、真っ白な体に鮮やかな赤色の斑模様のあるのが特徴。

寸借詐欺【すんしゃくさぎ】

金銭を少しだけ、少しの間だけといって借りて踏み倒す詐欺の手口。困っている様子を装い人の善意につけ込んで金銭を騙し取る、といった悪質な事例も多い。

道義的理由【どうぎてきりゆう】

人として行うべきか否かという価値観が主な理由となっているさま。倫理や道徳の観点から判断される様子。

経済的理由【けいざいてきりゆう】

金銭に関する事情を原因や根拠として持つさま。お金がない、お金がかかる、儲かる、などが理由となっているさま。

政治的理由【せいじてきりゆう】

政治に関わる理由。人や国同士の駆け引きや権力争いなどを原因・根拠として持つさまを表すことが多い。

腐兄

男性同士の恋愛を扱ったボーイズラブの要素をもつ作品を好む男性を指す呼称。「父兄」のもじり。同種の趣味嗜好を持つ女性は「腐女子」などと呼ばれる。

腐男子【ふだんし】

男性同士の恋愛の要素を含んだ作品を好む男性を指す語。「腐女子」の男性版という位置づけで用いられる語。父兄をもじって「腐兄」とも言う。

ヤオラー

いわゆる「やおい」物の作品を好む人を指す語。一般的に「腐女子」の同義語とされる。

貴腐人

男性同士の恋愛を扱ったいわゆる「ボーイズラブ」要素のある作品を好む女性を指す語。「きふじん」と読み、「貴婦人」をもじった言い方。同じ意味合いの「腐女子」の言い方がより広く用いられている。

腐女子【ふじょし】

男性同士の恋愛や性的関係を扱った作品に対する嗜好を示す女性。男の子同士のいけない関係を好む女子。もともと「婦女子」をもじった言い方とされる。

ガールズラブ

女性同士が恋しあったり性的な関係を持ったりする様子や関係を指す語。主にマンガやアニメのジャンル・趣向を分類する語として用いられる。「百合」「百合関係」「レズ物」などとも言う。

百合関係【ゆりかんけい】

主に女性同士の恋愛関係などを指す語。またはそうした趣向を主にあつかったマンガやアニメなどのジャンル。

苦労をねぎらう【くろうをねぎらう】苦労を労う

物事に尽力した人に対して、その苦労を称えて慰めること。労を労う、労苦を労う、などのようにも言う。

訪中【ほうちゅう】

中国を訪れること、特に外交の一環として政治家が中国に赴くこと、などを意味する表現。

返還命令【へんかんめいれい】

一度手にした物を再び元の持ち主に返すように命じること。または、その趣旨の命令。例えば、不正に渡された金銭を返還するようにとの行政上の命令など。