2012年3月28日水曜日

肉入り【にくいり】

具として肉が入っているさま。人力・手動でまかなわれている、といった意味で用いられる場合もある。

会員制サークル【かいいんせいサークル】

活動に参加するために、事前に入会・所属が必要なサークル。

原作原理主義【げんさくげんりしゅぎ】

小説やマンガ・アニメなどについて、原作が至上であると考え、あるいは原作を絶対視して、クロスメディアやメディアミックスによる他媒体での展開に否定的見解を抱く人。原作厨。

原作厨【げんさくちゅう】

マンガ作品やアニメ作品がクロスメディア・メディアミックス展開する場合などに関して、原作を重んじるあまり他メディアで展開される作品の内容の違いに大いに否定的な見解を抱く人。「原作原理主義」と言う場合もある。インターネットスラングの一種「厨房」の略称「厨」から派生した語。

中途解約金【ちゅうとかいやくきん】

契約期間中に敢えて解約しようとする場合に発生する違約金。途中解約をすることで発生する補償費用。例えば携帯電話の1年契約・2年契約などについて言う。

ラインナップ

「顔ぶれ」「陣容」などの意味の英語。同時期に発売される製品の個々の種類などを指す場合が多い。「ラインアップ」などとも言う。

バーロー

「馬鹿野郎」を短縮した形。マンガ・アニメの台詞が元となりインターネットスラングとして定着している語。

小悪魔クソビッチ【こあくまクソビッチ】

男性を翻弄する性質を持ったどうしようもない女、といった意味合いで用いられる、女性をひどくののしる語。男からちやほやされたいと思い、媚を売ったり、不思議系女子を装ったりする女。

クソビッチ

女性をひどくののしって言う語。ビッチは「雌犬」を意味する英語に由来し、淫らな女性、ふしだらな女性、雌ブタ、などといった意味合いの蔑称。

不思議系女子【ふしぎけいじょし】

とらえどころのない不思議な雰囲気を醸している女性。俗に「不思議ちゃん」などとも言う。

分割2クール【ぶんかつにクール】

アニメのテレビ放送枠などで、あらかじめ2クール放送することを決定していながら、前半と後半に分けて休止を挟んで放送するという方式。まとめて制作するものの後半部分は続編などのような形で扱われる。

卒業アルバム【そつぎょうアルバム】

学校を卒業する際に卒業記念・卒業後の思い出などとして配布される、学校や学校生活に関する事象を写真などとして収めたアルバム。「卒アル」と略されることもある。小中高から大学と広く作成される。

卒アル【そつアル】

「卒業アルバム」の略。学校の卒業記念として、校舎や卒業生・在学中の出来事などの事象をまとめた冊子。

黒歴史【くろれきし】

俗に、今となっては恥ずかしい、できればなかったことにしたい過去などを意味する表現。「∀ガンダム」の作品中で用いられた語が元ネタとされる。

ナウシカ「Nausikaa」

(1)ホメロス作の叙事詩「オデュッセイア」においてスケリア島に漂着した主人公オデュッセウスを迎えた乙女。「ナウシカー」「ナウシカアー」とも表記される。
(2)宮崎駿原作のマンガおよびアニメ作品「風の谷のナウシカ」に登場する主人公の少女。

巨神兵【きょしんへい】

宮崎駿原作のマンガおよびアニメ作品「風の谷のナウシカ」に登場する巨大な生命体。強大な力を持った人工生命体で、高度に発達した産業文明を崩壊させたとされる。

パヤオ

(1)漁礁。沖縄などで漁に用いられる。
(2)タイ北部の行政区画。パヤオ県と呼ばれることが多い。
(3)インターネットスラングとしては、宮崎駿を指す語。

深い憂慮【ふかいゆうりょ】

程度の強い心配や不安の念。心から不安に思うこと。主に外交問題において相手国の動向に警戒の意を示す際などに用いられる表現。

親事業者【おやじぎょうしゃ】

業務の下請取引に関して、下請事業者(下請け企業)に業務の委託を行う事業者。下請法(下請代金支払遅延等防止法)において、事業者の資本金規模や取引の内容などに応じて親事業者が定義されている。

不当減額【ふとうげんがく】

支払金額などを不当に減額すること。違法ではないが適切・妥当ではない理由や方法で額を減らすこと。親事業者が下請け企業に対して不当減額を要求することは「下請法」により禁じられている。