2012年2月27日月曜日

水増し請求【みずましせいきゅう】

料金や経費などを請求する際に、実際には発生していない余分な額を上乗せして請求すること、などを意味する表現。

営業ポリシー【えいぎょうポリシー】

営業活動を行う際の方策・方針などを指す語。「営業方針」「営業スタンス」などともいう。

営業方針【えいぎょうほうしん】

営業活動をどのように推進していくかという、目指すべきあり方。営業の方針。

営業スタンス【えいぎょうスタンス】

主に企業が営業活動を行う際の姿勢や方針などを指す語。たとえば、提案を旨とする、余計な接待営業はしない、などのような形で表現されることが多い。類義語として「営業方針」「営業ポリシー」などがある。

接待営業【せったいえいぎょう】

取引先などをもてなすために行う営業活動。企業の利益を最終的な目的として、取引先の心証を良くするなどの意図を持って行う、催しや酒宴などを指す語。

オフィス用品【オフィスようひん】

一般的に企業のオフィスや事務所で用いられる文具やOA機器などを指す表現。「事務用品」ともいう。

液垂れ【えきだれ】

液体が垂れること。容器からこぼれる様子、または、塗り物や塗り薬などが十分に乾いていない状態で垂れるさまなどを指すことが多い。

修正テープ【しゅうせいテープ】

一般的に、書き損じを修正するために利用されるテープ状の文房具。修正液と同様、書き損じの上を覆うようにして修正する。修正液のように液垂れすることがなく、比較的扱いやすい。

修正液【しゅうせいえき】

書き損じを修正する目的で用いられる液。多くは白色であり、書き損じた部分に上塗りして用いる。より扱いやすい「修正テープ」なども登場している。

特殊パンチ【とくしゅパンチ】

一般的に、オフィス文具のパンチ(穴あけパンチ)のうち、利用場面や用途、穴の形状などが通常に比べて変わっているものの総称。

多穴パンチ【たけつパンチ】

一度に多数の穴を空けることができる穿孔機(パンチ)のこと。バインダーに納める際の穴を一度に穿つことができる。事務用品として利用される場合が多い。

穴パンチ【あなパンチ】

紙などに穴を空けるために用いられる道具。一般的には文房具の一種を指す。英語の「パンチ」には「穿孔機」といった意味がある。