スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 3, 2012の投稿を表示しています

コヤジ

俗に、まだ若いがオヤジ臭い男性、または、自分は若いつもりでいるがオヤジ臭さの隠せない中年男性、などを指す語。

かしわ手【かしわで】柏手,拍手

神前で、掌を打ち合わせる動作。一般的には神社の参拝などでは二度連続して打つ。「二拝二拍手一拝」の一部。神社によってはかしわ手を打つ回数が異なる場合もある。

一礼【いちれい】

(1)頭を一度下げて挨拶すること。お辞儀をすること。通常、軽いお辞儀の動作を指す。
(2)神前を参拝する作法の一部で、かしわ手を打ったあとに行う礼。「一拝」とも言う。

一拝【いちはい・いっぱい】

神前などで一度お辞儀をすること。直立した状態から頭を1度下げること。一礼すること。神社における正式な参拝の作法とされる「二拝二拍手一拝」の最後の動作。

二拍手【にはくしゅ】

神前などで二度かしわ手を打つこと。二回拍手をすること。神社を参拝する正式な作法とされる一連の動作「二拝二拍手一拝」の一つ。ただし神社によってはかしわ手を打つ回数が異なる場合もある。

二拝【にはい】

神前で直立した状態から二度頭を下げ、お辞儀をする動作。二礼とも言う。神前に参拝する際の一連の作法を「二拝二拍手一拝」という。

一の段【いちのだん】1の段

(1)掛け算の九九で被乗数が1の掛け算の一覧。「1×1=1」から「1×9=9」までの9つの掛け算を指す。
(2)序数詞に「段」を用いて数えるもののうち第1番目のもの。序数詞「段」は文章の区切り、章立てなどを表す表現。

二の段【にのだん】2の段

(1)掛け算の九九で被乗数が2の掛け算の一覧。「2×1=2」から「2×9=18」までの9つの掛け算を指す。
(2)序数詞に「段」を用いて数えるもののうち第2番目。序数詞「段」は文章の区切り、章立てなどを表す表現。