2012年1月28日土曜日

ペラルゴン酸【ペラルゴンさん】

飽和脂肪酸の一種で、体臭の原因の一つとされる物質。加齢に伴い増加するとされる。いわゆる加齢臭は「2-ノネナール」を原因とする別の要素である。

9-ヘキサデセン酸【きゅうヘキサデセンさん】

加齢臭の原因の一つとされる化合物。分解されてノネナール(2-ノネナール)が生じると独特の加齢臭が発生する。

2-ノネナール【にノネナール】

加齢臭の原因の一つとされる化合物。「9-ヘキサデセン酸」がノネナールの原因物質であるとされる。

加齢臭【かれいしゅう】

ある程度の年齢になると出てくる特有の臭い。中高年になると目だってにおい始める。ニオイの原因は「2-ノネナール」と呼ばれる物質であると特定されている。

世界新記録【せかいしんきろく】

それまでの世界記録を更新した新記録。世界で初めて出た記録。主に競技などについて用いる表現。「世界記録」とも言う。

庁有車【ちょうゆうしゃ】

官庁の所有している車。官庁の車。

狷介孤高【けんかいここう】

他人の意見を受け入れず、他と一線を画した境地にいるさま。狷介であり孤高であるさま。

アーバンライフ

「都会暮らし」「都会での生活」を意味する英語。「アーバン」は都市・都会などの意味の語。

ガレキ

(1)「瓦礫」(がれき)の意。崩壊した建物の残骸をはじめ、役に立たない物体を指す語。
(2)「ガレージキット」の意。ガレージキットは、一般的にプラモデルなどよりも造型が精緻で、少数生産を前提とした組み立て式モデルを指す語。

心に痛手を負う【こころにいたでをおう】

後々まで影響を及ぼす心理的ショックを受ける、心の傷を作る、といった意味の表現。「痛手」は重い傷を意味する語。

悪質犯罪【あくしつはんざい】

たちの悪い犯罪、悪質な犯罪、などの意味の表現。

噴出口【ふんしゅつこう】

熱水や溶岩などが噴出する場所。勢いよく吐き出す口。

すでに他界,既に他界

話題に上った人が、もう死んでいる、ということを示す表現。「すでに他界している」の言い方で用いる。

どうせならもっと早く【どうせならもっとはやく】

遅かれ早かれ、結局行うのであれば、早くやっておくべきだった、という意味合いを表す言い方。

喉元過ぎれば【のどもとすぎれば】

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、一時の苦しみも過ぎてしまえば忘れる、という意味の言い回し。

くじらのベーコン

鯨肉・くじらの肉を塩漬けにして燻製にしたもの。

とろ火【とろび】

とろとろと弱い勢いで燃える火。弱火。

汁だく【つゆだく】

俗に、牛丼屋の牛丼で具材の汁を多めに入れてもらうこと。つゆがだくだくの状態、あるいは、つゆ沢山の意味とされる。

甘辛タレ【あまからタレ】甘辛たれ

甘みと辛みのあるタレ。比較的どのような料理にもよく合う調味料。

ひと煮立ち【ひとにたち】一煮立ち

軽く煮立った状態にすること、適度に煮立たせること。鍋に入れた湯やダシを短時間湧き立たせること。

半熟卵【はんじゅくたまご】半熟タマゴ

卵を完全には茹で上がらないように茹で、黄身が半ばとろみのついた状態にしたもの。逆に卵白を完全に固めないように茹でたものは温泉卵という。

出しの素

出汁を取るために用いられる調味料。風味調味料とも言う。一般的には「出汁の素」または「ダシのもと」などと表記する。

だしの素【だしのもと】出汁の素

出汁を取るために用いられる調味料。風味調味料とも言う。粉末や濃縮液として販売されており、手軽に出汁の風味を再現できる。「出しの素」と表記する場合もある。

めんつゆ

醤油、だし、みりんなどで調合された調味料。そば・ひやむぎ等の冷麺を食する際によく用いられる。

明太子スパゲティ【めんたいこスパゲティ】明太子スパゲッティ

辛子明太子をソースに和えたスパゲティ。和風パスタの代表的種類としてたらこスパゲティと同列に扱われる。

たらこスパゲッティ

生たらこを和えたスパゲティ。和風パスタの代表的なメニューとして知られる。たらことバター、刻み海苔を使用することが特徴。辛子明太子を使用した明太子スパゲティも同様の料理として扱われる。