2012年1月25日水曜日

疾うの昔【とうのむかし】とうの昔

大分前の時点。かなりの程度の昔であるさま。

とおの昔

「とうの昔」の誤記。「とうの昔」は大分以前の時点を指す語。「疾うの昔」とも書く。

大論争【だいろんそう】

大規模な言い争い。論争の規模の大きなもの、個人同士でなく大人数または組織単位で行われる論争などを指す語。

つよコレート

「チョコレート」を誤入力した際に変換される場合のある表記。

どうぞお気遣いなく【どうぞおきづかいなく】

相手に気遣い無用であると丁寧に述べ伝える際の表現。「どうぞお構いなく」などとも言う。

でんがな

物事の叙述に軽い詠嘆の気持ちを込めていう表現。「ですがな」の撥音便。

とある魔術の

ライトノベルの作品「とある魔術の禁書目録」を略した呼び名の一種。この作品タイトルの「禁書目録」は「インデックス」と読まれる。

塊り

「塊」(かたまり)を動詞として扱う場合の表記。普通はもっぱら「固まり」の表記が用いられる。

恐れを抱く【おそれをいだく】

内心で恐れの感情を持つこと。怖いと思うこと、恐ろしいと感じること。

と言いたいところだが【といいたいところだが】

期待に反する事実を述べる際に用いる表現。接続詞的に用いることも多い。

とうに越える【とうにこえる】疾うに越える

既にだいぶ前の地点・時点で通り越した状態を指す表現。

どうなの

様子や具合を尋ねる表現。「なの」はこの場合、質問を表す語(連語)。

あめとむら

「あめとむち」(飴と鞭)の誤記。「飴と鞭」は、譲歩や報酬などを与えて良い思いをさせる一方で、弾圧や制裁などの厳しい処遇を行う支配のし方を指す語。

でかぶつ,デカブツ

体格の大きな人、または物。「でかい物(ぶつ)」の略と推測される。

国内旅行【こくないりょこう】

自国内を旅行すること、主に「海外旅行」に対して用いられる表現。

つんぐほぐれつ

「くんずほぐれつ」の誤記。「くんずほぐれつ」は「組んず解れつ」と書き、激しい取っ組み合いなどを形容する表現。

持ち帰り自由【もちかえりじゆう】

いちいち断わることなく自由に持ち帰ってよい、といったことを意味する表現。「ご自由にお持ち帰り下さい」などの表現も多く用いられる。

ガテン系求人【ガテンけいきゅうじん】

土木工事などの肉体労働に関する求人。「ガテン系」は雑誌名に由来する言葉で、肉体労働の職種を指す表現。

おそロシア

ロシアと「恐ろしい」を掛けたしゃれ。ロシアでの恐るべき事件や驚くべき文化・国柄などを冗談で言う語。

詰め放題【つめほうだい】つめ放題

袋などに対象の物を好きに詰めることができる状況を指す語。

つま先立ち【つまさきだち】爪先立ち

背伸びして爪先で立つ動作を指す表現。

必見の価値

(1)必ず見るべきだといえるほどの価値。
(2)「一見の価値」の誤り。「一見の価値」は、一度は見ておいて損はないという価値があることを指す表現。

まあ元気だせや

親しい間柄の人が落ち込んでいる際などに、元気付けるために呼びかける言い方。

めすぼらしい

「みすぼらしい」の誤記。「みすぼらしい」は見た目がとても貧相・貧弱であるさまなどを意味する表現。

宙に浮いた

(1)接地していないさま。浮かんでいるさま。
(2)取り留めなくふらふらしているさま。
(3)拠り所がない、依拠する場所がない、などの様子を意味する表現。「宙に浮いた年金」などのように用いられる。

斬死

「惨死」(ざんし)の誤記か、または「斬られて死ぬ」のような意味合いを字面で表した表記。

土着化【どちゃくか】

文化などがその土地にすっかり根付くさま。土着のものになること。

前代未門

「前代未聞」の誤記。「前代未聞」は、これまでに聞いたこともないような珍しい物事、大事などを意味する表現。

危険視【きけんし】

危ない、危険である、十分な注意が必要だ、遠ざけておく必要がある、などのように判断して扱うことを指す表現。危険人物であると見なすこと。

怒りを買う【いかりをかう】怒りをかう

相手を怒らせる、自分の言動により相手が怒ってしまう、などの様子を意味する表現。

好きです【すきです】

好意を持っていることを表明する際に用いられる表現。特定の対象について言及する場合の他に、相手に愛の告白をする場合などにも用いられる。

周知の事【しゅうちのこと】

既に広く知れ渡っている物事などを指す表現。「周知の事実」の言い回しを用いることが多い。

あっち側【あっちがわ】

自分から見て遠方にある場所や立場などを意味する表現。「あちら側」の変化した形。

曇りのない【くもりのない】

汚れやにごった部分がなく、綺麗に澄んでいるさまなどを意味する表現。名詞に付き、「曇りのない眼」などのような表現で用いられる。

堆積量【たいせきりょう】

高く積み重なったものの分量。どれだけ堆積したかという程度などを指す表現。

友人間【ゆうじんかん】

友人との間。友人関係の中での物事に言及する際に用いる表現。「友人間で競い合う」などのように言う。

実が成る

植物の果実などの実が十分に育つさま。実を付けるさまは「実が生る」と表記する。

憎まれ口をきく【にくまれぐちをきく】

人に憎まれるような口をきく、憎まれるようなことを言う、などの意味の表現。「憎まれ口を叩く」とも言う。

憎まれ口を叩く【にくまれぐちをたたく】憎まれ口をたたく

人に憎まれるようなことを言う、憎まれるような態度や話し方で話す、といった意味の表現。「憎まれ口をきく」とも言う。

カモリスト

詐欺や悪徳商法で騙されたことがある人(被害者)の情報をまとめた名簿。騙されやすい人のリストとして、悪徳業者の間で使いまわされる。

デザイン文具【デザインぶんぐ】

デザイン性の高い文具の総称。主に個人向けに販売されており、いわゆるパーソナル文具に含まれる。

事務用品店【じむようひんてん】

事務用品を商品として取り扱っている店。文具や帳票などを取り揃えている店舗。

事務用品【じむようひん】

事務に用いられる物品の総称。例としては筆記具やステープラーなど。特に機械類を指す場合は「事務機器」などともいう。

事務機器【じむきき】

事務に使用する機器・機械類の総称。文具などを含む場合は「事務用品」と言うことが多い。またOA機器も事務機器に含まれる。

PMTC

通常の歯磨きでは除去しきれない、しぶ、歯石などを歯科医院において取り除くこと。「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、「専門的機械的歯面清掃」などと訳される。