スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 24, 2012の投稿を表示しています

素甘

「すあま」の表記の一つ。すあまは餅菓子の一種で、紅白の縁起物として用いられる。

寿甘【すあま】

もち菓子の一種である「すあま」の表記の一つ。紅白に色づけられ祝いの席で配られることが多い。

五色豆【ごしきまめ】

炒った豆にそれぞれ色の異なる糖衣をまとわせ、5色の色を表現したもの。五色は五行に関連付けられることが多い。特に京都のものが有名。

葦の矢【あしのや】

追儺の行事で用いられる矢。葦の茎でつくられている。追儺で鬼を射るための矢とされ、「桃の弓」と共に携えられた。

鰡子

カラスミの漢字表記として用いられることがある語。「鰡」はボラを意味する字。

カラスミ

ぼらの卵巣などを塩漬けにして干した食べ物。珍味として珍重される。ひらがなで「からすみ」と表記した場合には、唐由来の墨を指す「唐墨」、米粉から作る中部地方の銘菓「からすみ」を指す場合もある。

布盗人算【きぬぬすびとざん】

江戸の数学書「塵劫記」に登場する「過不足算」の異称。布を盗んで何反ずつ分ける、という話題の文章題となっている。「過不足算」は単に「盗人算」とも呼ばれる。

盗人算【ぬすびとざん】

算数・数学の文章題の一種で、「ある物をある人数で配分する際、何個ずつで分けると何個だけ余り、何個ずつで分けると何個だけ足りない」という条件から、物の数と人数をそれぞれ導くよう求める問題のこと。「過不足算」とも言う。