2012年1月16日月曜日

ざあざあ降り【ざあざあぶり】

雨がはげしく降るさま、土砂降り、を指す表現。

時が経つのが早い【ときがたつのがはやい】

いつもより時間が早く進んだかのように感じられるさまを表現する言い方。

やたらめったら

「やたら」を強調した言い方。または「滅多矢鱈」(めったやたら)の転。「やたら」は節度なくめちゃくちゃであるさまなどを意味する表現。

容易ではない【よういではない】

簡単にはできない、困難である、といった意味の表現。

そちら様【そちらさま】

向こう側にいる第三者を指す丁寧な言い方。そちらの方。

参加表明【さんかひょうめい】

参加する意志を表明すること。名乗りを上げること。

放射線濃度

放射線量と放射性物質の濃度を混同した表現。

和風パスタ【わふうパスタ】

スパゲッティなどのパスタ料理に醤油だしや海苔などの和風食材をあしらった料理などを指す語。

時給力

(1)「持久力」の誤記。外圧などに持ちこたえることができる能力や程度を指す語。
(2)給与を時給に換算してその程度を測ること、などを意味する表現。

口が回らない

普通は「舌が回らない」と言う。酔いなどによりうまく喋ることができないさまを指す語。

時間をつぶす【じかんをつぶす】時間を潰す

暇な時間を過ごすために何かを行うこと。次の予定までの間に適当なことをすること。

尻込む

一般的には「尻込みする」と言う。気後れしてためらうさまなどを意味する表現。

日が落ちる【ひがおちる】

日暮れ、日没を意味する語。

剣先いか【けんさきいか】剣先烏賊,剣先イカ

イカの一種。先端の鋭く尖った形を特徴とする。美味。

憂き目にあう【うきめにあう】憂き目に遭う

つらい経験や悲しい経験をすること。経験内容を示し「~の憂き目」の形で用いることが多い。

憂さを晴らす【うさをはらす】

苦しみや陰鬱な気持ちを紛らわすこと。憂さ晴らしをすること。

幼少時代【ようしょうじだい】

人のまだ幼い頃。幼少の時代。幼少期とも言う。

ウォッカトニック

ウォッカをトニックウォーターで割ったカクテル。ジントニックのベースとなるジンをウォッカに換えたもの。

ウォッカとニック

「ウォッカトニック」の誤記。「ウォッカトニック」はジントニックを応用したカクテルで、ウォッカをトニックウォーターで割ったもの。

思ったより早く【おもったよりはやく】

人の到来や物事の実現などが予想よりも早期に訪れたさまを形容する表現。

土を耕す【つちをたがやす】

土を掘り返して柔らかくし、農作に適した状態にすること。単に「耕す」でも意味は同じ。

勢いで【いきおいで】

その場の雰囲気や感情の高ぶりによって物事を行うさまなどを意味する表現。

おまんまの食い上げ【おまんまのくいあげ】

収入がなくなって飯が食えなくなること、生活できなくなること。「飯の食い上げ」に同じ。「おまんま」は飯の俗称。

ガソリン代【ガソリンだい】

ガソリンを購入する際に支払う料金。ガソリンの代価。

揺るがない心【ゆるがないこころ】

意志や意見を持ち、決してその内容を変えることがないさま。決意や信念を指す語。

土台作り【どだいづくり】

物を乗せる台の部分を作ること。物事の拠って立つ基礎部分を構築すること。

何でもあり【なんでもあり】何でもアリ,なんでもアリ

何をやってもよい、何も禁止されていない、といった状況を指す語。禁止事項が破られ、事実上無法状態に陥っているさまなどを指すことも多い。

当代随一【とうだいずいいち】

この時代の中では第一番である、同時代に存在する他の何にも勝っている、などの意味の表現。

垢を落とす【あかをおとす】垢をおとす,アカを落とす

皮膚にたまった垢や物体表面に付着した垢を、洗い落とすこと。身綺麗にすること。

テレビコマーシャル

テレビ番組の合間などに放送されるコマーシャルメッセージ。テレビCM。「コマーシャルフィルム」または「CF」と表記されることも多い。

CM女優【シーエムじょゆう】

テレビコマーシャルなどのCMに出演している女優を指す語。広告で起用された女優。

明るい未来【あかるいみらい】あかるい未来

行く先に期待や希望が持てるさま、将来も展望が開けているさまなどを表す語。

実用向き【じつようむき】

現実の利用に適しているさま。実際に役立つさま。「実用的」とも言う。

エポキシ

「エポキシ基」または「エポキシ樹脂」を指す語。エポキシ樹脂はエポキシ基の性質を利用した樹脂のこと。

エボキシ

「エポキシ」の誤読。「エポキシ」は一般的にエポキシ樹脂を指す語。

明緑色【めいりょくしょく】

明るい緑色を指す語。

十年来【じゅうねんらい】10年来

およそ10年の昔から今日に至るまでの間。「十年来のつきあい」などのように言う。

ショートボブ

比較的髪の長さの短いボブ。髪型の一種。主に女性の髪形だが男性でもする場合がある。

名前を伏せる【なまえをふせる】

名前を人に知られないように隠しておくことを意味する表現。

いったんもんめん

「一反木綿」(いったんもめん)の誤記または転訛した表現。「一反木綿」は褌のような一反の布の妖怪の名。

感謝を表す言葉【かんしゃをあらわすことば】感謝を表すことば

ありがたい、助かる、といった感謝の気持ちを表明する際に用いられる言葉を指す語。具体的には、「ありがとう」や「どうもありがとうございます」「お礼を言います」「おおきに」などが感謝を表す言葉に該当する。

モノリンガル

言語を1つのみ習得している人。母国語を話せるが外国語を習得していない人はモノリンガルに該当する。主にバイリンガルやマルチリンガルとの対比において用いられる言い方。

マルチリンガル

複数の言語を習得しているさま。または複数の言語で話す能力を持つ人。多言語話者。2言語の場合は特にバイリンガル、3言語はトリリンガルという場合もある。

トリリンガル,トライリンガル

3つの言語を習得しているさま。または3つの言語で話せる能力を持つ人。2言語の場合は「バイリンガル」という。また、トリリンガルも含めて複数の言語を指す場合は「マルチリンガル」という。

力を借りる【ちからをかりる】

他人の助力を得ること、助けてもらうこと、手伝ってもらうことなどを意味する表現。

恋心を抱く【こいごころをいだく】恋心をいだく

恋しいという思いを持つさま。恋をしている心を胸に抱いている様子。

力でねじ伏せる【ちからでねじふせる】力で捩じ伏せる

腕力や権力などによって強引に押さえつけるさま。屈服させるさま。単に「捩じ伏せる」と言っても同様の意味を指す。

力関係【ちからかんけい】

複数の人物や集団に関する、権力や勢力の関係。誰が誰より強くて、誰よりは弱いか、などの面で関係を示すもの。

恋愛対象【れんあいたいしょう】

恋愛感情を抱く相手。交際したいと思えるさま。主に「恋愛対象として見る」のような言い方で用いられる。

弱り目に祟り目【よわりめにたたりめ】弱り目にたたり目

困ったことや具合の悪いこと、不運などが、いくつも重なって生じるさまを意味する表現。

弱り目に崇り目

「弱り目に祟り目」の誤記。「弱り目に祟り目」は、困ったことや不運などがいくつも重なって生じるさまなどを意味する表現。

口角泡飛ばす【こうかくあわとばす】

「口角泡を飛ばす」(こうかくあわをとばす)で、口元からつばを飛ばす勢いで激しく論説するさまなどを意味する表現。

恋ばな【こいばな】

「恋の話」を略した言い方。恋愛に関する話題を指す語。

妙ちくりん【みょうちくりん】

珍妙で滑稽なさま。同種の語に「変ちくりん」もある。

変ちくりん【へんちくりん】

どこかしら変で滑稽味のあるさま。へんてこな様子。