2012年11月30日金曜日

人を踏みつけにする【ひとをふみつけにする】人を踏み付けにする,人を踏付けにする

人を辱めたり馬鹿にするなどして、面目をつぶして好き勝手なことをすること。

気に染まない【きにそまない】

自分の好みに合わないこと。

渇を癒す【かつをいやす】

不満な気持ちがなくなること。欲求不満を取り除くこと。

寛恕を請う【かんじょをこう】

自分の過ちや罪を許して欲しいと願う。

気が塞ぐ【きがふさぐ】

憂鬱な気持ちになること。

心が閉ざされる【こころがとざされる】

不安や悲しみなどで外部と交じり合うことを絶たれること。

難解極まる【なんかいきわまる】難解きわまる

物事が難しくて、理解するのが大変困難なこと。

理解を絶する【りかいをぜっする】

自分の知識ではとうてい理解できないこと。

見るも無残【みるもむざん】見るも無惨

直視できないほど痛々しい様子。見るも無惨とも書く。

救いが無い【すくいがない】救いがない,救いのない,救いの無い

希望がないさま。やり切れないさま。

お寒い限り【おさむいかぎり】

内容に乏しく、心細いさま。情けないさま。

愛嬌を振りまく【あいきょうをふりまく】愛嬌をふりまく

好感の持てる言動や表情をすること。

胸に蟠る【むねにわだかまる】胸にわだかまる

不満な気持ちが解消されずに心の中に残っていること。

いい目が出る【いいめがでる】

物事が思うように進むこと。サイコロ賭博で思い通りの目が出ることから。

付が回る【つきがまわる】ツキが回る

運が向いて物事が思うように進むこと。

額に皺を寄せる【ひたいにしわをよせる】額にしわを寄せる

難題や難問を考え込んでいる様子。

お迎えが来る【おむかえがくる】お迎えがくる

死ぬこと。命が絶えること。

哀感が漂う【あいかんがただよう】

悲しみや哀れみの雰囲気が感じられること。

哀感を込める【あいかんをこめる】

物悲しさや哀れみを十分に含めること。

我に利あり【われにりあり】

自分の方が有利であること。形勢が有利なこと。

勘弁ならぬ【かんべんならぬ】

許せないこと。堪忍できないこと。

気が晴れない【きがはれない】

心の中にもやもやしたものがあって、気分がすっきりしないこと。

寝に就く【しんにつく】寝につく

ねむりにつくこと。寝ること。

南米諸国【なんべいしょこく】

南米圏に属する国々のこと。ブラジルやアルゼンチン、コロンビア、チリなど。

オセアニア諸国【オセアニアしょこく】

オセアニア圏に属する国々のこと。オーストラリアやニュージーランド、トンガ、サモアなど。

ヨーロッパ諸国【ヨーロッパしょこく】

ヨーロッパ圏に属する国々のこと。イギリスやフランス、ドイツ、イタリアなど。

アジア諸国【アジアしょこく】

アジア圏に属する国々のこと。日本や中国、韓国、インドなど。

暮らしが立つ【くらしがたつ】

生活できるだけの収入があること。暮らせるだけの収入があること。

我が意を得る【わがいをえる】

他人の考え方が自分の考え方と同じで気をよくすること。

彼の有名な【かのゆうめいな】かの有名な

話し手も聞き手も周知の物事のこと。

顔が赤らむ【かおがあからむ】

恥ずかしくて、顔が赤くなること。

替え着なしの晴れ着なし【かえぎなしのはれぎなし】替え着無しの晴れ着無し

良い服を着ているが、他に着替える服がないこと。

筆が滑る【ふでがすべる】筆がすべる

書かなくていいことを、つい書いてしまうこと。

得心が行かない【とくしんがいかない】得心がいかない

詳しい事情がわからず、釈然としないこと。

時の経つのを忘れる【ときのたつのをわすれる】

物事に熱中しすぎて、時間が過ぎるのを忘れること。

胸のつかえが下りる【むねのつかえがおりる】

心配していることが解決して安心すること。

相打ちに終わる【あいうちにおわる】相討ちに終わる,相撃ちに終わる

勝負がつかずに終わること。引き分けで終わること。

我を抑える【がをおさえる】

自分の考えを前に出さないこと。わがままを言わないこと。

酸鼻を極める【さんびをきわめる】

心を大きく痛めること。痛ましい状態のこと。

消え入りたい【きえいりたい】

恥ずかしくて、その場から立ち去りたいこと。

減小

「減少」の誤記。減少は分量などが減り、少なくなることを意味する語。

現地人【げんちじん】

その土地に住んでいる人、現地で暮らしている人、現地の人といった意味で用いられる語。

厳に慎む【げんにつつしむ】厳につつしむ

禁を犯さないように厳しい態度をもって臨むこと、間違っても事を起こさないように厳重に行動を控えることなどを意味する表現。

見受けられない【みうけられない】見うけられない

見つからない、見当たらないといった意味で用いられる表現。「見受ける」に自発・可能・尊敬などを意味する「られる」、および否定を意味する「ない」がついた語。多くの場合「られ」は自発または可能の意味で用いられる。

見ものです【みものです】見物です

これは見る価値がありますよ、注目するべきですね、といった意味合いで用いられる表現。

見えざる【みえざる】

「見えない」の文語的な表現。「見える」に「ざる」がついた語で、「ざる」は「ずある」から転じたとされる。連体形であり名詞に付く。

県外【けんがい】

県の外側、その県に含まれない範囲の場所や区域などを指す語。

権威ある【けんいある】

その分野に特に秀でており、周囲もそれを認めて自ずからその人に屈服してしまうような様子。権威があるさま。

懸案【けんあん】

長らく解決しないままとなっていた問題、前々から問題となっていた事柄などを意味する語。

血中【けっちゅう】

血の中・血液中という意味で、主に血液に含まれている成分を対象とする際に用いられる表現。血中コレステロール、血中アルコール濃度の計測、などのように用いる。

決定づける【けっていづける】決定付ける

物事が決定された状態にすること、決定を与えることなどを意味する語。「づける」は「関係づける」などでも用いられるように、そういう状態を持たせるといった意味合いの表現。

決裁を仰ぐ【けっさいをあおぐ】

事を進めるにあたって、事の決定権を持つ上司に正式に方針を決定してもらうよう願い出ること、決裁することを促し求めることなどを意味する表現。

決済期限【けっさいきげん】

金融取引などにおいて決済を行う場合はこの日までにしなければならないと定められた期日のこと。

決起会【けっきかい】

ある行動・運動に乗り出す際、勢いづける目的で催される会合のこと。決起するために開かれる会。「決起集会」と呼ばれることが比較的多い。

継続力【けいぞくりょく】

一般的に、継続する力、物事を続けるために必要とされる能力や資質といった意味で用いられる表現。根性や辛抱、無理をしないこと、少しずつ始めることなど、文脈により対象となる資質は異なる。

経営主体【けいえいしゅたい】

事業を営んでいる人物または組織のこと。特定の店舗や企業活動の経営を担っている者という意味で用いられる。

2012年11月29日木曜日

得意の絶頂【とくいのぜっちょう】

自分の描いた通りに進んで誇らしい気持ちになること。

気苦労が絶えない【きぐろうがたえない】

いろいろなことに気を遣って、精神的な苦労が続くこと。

瞠目すべき【どうもくすべき】

目を見張って感心させられる様子。

光彩を放つ【こうさいをはなつ】

たくさんの中にあって、すぐれた部分が一際目立っている様子。

頭痛の種【ずつうのたね】

心配している事柄。あるいは、悩んでいる事柄。

花がない【はながない】

人を引き付けるような魅力がないこと。「華がない」とも書く。

華がない【はながない】

華麗さがなく、魅力に欠けること。「花がない」とも書く。

得心が行く【とくしんがいく】得心がいく

詳しい事情がわかって、釈然としなかった気持ちがおさまること。

さもあるべし

ある事情について、もっともであると思うこと。

児戯に類する【じぎにるいする】

子どもが遊ぶような幼稚なことを表すことば。

法悦に浸る【ほうえつにひたる】法悦にひたる

嫌なこともすべて忘れるほどいい気持ちになること。

光るところがない【ひかるところがない】光る所がない

関心のある所がないこと。これはよい、と思わせるところがないこと。

己の不明を恥じる【おのれのふめいをはじる】おのれの不明を恥じる

物事を見極める力がないことを恥ずかしく思うこと。

それもその筈【それもそのはず】

事実関係が分かれば納得できるという意味を表すことば。

御説御尤も【おせつごもっとも】お説御尤も,御説ご尤も,お説ご尤も

人の言うことが正論であること。または、正論ではあるが現実には受け入れられないことに対していう場合もある。

代わり映えがしない【かわりばえがしない】代り映えがしない

以前と変わった所がなく、よい所がないこと。

興味索然【きょうみさくぜん】

物事への面白みが失せる様子。

冷や冷やもの【ひやひやもの】ヒヤヒヤもの

物事に対する不安が募って気が気でないこと。

身も心もとろけるよう【みもこころもとろけるよう】身も心も蕩けるよう

心身ともいい気持に浸る様子のこと。

ネガポ辞典【ネガポじてん】

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換した辞典のこと。

ネガポ

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換すること。

オイニー

匂い(におい)をズージャ読みした隠語。

チャンネー

ネーチャン(姉ちゃん)をズージャ読みした隠語。

シースー

寿司をズージャ読みした隠語。

ザギン

銀座をズージャ読みした隠語。

サツアイ

挨拶をズージャ読みした隠語。

デルモ

モデルをズージャ読みした隠語。

自動車運転代行業【じどうしゃうんてんだいこうぎょう】

他人に代わって自動車を運転するサービスを提供する営業のこと。

夜間走行【やかんそうこう】

夜に自動車などの車両を走らせること。

放置車両確認標章【ほうちしゃりょうかくにんひょうしょう】

公安委員会が、違法に駐車している車両に対して取り付ける札(ふだ)のこと。

でも医者【でもいしゃ】

医者にでもなるか、という安易な気持ちから医者になった人のこと。

裃を着た盗人【かみしもをきたぬすっと,かみしもをきたぬすびと】

役人がその立場を悪用して不正な利益を得ること。

医者智者福者【いしゃちしゃふくしゃ】

医者と知恵のある人、お金持ちの人がいれば、世の中は怖くないという意味のことわざ。

学者馬鹿【がくしゃばか】学者バカ

専門的な知識はあるものの、一般常識に欠けている人のこと。

桂馬の高上り【けいまのたかあがり】

過去の実績や経験にふさわしくない地位についた人を揶揄することば。

将は三代【しょうはさんだい】将は3代

主に、同族会社の三代目の人を揶揄することば。三代目ともなると経営力が乏しくなりがちであること。

税金泥棒【ぜいきんどろぼう】税金ドロボー,税金ドロボウ

国民の税金で給料が支払われている公務員などを揶揄する表現。

中医【ちゅうい】

診断や治療の腕が優れても劣ってもいない医者のこと。

下医【かい】

診断や治療の腕が劣る医者のこと。

ジグザグ運転【ジグザグうんてん】

車線をひんぱんに変えながら自動車やバイクなどの車両を運転すること。

ブルージョーク「blue joke」

英語で「下品な冗談」「卑猥なジョーク」「下ネタ」などの意味の語。米国では青色が卑猥なイメージを連想させる色として認識されている。

経営会議【けいえいかいぎ】

一般的には、現在の経営状況や今後の経営方針などについて報告・議論・決定を行う会議、経営者陣が結集する組織トップの会議などを意味する語。

形而的【けいじてき】

おおむね物質的・身体的・外形的・形而下的といった意味合いで用いられることがある表現。フィジカル(physical)の訳語として用いられることもある。ふつう「形而下的」という表現が用いられる。

君死にたまふことなかれ【きみしにたもうことなかれ】君死にたまふこと勿れ

「どうか、死なないでください」「死んでくれるな」といった意味の文語的表現。大正・昭和を代表する女流歌人・与謝野晶子が日露戦争の旅順攻囲戦に召集され戦地に向かった弟に送った歌の題として特に知られている。

屈辱感【くつじょくかん】

相手に屈して大いに恥ずかしい思いをした、たいそう辱めを受けたという感情、屈辱を受けて大変恥ずかしいという感情などを意味する語。

うそ笑い【うそわらい】嘘笑い,ウソ笑い

特に笑いたい感情を持たないまま、笑っているように見せること、笑っている様子を演じることを意味する語。「空笑い」(そら笑い)とも言う。

空笑い【そらわらい】そら笑い

内心では面白いとも何とも思っていないのに強いて作り笑いをすること、嘘笑いすることなどを意味する語。

苦い言葉【にがいことば】にがい言葉,苦いことば

言われて辛い指摘や忠告などを意味する語。苦言とも言う。

緊張の糸が切れる【きんちょうのいとがきれる】

しばらくの間ずっと張り詰めていた気分がふっと緩む様子などを表す言い回し。緊張状態を糸で例えた表現。

緊張が走る【きんちょうがはしる】

ぴんと張り詰めたような感覚・雰囲気に一瞬にして覆われるさま、瞬間的に緊張した空気に包まれる様子を形容した言い回し。

筋膜炎【きんまくえん】

筋膜に生じた炎症のこと。筋膜は筋肉を覆う膜状の組織のこと。痛みや腫れ、持続的に筋肉を使用する際に筋肉がプルプル・ガクガクするといった症状を伴いやすい。

筋書き【すじがき】筋書

話の大まかな流れを記したもの、物語がどのように進行していくかをまとめた台本といった意味の語。演劇や小説などにおける物語の流れを指す場合の他に、事を思惑通りに進めるための想定・手段・進め方などを指す場合もある。

業の深い【ごうのふかい】

罪深く、その報いを多く受けている様子などを意味する表現。決して清らではない、罪と悪を多く背負っているといった意味で用いられる。使用例として「人間とは業の深い生き物である」のような言い方がある。一般的には、体言を修飾する際には「の」が、述語に用いられる場合には「が」をもって「業が深い」とされる。

興味をひかれる【きょうみをひかれる】興味を引かれる,興味を惹かれる

面白そうだ、何か特別であるようだといった関心をもって注意・注目してしまう様子を表す語。

教えを請う【おしえをこう】教えを乞う

情報・知識を伝達して欲しい、技能を授けて欲しいといった希望を相手に述べ伝えること、教えてくださいとお願いすることなどを意味する表現。

教えてください【おしえてください】教えて下さい

情報や技能を授けて欲しいという希望を伝える場合、教えを請う場合に用いられる台詞。標準的な言い回しの一つといえる。

恐縮至極【きょうしゅくしごく】

あまりに恐れ多くて身が縮こまってしまうかと思われるさま、たいへん恐縮するさまなどを表す言い回し。似た表現に「恐悦至極」がある。また、「至極恐縮」とされる場合もある。

恐れがある【おそれがある】懼れがある,虞がある

悪いことが発生するのではないかと推測されるさまを表す語。「懸念がある」「危険がある」「危惧される」などとも言う。

距腿【きょたい】

もっぱら「距腿関節」の語で用いられる語で、足首部分の関節を指す語。「距」はかかと部分、「腿」はももの部分を指す字である。

享受【きょうじゅ】

受けること、我が物として味わい楽しむことなどを表す語。利点、恵み、施しなどの語と併せて用いられることが多い。精神的・肉体的・物質的、道徳的・非道徳的、いずれの側面についても使用される。

挙に出る【きょにでる】

行うこと、振る舞うこと、行動を起こすことなどを意味する語。多くの場合は「軽挙に出る」「愚挙に出る」「暴挙に出る」 など、否定的意味合いの形容が添えられて用いられる。

とりあえずビール,取り敢えずビール

居酒屋で最初のドリンクメニューを注文する際に、まずはビールを注文するという、一般的な傾向を表す語。またはその注文時に発せられるセリフ。

サザエの壺焼き【サザエのつぼやき】サザエのつぼ焼き,さざえの壺焼き,栄螺の壺焼き

サザエを殻の外側から焼いて加熱する調理法。そのまま焼く方法と、事前に身を刳り出して下ごしらえをしてから、再び殻に収めて焼く方法がある。なお「つぼ焼き」は、サザエや貝類に限らず、壷状の容器を加熱調理に使用する料理を広く指す語。

つぼ焼き【つぼやき】壷焼き,壺焼

壷または壷状の器に入れて焼く調理法。多くは蒸し焼きになる。特に貝類の調理方法のうち、貝殻を使って蒸し焼きにする調理法を指すことが多い。中でも「サザエの壺焼き」が最も良く知られている。

公務員宿舎【こうむいんしゅくしゃ】

公務員が寝泊まりする場所として設置された施設、住宅、寄宿舎のこと。2012年11月現在、全国1万箇所以上、総戸数は21万戸以上あるとされる。財務省は11月にこれら公務員宿舎の数を半減させる計画を公表している。

夜間外出禁止令【やかんがいしゅつきんしれい】

夜間に戸外を出歩いてはならないと規制を敷くこと、夜間の外出を禁じることを意味する語。主に、治安や風紀の維持などを目的として行われる。

ジャケ写【ジャケしゃ】

「ジャケット写真」の略で、主にCDアルバムの表紙および外装として用いられる写真を指す語。

勝負服【しょうぶふく】

ここ一番という機会に着用する服装のこと。元々は競馬においてレースに出場する際に騎手が着る服を指した語。最近では、「見た目の印象を最も良くするために着る気合の入った服装」や「とっておきの服」といった意味で、デートの時や晴れの舞台に立つ時などに着る服などを指すことが多い。

恋人と会う際に房事を期待して着用する下着は「勝負下着」「勝負パンツ」などと呼ばれる。

ミッキーシェイプ「Mickey's shape」ミッキーシェープ

ミッキーマウスの形(シルエット)を意味する語。円形が三つ連なった形をしており、ディズニーパーク内の施設や商品をはじめさまざまなところで用いられている。水の分子構造に似る。

ホットポット「hot pot」

(1)肉や野菜を深鍋で煮込んだ料理。鍋物、鍋仕立てなどと訳される場合もある。
(2)東京ディズニーランドで2012年12月に期間限定提供されるフードメニュー。「ホットポット(おでん)」と表記され、実態はおでん。

ショパホリック「shopaholic」ショッパホリック

「買い物中毒」「買い物依存症」などとも訳される、買い物・消費活動に精神的に依存する傾向や精神疾患を意味する語。自身の経済的状況に関わらず買い物がやめられない、物を買わずにいられないといった状態を特徴とする。

セクサホリック「sexaholic」

「セックス依存症」とも訳される、性交渉に精神的に依存する精神疾患やその症状を指す語。「holic」は依存症や中毒を意味する英語の接尾辞。

チョコホリック「chocoholic」

チョコレートまたは甘いものが大好きな人、異様なほど(病的なほど)チョコレートを好む人を意味する英語。チョコレート依存症などとも訳される。「holic」は依存症や中毒を意味する英語の接尾辞。

タイムラン「timed run」

(1)時間をあらかじめ区切り、その時間内に走行・走りこみを行うことなどを意味する表現。「timed」は時間によって制御された様子などを表す語。例えば、数十秒の全力走を数セット行うフィットネス手法などがある。
(2)タイムライン(timeline)の誤記。時間の流れを意味する語で、一般的に「時系列」などと訳されるが、最近ではSNSでユーザーのアクティビティを時系列順に参照できる機能を指す場合も多い。

ダイニングメッセージ

いまわの際に残したメッセージを意味する「ダイイングメッセージ」(dying message)と、食堂・食事場を意味する「ダイニング」(dining)とを混用した語。「ダイイング」(dying)は「die」の現在分詞形、 「ダイニング」(dining)は「dine」の現在分詞型である。冗談めかして「食堂に残された(ミステリアスな)メッセージ」という意味で敢えてダイニングメッセージと言っている場合もある。

2012年11月28日水曜日

普通自転車専用通行帯【ふつうじてんしゃせんようつうこうたい】

自転車などの軽車両以外の車は通行してはいけない通行帯のこと。

自転車一方通行帯【じてんしゃいっぽうつうこうたい】

自転車が一方方向に通行できる通行帯のこと。反対方向への通行は禁止される。自転車同士の対面通行による交通事故を減らすことを目的として設けられている。

運転免許証更新手数料【うんてんめんきょしょうこうしんてすうりょう】

運転免許証の更新の際に必要な手数料のこと。

運転経歴証明書【うんてんけいれきしょうめいしょ】

運転免許証を、何らかの理由により自主的に取り消した人に対して、運転免許センターが運転の経歴を証明する書類のこと。

巻き込み運転【まきこみうんてん】巻込み運転,巻込運転

交差点を左折する時に、左側に走行している車両の進路を妨害すること。あるいは、車両に損害を与えること。

暴走運転【ぼうそううんてん】

自動車やバイクなどで、ジグザグ運転や巻き込み運転をすること。

運転姿勢【うんてんしせい】

自動車などを運転する際の体の構え方のこと。運転する時の姿勢。

腹部突き上げ法【ふくぶつきあげほう】腹部突上げ法,腹部突上法

背後から腹部に両手を回し、手前上方に向けて圧迫するように突き上げること。気道に異物がつまった時の対処法の1つ。

気道異物除去【きどういぶつじょきょ】

気道につまった異物を取り除くこと。腹部突き上げ法や背部叩打法などがある。

応急救護措置【おうきゅうきゅうごそち】

心肺停止などの負傷者を救命するための措置を講じたり、負傷者の状態が悪化しないような措置を講じること。

若年運転者【じゃくねんうんてんしゃ】

自動車などの運転をする年齢の若い人のこと。一般的には、16歳から24歳くらいの人を指すことが多い。

高齢運転者【こうれいうんてんしゃ】

自動車などの運転をする高齢の人のこと。一般的には、70歳以上の人を指すことが多い。

安全運転5則【あんぜんうんてんごそく】安全運転五則

自動車などの車両を安全に運転するための5つの規則のこと。安全速度を守る、カーブの手前でスピードを落とす、交差点で安全を確認する、一時停止をして横断歩行者の安全を守る、飲酒運転をしない、の5項目。

プラグインハイブリッド自動車【プラグインハイブリッドじどうしゃ】

家庭用の電源からプラグを利用して充電できるハイブリッド自動車のこと。プラグインハイブリッドカーともいう。

定速走行・車間距離制御装置【ていそくそうこうしゃかんきょりせいぎょそうち】

自動車などの車両を、設定した速度に維持して走行したり、前方の車両の速度が遅い場合には、その車両の速度に合わせて適切な車間距離を維持して走行する装置のこと。

レーンキープアシスト

自動車などの車両に取り付けられたカメラで前方の車線を認識して、高速道路などの直線路において車線を維持するためにハンドル操作を補助したり、車線をはみ出しそうになった時に運転者に危険を知らせたりする装置のこと。

衝突被害軽減ブレーキ【しょうとつひがいけいげんブレーキ】

自動車などの車両に取り付けられたレーダーで、前方の車両や障害物との距離を検知して、衝突の恐れがある時には運転者に危険を知らせたり、自動的にブレーキをかけたりする装置のこと。プリクラッシュセーフティシステムともいう。

飲酒の検知拒否【いんしゅのけんちきょひ】

車両を運転している時に、警察官などから飲酒の検知を求められて拒否すること。

救護義務違反【きゅうごぎむいはん】

車両を運行中に人身事故を起こして、必要な措置を講じないで事故現場から逃走すること。交通違反の1つ。

高齢運転者等専用駐車区間【こうれいうんてんしゃとうせんようちゅうしゃくかん】

高齢者や障害者、妊婦などのために設けられた駐車施設のこと。

取消処分者講習【とりけししょぶんしゃこうしゅう】取り消し処分者講習,取消し処分者講習

運転免許の取消処分を受けた人が、欠格期間を経過した後に、免許の再取得をする時に受ける講習のこと。

停止処分者講習【ていししょぶんしゃこうしゅう】

運転免許の効力の停止処分を受けた人が受ける講習のこと。

違反運転者講習【いはんうんてんしゃこうしゅう】

自動車などの免許を受けている期間が継続して5年以上で、更新前5年間に軽微な違反が2回以上、もしくは、6点以上の違反をした人や重大な違反をした人が、免許証の更新時に受ける講習のこと。講習時間は120分程度であることが多い。

違反運転者【いはんうんてんしゃ】

道路交通法で定められた禁止事項を犯した運転者のこと。または、自動車などの免許を受けている期間が継続して5年以上で、更新前5年間に軽微な違反が2回以上、もしくは、6点以上の違反をした人や重大な違反をした人のこと。

初回更新者講習【しょかいこうしんしゃこうしゅう】

自動車などの免許を受けている期間が継続して5年未満で、更新前5年間に軽微な違反が1回以下の人が、免許証の更新時に受ける講習のこと。講習時間は120分程度であることが多い。

初回更新者【しょかいこうしんしゃ】

何らかの更新手続きを初めて行う人のこと。運転免許証の初回更新者の場合には、自動車などの免許を受けている期間が継続して5年未満で、更新前5年間に軽微な違反が1回以下の人のこと。

一般運転者講習【いっぱんうんてんしゃこうしゅう】

自動車などの免許を受けている期間が継続して5年以上で、更新前5年間に軽微な違反が1回のみの人が、免許証の更新時に受ける講習のこと。講習時間は60分程度であることが多い。

一般運転者【いっぱんうんてんしゃ】

自動車などの免許を受けている期間が継続して5年以上で、更新前5年間に軽微な違反が1回のみの人のこと。

優良運転者講習【ゆうりょううんてんしゃこうしゅう】

自動車などの免許を受けている期間が継続して5年以上で、更新前5年間に違反行為などをしたことがない人が、免許証の更新時に受ける講習のこと。講習時間は30分程度であることが多い。

優良運転者【ゆうりょううんてんしゃ】

運転が優良な人のこと。または、自動車などの免許を受けている期間が継続して5年以上で、更新前5年間に違反行為などをしたことがない人のこと。

放置違反金制度【ほうちいはんきんせいど】

放置違反駐車の車両に対して、違反金を科す制度のこと。

麻薬等運転【まやくとううんてん】

麻薬などの薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車などを運転すること。交通違反の1つ。

危険運転致傷【きけんうんてんちしょう】

アルコール、または、薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車などを運転して、人を傷害させること。交通違反の1つ。

運転傷害等【うんてんしょうがいとう】

自動車などを運転して、故意に人を負傷させたり、建造物を破壊させたりすること。交通違反の1つ。

危険運転致死【きけんうんてんちし】

アルコール、または、薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車などを運転して、人を死亡させること。交通違反の1つ。

運転殺人等【うんてんさつじんとう】

自動車などを運転して、人を死亡させたり、人を死亡させて故意に建造物を損壊させること。交通違反の1つ。

免許条件【めんきょじょうけん】

運転免許証に記載されている、運転者の条件のこと。「眼鏡着用」や「AT車に限る」といったものが挙げられる。

優先通行帯【ゆうせんつうこうたい】

路線バスなどが他の車両よりも優先して通行できる車線のこと。

横断禁止【おうだんきんし】

道路の片方から他方へ渡ることを禁止すること。

放置駐車【ほうちちゅうしゃ】

運転する人が車両から離れていてすぐに運転できない状態のこと。交通違反の1つ。

強硬手段【きょうこうしゅだん】

「強硬な手段」の意で、手加減や容赦をしない方法、目的達成のために手段を選ばないやり方といった意味で用いられる語。非常手段と呼ばれることもある。

叫弾

「糾弾」(きゅうだん)の誤記。「糾弾」は相手を責め立てること、咎め立てることを意味する表現。

協力を仰ぐ【きょうりょくをあおぐ】協力をあおぐ

助力を受けることを求めること、手助けしてもらえまいかと願い出ることなどを意味する表現。

花の都パリ【はなのみやこパリ】

フランスの首都パリの美称。「花の都」は、たいへん華やかで栄えている都市をたとえた表現。

虚偽性【きょぎせい】

事実でない、嘘や偽りである、といった「虚偽」の要素が強く関わる物事について用いられる表現。特に「虚偽性障害」という場合、嘘を並べ立てたり病気の演技をするなどして病気であると偽る精神疾患を指す。

ワイルドなメロン熊【ワイルドなメロンぐま】

北海道夕張市のマスコットキャラクター「メロン熊」のうち、より実物のヒグマに似た、獰猛そうな外観をしたメロン熊のこと。メロン熊には、リアルで怖いワイルドなメロン熊と、ポップな雰囲気にデフォルメされた「マイルドなメロン熊」がある。

マイルドなメロン熊【マイルドなメロンぐま】

北海道夕張市のマスコットキャラクター「メロン熊」のうち、比較的やさしそうな、かわいらしさのあるメロン熊のこと。メロン熊には、よりリアルにヒグマを模した「ワイルドなメロン熊」もいる。

メロン熊【めろんぐま】

2009年に登場した北海道夕張市のマスコットキャラクター。マスクメロンとヒグマが合体した奇抜なデザインが「キモかわいい」との評判を得ている。かわいらしさが基調の「マイルドなメロン熊」と、リアル熊の荒々しさが基調の「ワイルドなメロン熊」がある。

巨視【きょし】

主にマクロ(macro)の訳語として用いられる語。もっぱら「巨視的」の表現で用いられ、物事を広範囲に・全体的に捉える視点といった意味で用いられる。対義語としては「微視的」がある。なお、マクロは「大きい」「巨大な」といった意味を持つが、「巨視的」の訳語「macroscopic」はもともと「肉眼での」といった意味である。

急展開【きゅうてんかい】

状況が突然大きく進展すること、物語が急速に進行して大きな局面を迎えることなどを意味する表現。

義父母【ぎふぼ】

義父と義母の総称。配偶者の両親など、義理の親に当たる父母を指す語。

技巧的【ぎこうてき】

技術の巧みさに関するさま、または、技巧に優れている様子を示す語。技の巧みさという観点にとらわれ、本質を見失っているといった意味合いを含む場合がある。

強殺【ごうさつ】

強盗殺人あるいは強盗殺人事件の略。力ずくで他人の財物を奪い、その過程で人を死に至らしめた罪を指す。きわめて重い刑罰が科される。

続原発【ぞくげんぱつ】

原子力発電に依存するエネルギー政策をずっと継続している姿勢を指す表現。「脱原発」をもじった言い方。2012年11月28日に佐賀県佐賀市で遊説した野田佳彦内閣総理大臣が、自民党の「原発を必ずしも廃しない」方針を「続原発」と表現した。

ホッフェンハイム,Hoffenheim

ドイツの地名。ドイツ・ブンデスリーガに所属するフットボールクラブ「TSG 1899 Hoffenheim」の拠点として知られている。ドイツ南西部、バーデン・ヴュルテンベルク州ライン・ネッカー郡の都市ジンスハイム内の地区名。

じわじわ来る【じわじわくる】ジワジワ来る

ひと目見て吹き出してしまうような面白さや可笑しさがあるわけではないが、しばらく見ているうちにその珍妙さ・滑稽さに気づき、だんだんと笑いがこみ上げてくる、といった様子を意味する表現。インターネット上で用いられることが多い言い回し。

干物女【ひものおんな】

ハリや潤いのない干上がっている女という意味合いで用いられる表現。一般的に、恋愛を放棄している、極度の面倒くさがりであるといった要素が端的な特徴とされる。

男祭り【おとこまつり】

男性が主体となっている祭といった意味で用いられる語。男の祭典。2003年から毎年大晦日に開催されている総合格闘技「PRIDE」の大会、女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が男性客限定で開催するイベントなどに「男祭り」の呼び名が用いられている。

女祭り【おんなまつり】

女性が主体となる祭といった意味で用いられる語。特に、女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)による女性客限定イベントを指すことが多い。ももクロは男性限定のイベント「男祭り」も行っている。

2012年11月27日火曜日

本線車道出入方法違反【ほんせんしゃどうでいりほうほういはん】本線車道出入り方法違反

本線車道に入る時や、本線車道から出ようとする時に、他の車両の進行を妨害すること。交通違反の1つ。

公安委員会遵守事項違反【こうあんいいんかいじゅんしゅじこういはん】

公安委員会が定めた禁止事項や、都道府県の条例(道路交通法施行細則)により定められた禁止事項などを犯して車両を運転すること。交通違反の1つ。

泥はね運転【どろはねうんてん】

ぬかるみや水たまりを通行する際に、泥よけ器を装着しなかったり徐行しなかったりして、泥を発散させて歩行者や他の車両に迷惑を及ぼすこと。交通違反の1つ。

故障車両表示義務違反【こしょうしゃりょうひょうじぎむいはん】

道路を走行中に故障や事故などにより停止した場合に、停止表示器を設置しないこと。停止表示器には三角表示板(三角停止表示板)などがある。交通違反の1つ。

けん引自動車本線車道通行帯違反【けんいんじどうしゃほんせんしゃどうつうこうたいいはん】牽引自動車本線車道通行帯違反

牽引している車両が、車両通行帯のある道路において走行してはいけない通行帯を走行すること。高速自動車国道などの本線車道においては、一番左の通行帯を走行しなければならない。交通違反の1つ。

本線車道緊急車妨害【ほんせんしゃどうきんきゅうしゃぼうがい】

本線車道を通行している緊急車両の進行を妨害すること。緊急車両が本線車道に入ろうとしている時や、本線車道から出ようとしている時の進行を妨害すること。交通違反の1つ。

聴覚障害者標識表示義務違反【ちょうかくしょうがいしゃひょうしきひょうじぎむいはん】

聴覚障害者が、車両の適正な場所に聴覚障害者マークを表示しないで車両を運転すること。

初心運転者標識表示義務違反【しょしんうんてんしゃひょうしきひょうじぎむいはん】

初心運転者が、車両の適正な場所に若葉マークを表示しないで車両を運転すること。

大型自動二輪車等乗車方法違反【おおがたじどうにりんしゃとうじょうしゃほうほういはん】

大型自動二輪車を運転する際に、ヘルメットを装着しないなどして運転すること。交通違反の1つ。

乗車用ヘルメット着用義務違反【じょうしゃようヘルメットちゃくようぎむいはん】

二輪車など、ヘルメットの装着が義務付けられている車両を、ヘルメットを装着しないで運転すること。交通違反の1つ。

駐停車【ちゅうていしゃ】

車両を駐車、あるいは、停車すること。

座席ベルト装着義務違反【ざせきベルトそうちゃくぎむいはん】

シートベルトなどの安全具を装着しないで車両を走行すること。交通違反の1つ。

車両距離【しゃりょうきょり】

車両と車両との距離のこと。車間距離ともいう。

転落等防止措置義務違反【てんらくとうぼうしそちぎむいはん】

積載物が転落しないような措置をとらずに車両を運転すること。交通違反の1つ。

横断禁止【おうだんきんし】

道路などを片方から別の片方へ渡ることを禁止すること。横断を禁止すること。

定員外乗車【ていいんがいじょうしゃ】

車両に乗車できる定員を超えた状態で運転すること。交通違反の1つ。

横断歩行【おうだんほこう】

道路などを横断して歩くこと。

警音器吹鳴義務違反【けいおんきすいめいぎむいはん】

対向車や前方の車両などに対して、危険な状況であることを使えるためのクラクションや警告音を鳴らさないこと。交通違反の1つ。

無車検【むしゃけん】

車検を受けていないこと。自動車の定期車両検査を受けていない状態のこと。

不保持【ふほじ】

保ち続けていないこと。物を保持していないこと。

幼児用補助装置使用義務違反【ようじようほじょそうちしようぎむいはん】

チャイルドシートなどの補助装置を装着せずに、幼児を乗車させて車両を運転すること。交通違反の1つ。

徐行場所【じょこうばしょ】

車両が徐行しなければならない場所のこと。

初心運転者等保護義務違反【しょしんうんてんしゃとうほごぎむいはん】

初心運転者に対して、幅寄せや割り込み、車間距離をつめるなどの行為をすること。交通違反の1つ。

遮断踏切【しゃだんふみきり】遮断踏切り,遮断踏み切り

列車が通過するために遮断機で踏切りを閉鎖している状態のこと。

積載物大きさ制限超過【せきさいぶつおおきさせいげんちょうか】

車両に積載できる重量を超えた状態で運転すること。交通違反の1つ。

一時不停止【いちじふていし】

車両を運転する際に、一時停止場所で停止しないこと。

乗車積載方法違反【じょうしゃせきさいほうほういはん】

積載のために設備された場所以外に荷物を積載したり乗車したりして車両を運転すること。交通違反の1つ。

横断歩行者【おうだんほこうしゃ】

道路などを横断する歩行者のこと。

合図不履行【あいずふりこう】

ウィンカーなどで合図をしないで右左折すること。交通違反の1つ。

減光等義務違反【げんこうとうぎむいはん】

車両のライトをむやみに明るくして、対向車や前方の車両の走行を妨げること。交通違反の1つ。

交差点等進入禁止違反【こうさてんとうしんにゅうきんしいはん】

交差点で停止したことによって、他の車両の進行を妨げること。交通違反の1つ。

緊急車【きんきゅうしゃ】

救急用自動車(救急車)や消防用自動車(消防車)、血液運搬車、ガス会社の緊急作業車などの車両のこと。

緊急車妨害等【きんきゅうしゃぼうがいとう】

救急車や消防車などが緊急進行している時に、それらの進行を妨げること。交通違反の1つ。

交差点優先車妨害【こうさてんゆうせんしゃぼうがい】

交差点で、優先車の進行を妨げること。例えば、反対車線に直進車が進行している時に右折して直進車の進行を妨げることなどが挙げられる。交通違反の1つ。

指定通行区分違反【していつうこうくぶんいはん】

車両通行帯の道路において、区分に従わないで通行すること。直進の区分にもかかわらず右左折したり、右折の区分にもかかわらず直進したりすること。交通違反の1つ。

交差点右左折方法違反【こうさてんうさせつほうほういはん】

車両が右折する時に道路中央に寄らないこと。あるいは、車両が左折する時に道路左端に寄らないこと。交通違反の1つ。

割り込み等【わりこみとう】割込み等,割りこみ等

前方の車両が停止、あるいは、停止しようと徐行している時に、その車両の前方に割り込むこと。交通違反の1つ。

乗合自動車発進妨害【のりあいじどうしゃはっしんぼうがい】

停留所から発進する乗合自動車(バス)の進路を妨げること。交通違反の1つ。

追い付かれた車両の義務違反【おいつかれたしゃりょうのぎむいはん】追いつかれた車両の義務違反

追い越しをしようとする車両に、追い付かれた車両が追い越しの妨げになるようなことをすること。交通違反の1つ。

進路変更禁止違反【しんろへんこうきんしいはん】

進路変更が禁止されている通行帯で進路を変更すること。交通違反の1つ。

鬼の首【おにのくび】

鬼を討ち取って獲得した首級を意味する語。大変な功績・手柄の譬え。もっぱら「鬼の首を取ったよう」の言い回しで用いられる。「鬼の首を取ったよう」の言い回し自体は、些事をあたかも大事であるかのようにあげつらう様子を揶揄する表現。

軌道修正【きどうしゅうせい】

物事の進むべき方向のずれを正すこと、誤った方向に進みつつある状態を本来目指すべき方向へ進むように修正することなどを意味する表現。

気にせず【きにせず】

配慮や心配をしないで、気にかけずに、気をつかわずに、といった意味の表現。「気にする」に否定の助動詞「ぬ」の連用形「ず」を付けた形で、一般的には動詞や文が続く。

気がない【きがない】気が無い

興味を示さない、無関心であるといった意味の語。「その気がない」「勉強する気がない」などのように修飾されて用いられることが比較的多い。名詞を形容する場合は「気のない返事」などのように「気のない」の形が多く用いられる。

気のない【きのない】気の無い

興味を持っていない、関心を持たない様子を意味する表現。ふつう「気のない返事」「気のない人」などのように名詞に付く形で用いられる。述語として用いる場合は「気がない」(気が無い)という。

猫ちぐら【ねこちぐら】ネコちぐら

稲藁で編まれたネコ向けのねぐら。新潟県関川村では伝統工芸品として古くから作られており、近年再び注目を集めている。

関川村猫ちぐらの会ではウェブサイトから猫ちぐらの注文を受け付けているが、2012年11月現在、受注から商品配送まで1年ほど要する状況であるという。

関連サイト:
関川村猫ちぐらの会

気まずそう【きまずそう】

いかにも気まずいといった様子である、気兼ねして居心地の悪さを感じているものと思われる様子などを意味する表現。

マクロビオティック「macrobiotic」

食生活のスタイルの一種で、玄米食や菜食を中心とする健康的な食事によって健康や長寿を目指す方式のこと。マクロビなどと略されることもある。一般的には、医科学的根拠よりも思想的側面の強いスタイルであるとされる。

マクロビ

「マクロビオティック」の略。玄米・豆類・菜食などを中心とした食事によって健康や長寿を目指す生活スタイルを指す語。

気が乗らない【きがのらない】気がのらない

積極的にそれをする気分にならないさま、しようと思わないさまを意味する表現。「乗り気でない」、「気乗りしない」などともいう。

気が気ではない【きがきではない】

とても落ち着き払ってはいられない、落ち着かない、そわそわしてしょうがない、といった意味の表現。「気が気でない」と表現することが多い。また「気が気じゃない」などともいう。

既定路線【きていろせん】

既に決まっている方針や指針、どのように進めていくかが決定されている方向性などを意味する表現。

既存製品【きぞんせいひん】

一般的に、製品としてすでに存在しているもの、すでに市場に出回っている商品などの意味で用いられる表現。

基本的人権の尊重【きほんてきじんけんのそんちょう】

日本国憲法が掲げる3つの基本理念のひとつで、人が人として基本的に有する権利は侵害されることなく、尊重されるべきであるとする原則のこと。日本国憲法では基本的人権の尊重、国民主権、平和主義をもって三大原理とする。

Kミュージカル【ケーミュージカル】

韓国発のミュージカルを指す語。韓国ミュージカルともいう。「光化門恋歌」などの作品が知られる。

世界8強神話【せかいはちきょうしんわ】世界八強神話

韓国紙ウェブサイト・中央日報日本語版が2012年11月27日付の記事で使用した、「世界の貿易大国・上位8ヵ国」を言い表した語。同記事では、2012年の韓国の輸出入総額で韓国は上位第8位内に入る見込みがあるといい、「世界8位貿易大国になった」としている。

関連サイト:
韓国の貿易規模、初めて「世界8強神話」 - 中央日報 2012年11月27日

幾筋【いくすじ】いく筋

数量が特定されない複数の細長い線を意味する語。「幾筋か」という場合は比較的少数の線を、「幾筋も」という場合は比較的多数の線を表現していることが多い。

顔をゆがめる【かおをゆがめる】顔を歪める

通常はしないようないびつな表情をするさま。肉体的苦痛などによって顔をしかめたり絶叫したりする様子を指すことが多い。

地上階【ちじょうかい】

建物のうち地上にある階を総称する語。地下(地階)との対比で用いられる。なお、階の天井高の3分の1以上が地表よりも下にある階は地階とされる。

ボンディングマシン「bonding machine」

接着加工(ボンディング)を行う機械のこと。焼付けや圧着などさまざまな方式がある。「bond」は接着、付着などを意味する英語。

1F【いちエフ】

(1)建物の地上1階を指す語。「1st Floor」を意味する。英国式の数え方ではいわゆる2階を指し、地面を床とする階は「ground floor」と呼ぶ。
(2)東京電力福島第一原子力発電所の略称。日本語では「フクイチ」と呼ぶことも多い。

ワキ汗【わきあせ】わき汗,脇汗

わきの下にかく汗のこと。腋窩には発達した汗腺があり、汗をかきやすい。体臭も発しやすい。

ダイヤモンド婚

結婚して75周年(または60周年)を祝福する式のこと。年数においては、70年など、他にも説がある。

タイミングジェネレータ「timing generator」


電子部品が機能するために必要な周波数を発生させる機械のこと。一定の周期で信号を出力する機能などをもつ。

大満足【だいまんぞく】

ある事柄や状況におおいに満ち足りていること。その環境に充足していること。ある結果におおいに納得すること。

耐磨耗性【たいまもうせい】

摩擦に対して、材料の摩耗と材料が劣化し破損する度合い。評価判断として、材料が破損するまでの摩擦の回数、またある程度摩擦した後に材料が示す質量や強度、摩擦された表面の具合などがある。

タイプイン「type in」

キーボードを用いて文字を入力すること。

ダイナミックプライシング


電力の料金を変動させることで、消費者の電力消費に影響を与えること。変動方法は、ピーク時間の電力料金を上げ、そうでない時間の料金を下げることで、これにより企業・消費者に電力利用の変化を促すことができる。

ダイナミカルシステム「dynamical system」

(1)身の回りの環境や現象の変化を制御するためのプロセス。
(2)機械等の動きにおける因果関係を示すために用いられるシステムのこと。「動的システム」とも言う。

タイトルスポンサー

試合や文化行事等において金銭面等を支援する企業や組織のこと。タイトルに名前を出す権利のある支援団体。タイトルスポンサーになると企業の名前を独占的にアピールすることが可能であると言われる。

ダイセット

プレス加工を行う際につかう器具の一種。金型設計や自動車小型プレス部品を製造する際に使用する部品のこと。ダイなどを保持し、工作機械と作業対象のものを、平行または垂直になるように位置を定める際に使われる。