2012年7月31日火曜日

騒然となる【そうぜんとなる】

落ち着きがなく 騒がしい様子になること、場が穏やかでない様子になることを意味する表現。「場内が騒然となる」などのように言うことが多い。

ロンドン五輪【ロンドンごりん】

ロンドンで開催されたオリンピック競技大会の通称。年数を伴って「2012年ロンドン五輪」のように表現する場合が多い。2012年の大会を含めて4度開催されている。

日本人選手団【にほんじんせんしゅだん】

日本人の選手の一団。スポーツの国際大会などにおける日本代表選手の一団を指すことが多い。

日本選手団【にほんせんしゅだん】

スポーツの国際大会などにおける日本代表の選手の一団を指す語。日本人選手団とも言う。

特撮モノ【とくさつモノ】特撮もの,特撮物

主に映像作品の分野を指す語で、特撮技術が駆使された作品のこと。

ウルトラQ【ウルトラキュー】

円谷プロダクションが制作した特撮モノのテレビドラマ。1966年に開始した。

ウルトラC【ウルトラシー】

体操競技において非常に難易度の高い技を指す語。超高難度の技。東京オリンピックでの報道が初出とされる。「C」は当時の体操種目における技の難度ABCのうち最高の難度を意味した。和製英語。

体操競技【たいそうきょうぎ】

体操を披露し、技の難易度や美しさなどを競う種目の総称。徒手の競技と器械を使用する競技がある。床運動、鞍馬、吊り輪、跳馬、平行棒、鉄棒、および、跳馬、段違い平行棒、平均台、といった種目がある。床運動は男女共通の種目であり、続く5種は男子の種目、後3種は女子の種目である。

ハーフマラソン

長距離走のうち、通常のマラソン競走(フルマラソン)の半分の距離である21.0975キロメートルを走って競う種目のこと。

マラソン競走【マラソンきょうそう】

古代ギリシアの故事に則り、約40キロメートルの長距離を走る競技。現在は総距離42.195キロと決められている。単にマラソンとも言う。また、半分の距離を走るハーフマラソンとの対比でフルマラソンと呼ばれる場合もある。

道路競走【どうろきょうそう】

道路を使用して行われる陸上競技の種目の総称。ロードレース(road race)とも言う。マラソンや競歩などの種目が該当する。

ハードル競走【ハードルきょうそう】

陸上競技のうち、途中に設置されたハードルを飛び越えながら走って速さを競う競技のこと。障害走とも言う。

障害走【しょうがいそう】

陸上競技の種目のうち、障害物を飛び越えながら走ってその速さを競う競技。ハードル競技、ハードル競走などとも言う。距離が異なる100メートルハードル、110メートルハードル、400メートルハードルなどの種目がある。

400メートルハードル【よんひゃくメートルハードル】400mハードル,400mH

陸上競技のうち400メートルの距離を走る障害走。ハードルは10台設置される。

110メートルハードル【ひゃくじゅうメートルハードル】110mハードル,110mH

陸上競技で、110メートルの区間を10台のハードルを飛び越えながら走る競技。主に男子の種目である。女子の場合は100メートルハードルが行われる。

100メートルハードル【ひゃくメートルハードル】100mハードル,100mH

陸上競技で、10台のハードルが設置された100メートルの距離を走る競技。主に女子の種目として行われ、男子は110メートルハードルが行われる。

ロングジャンプ「long jump」

陸上競技の幅跳び、走幅跳の英語名。ブロードジャンプとも言う。

ブロードジャンプ「broad jump」

幅跳び、走幅跳の英語名。ロングジャンプとも言う。

高障害【こうしょうがい】

陸上競技のハードル競走で使用される障害のうち高さのあるもののこと。低障害との対比で用いられる語。主に110メートルハードルなどで使用される。

男子10種【だんしじっしゅ】男子十種

陸上競技における混成競技で、男子選手が10種目の競技を2日にわたって行い、その総合得点を競う。10種競技とも言う。通常、男子の競技である。10の種目は、100メートル競走、走幅跳、砲丸投、走高跳、400メートル競走、110メートルハードル、円盤投、棒高跳、やり投、1500メートル競走。

三段跳【さんだんとび】三段跳び


陸上競技の跳躍競技の一種で、踏み切り板からの3歩の跳躍の距離を競う。跳躍はそれぞれ、ホップ・ステップ・ジャンプと呼ばれる。なお、種目名は陸上競技の競技名としては送り仮名を振らない表記が正しい。

走幅跳【はしりはばとび】走り幅跳び

陸上競技の跳躍競技の一種目で、助走をつけて跳躍し、着地点までの距離を競う種目。送り仮名を振らない表記が陸上競技の競技名としては正しい。

棒高跳【ぼうたかとび】棒高跳び

陸上競技で、棒(ポール)を利用して跳躍し、バーを飛び越える競技。跳躍競技の一種目で、走り高跳と同様高さを競う。なお、送り仮名を振らない表記が陸上競技の競技名としては正しい。

走高跳【はしりたかとび】走り高跳び

陸上競技で、助走をつけてバーを飛び越える競技。跳躍競技の一種目。送り仮名を振らない表記が陸上競技の競技名としては正しい。

落ち着きがない【おちつきがない】

性格などがせかせかしていて穏やかでないさま、静かでない様子などを指す表現。

生ハム【なまハム】

燻煙した後、加熱処理をしないハムの総称。あるいは、燻煙せずに塩漬けしたのみのハムを指す場合もある。

非難轟々【ひなんごうごう】非難轟轟,非難ごうごう

大勢の人が激しく非難することを指す表現。大ブーイングといった意味合いの語。

マンネリ化【マンネリか】

画一的な形式に則ることで目新しさや独自性を失う、または本来の意義が薄れることなどを意味する表現。マンネリに陥るなどとも言う。

なっていない

よくない、悪い、駄目である、とても一人前とは言えない、などのような意味合いで用いられる表現。「マナーがなっていない」といった表現で用いられる。

マナーがなっていない,マナーがなってない

作法に則っていない、無作法だ、マナーが悪い、などの意味で用いられる表現。

不躾ですが【ぶしつけですが】

礼儀に欠け、作法のなっていないことをあらかじめ詫びる意味合いで述べる表現。相手に予告なく頼みごとをしたり唐突に連絡したりする際などに用いる場合が多い。

現代の黒船【げんだいのくろふね】

外国から伝わってきた物事のうち、特に国内に大きな影響をもたらすもの、既成概念を覆す物事などを例えて言う表現。幕末に浦賀沖に来航し、開国のきっかけをもたらした米国海軍の艦隊に由来する語。

黒船【くろふね】

欧米から来た艦船の通称。特に幕末に浦賀沖に来航したペリー率いる米国の艦隊を指すことが多い。海外から来て国内に大きな影響をもたらす物事を例えて言う場合も多い。

頭蓋骨骨折【とうがいこつこっせつ・ずがいこつこっせつ】

頭蓋骨が陥没や粉砕などの破壊・損傷を受けることを指す語。

パト

パトカー、パトロールカーの略称。警察などにおける、出動や巡回に使用される車両を指す語。

五輪のメダル【ごりんのメダル】

主に、オリンピック競技大会で入賞し手に入れた金メダル・銀メダル・銅メダルのいずれかのメダルを指す語。オリンピックでメダルを獲得したことを示す際に多く用いられる表現。

場が騒然となる【ばがそうぜんとなる】

何らかの情報を得て、その場がどよめき、騒がしくなるさまを指す表現。どよめきが起こるさま、場の雰囲気に動揺が伝わるさま。

2012年7月30日月曜日

短距離走【たんきょりそう】

陸上競技の競走種目のうち、比較的短い距離を競走する種目を総称したもの。通常は400メートル以下の距離を指す。距離800メートル以上は中距離走、5000メートル以上は長距離走と呼ばれる。

中距離走【ちゅうきょりそう】

陸上競技の競走種目のうち、長距離・短距離の中間程度の距離を走る種目を総称したもの。一般的には800メートル走から3000メートル走の範囲を指す。800メートル未満は短距離走、3000メートルより長い場合は長距離走に分類される。その他にハードルなどがある。

長距離走【ちょうきょりそう】

陸上競技の競走種目のうち、長距離を走る種目を総称したもの。5000メートル以上の種目を指すことが多い。競走種目の分類には、長距離走の他に短距離走、中距離走、ハードルなどがある。

跳躍競技【ちょうやくきょうぎ】

陸上競技のうち、主に跳躍力を競う種目の総称。跳躍の高さを競う種目には走高跳や棒高跳があり、跳躍距離を競う種目には走幅跳や三段跳などがある。

投擲競技【とうてききょうぎ】投てき競技

陸上競技のうち、物をより遠くに投げてその距離を競う種目を指す語。砲丸投、円盤投、やり投、およびハンマー投を総称したもの。

円盤投【えんばんなげ】円盤投げ

陸上競技における投擲の競技で、円盤をいかに遠くに投げるかを競うもの。

ヘプタスロン「Heptathlon」

7つの競技種目を実施してその総合成績を競う形式の競技のこと。「7種競技」と訳される。

混成競技【こんせいきょうぎ】

陸上競技における複数の種目をそれぞれ行い、その総合得点で競う形式の競技のこと。10種競技や7種競技などがある。10種競技は主に男子の種目で、7種競技は主に女子の種目として行われる。

女子7種【じょしななしゅ】女子七種

陸上競技における女子の7種競技。7種競技は一般的に女子の種目となっている。100メートルハードル、走高跳、砲丸投、200メートル走、走幅跳、やり投、800メートル走の全7種目を2日にわたって行い総合点を競う。

ターボジャブ

陸上競技の一種であり中学生以下の競技者向けのやり投と言える「ジャベリックスロー」において用いられる、やりに似た道具。大型のダーツのような形状をしている。

ジャベリックスロー

陸上競技のうち、やり投を中学生以下の競技者向けにしたもののこと。槍の代わりに、柔らかい大型のダーツのような道具を投げる。

やり投【やりなげ】やり投げ,槍投げ

陸上競技における投擲競技のうち、槍をいかに遠くに投げるかを競う種目のこと。陸上競技としての正式な表記は「やり投」である。

10傑【じっけつ・じゅっけつ】十傑

10人の傑物、その分野で特に優れた10人を総称した語。トップテンなどとも言う。

ハンマー投【ハンマーなげ】ハンマー投げ

陸上競技においてハンマーをいかに遠くに投げるかを競う種目。投擲の一種。陸上競技の種目名としては、送り仮名を用いずに「ハンマー投」とする表記が正式。

流れに棹さす【ながれにさおさす】流れに竿さす

棹(竿)を使用して船を推進させ、流れに乗せることを意味する表現。物事が順調に進む様子、軌道に乗る様子を表現する言い回し。ただし、原義とは逆に「順調な進行を妨げる」といった意味で認識されている場合が多いとされ、誤用の典型例の一つとされている。

スローモー

「スローモーション」の略。動作がのろいこと、反応が鈍いことなどを意味する表現。

スロー再生【スローさいせい】

撮影した映像をスローモーションで再生することを指す語。スポーツのビデオ判定をはじめ様々な場面で用いられる。

旗判定

柔道をはじめとする格闘技の試合で、その試合で優勢だったと審判員が判定した選手を旗で示すこと。旗を用いた判定。

不仲説【ふなかせつ】

表向きは親密・友好的であるかのように見える人間関係が、実は険悪なのではないか、仲が悪いのではないかという噂のこと。実は不仲であるという疑惑。

ご長寿【ごちょうじゅ】御長寿

長く生きている人、長寿の人を指す表現。一般的には、長生きしていることを祝福する意味合いを込めた丁寧な言い方。

iiyama【イーヤマ】

マウスコンピューターが事業展開する液晶ディスプレイ製品のブランド。マウスコンピュータが吸収合併したイーヤマの名を引き継ぎ、ブランド名としたもの。

ASIMO【アシモ】

ホンダが開発している二足歩行ロボット。2012年時点で、二足歩行だけでなく走る、走ったままカーブを曲がる、片足けんけんなどを行うことができる。

隙あり【すきあり】スキあり,スキ有り

動作の中につけこむ余地が見られるさま、攻撃を突くべき隙間のあるさま、などの意味で用いられる表現。

ミストファン

微細な霧を噴射しつつ風を当てる装置、気化熱作用を利用して高効率の冷却効果が得られるとされる。

緊急車両【きんきゅうしゃりょう】

災害救助などの救急時に使用される車両の通称。一般的には道路交通法により緊急走行が許可されている車両を指す。

渡米【とべい】

米国に行くこと。ある程度の期間、米国に滞在することを指す場合が多い。

訪米【ほうべい】

米国に赴くこと。外交などに関して言うことが多い。

オーマイガッ「Oh my god」

英語で驚嘆や嘆き、悲しみなどを述べる表現。英語圏ではインターネットスラングとして「OMG」という表記も用いられる。

OMG

英語圏におけるインターネットスラングで「oh my god」を略した表現。「なんてこった」のような驚きや嘆きの意味で用いられる。

訪露【ほうろ】

ロシアを訪問すること。主に外交政策としての高官のロシア訪問を指して言う語。

Na漏れ,Naもれ

「ナトリウム漏れ」を略記した表現。主に原子力施設で冷却材に使用するナトリウムが配管から漏れ出ることを指す語。

元を取る【もとをとる】

それまでに費やした金銭を回収すること、元金を取り返すことなどを意味する表現。

結果が出る【けっかがでる】

物事の結果が明らかになること。特に良い成績を残すことを指す場合が多い。

3連覇【さんれんぱ】三連覇

競技大会などにおいて出場した3度の大会で連続して優勝することを意味する表現。立て続け3回、大会を制覇すること、3回連覇すること。

2連覇【にれんぱ】二連覇

競技大会などに参加して2回連続して優勝すること、2度立て続けに大会を制覇すること、などの意味の表現。

連覇【れんぱ】

複数の競技大会に出場して立て続けに優勝することを指す表現。連続して制覇すること。回数に応じて2連覇、3連覇などと言う。

カミングアウト

自分が秘密にしていたことを暴露すること、公にすることを指す表現。

度し難い【どしがたい】度しがたい

どうしようもない、救いようがない、といった意味合いの表現。「度する」は済度の略で、救済することを意味する語。

逆サバ【ぎゃくさば】逆鯖

実際の数よりも小さく言う、またはより不利と思われるように数をごまかして言うことを指す表現。逆方向にサバを読むこと。

サバ読み【サバよみ】鯖読み

サバを読むこと。数量などをごまかして良く言うことを指す表現。特に女性が年齢やスリーサイズをごまかすことを指す場合が多い。

性事情【せいじじょう】

性に関する事柄、性の営みの実態などを指す語。裏話として言及される事柄を指すことが多い。

気取り屋【きどりや】

他人の目を気にして上品・華麗に見えるように振舞う人、気取っている人を指す表現。

ゴールドメダリスト

オリンピックなどの競技大会において金メダルを獲得した人を指す語。金メダリストとも言う。最も優秀な成績をおさめた選手に授与される。

銅メダリスト【どうメダリスト】

銅メダルの獲得者を指す語。第三位の成績をおさめた人。スポーツの競技大会、特にオリンピック競技大会などにおいて言うことが多い。

銀メダリスト【ぎんメダリスト】

銀メダルの獲得者を指す語。第二位の成績をおさめた人。スポーツの競技大会、特にオリンピック競技大会などにおいて言うことが多い。

金メダリスト【きんメダリスト】

競技大会などにおいて金メダルを獲得した者を指す語。最上位についた人。特にオリンピック競技大会の優勝者を指すことが多い。

メダリスト「medalist」

オリンピックなどの競技大会でメダルを獲得した人を指す語。

セカンドプル

重量挙げ競技におけるバーベルの引き上げ動作で、肘を返してバーベルを胸元まで持ち上げる動作を指す語。

クリーン&ジャーク「clean and jerk」クリーンアンドジャーク

重量挙げ種目の一種。地面に置いたバーベルを肩の高さまで持ち上げ、肩から頭上へ腕が伸びきる位置までバーベルを押し上げるという2段階でバーベルを持ち上げる競技。「ジャーク」と略される。

ジャーク「jerk」

重量挙げ種目の一種である「クリーン&ジャーク」の略称。地面に置いたバーベルを肩の高さまで持ち上げる「クリーン」、および肩から頭上へ腕が伸びきる位置までバーベルを押し上げる「ジャーク」の2段階の動作を行う。

2012年7月29日日曜日

白星スタートを切る【しろぼしスタートをきる】

トーナメント戦などで初戦を勝利することを意味する語。

ユナイテッドキングダム「United Kingdom」

連合王国という意味の英語で、イギリスまたは英国と通称される国家を指す語。UKとも略記される。正式な国名は日本語では「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」と表記される。

黒星発進【くろぼしはっしん】

競技において初戦で敗北して次の試合に挑むこと、最初の試合で負けることを指す表現。

白星発進【しろぼしはっしん】

競技において初戦を勝利すること、初戦を勝って幸先の良いスタートを切ること、などの意味の表現。

夏季オリンピック【かきオリンピック】

オリンピック競技大会のうち夏場に行われる大会のこと。陸上競技、水泳などの種目が競われる。夏季オリンピックの2年後に冬季オリンピックが開催されている。

ライトアップ

照明装置で照らして演出することを指す語。

エース選手【エースせんしゅ】

チームの中で主戦力となる選手、もっとも優れた技量を持った選手を指す語。

カウントダウン

数を大きい値から小さい値へと、1または0に向かって読んでいくこと。残り数を数える場合に用いられる。

トップバッター

先頭打者を意味する英語で、主に野球などで最初に打席に立つ選手を指す語。転じて、他の運動競技などでも最初に登場する人を指す語として用いられる。

跳馬【ちょうば】

体操競技のうち、馬跳び用の器具を使用して行われる体操種目のこと、および、同種目で用いられる器具の名称。

あん馬【あんば】鞍馬

体操競技の種目で用いられる、取っ手の2つついた馬の背のような形の台のこと、および、その台を使用して行われる競技のこと。

床運動【ゆかうんどう】ゆか運動

体操競技の種目のうち12メートル四方の床の上で技を披露する種目。単に「ゆか」と言う場合もある。

炭マ【たんマ】

炭酸マグネシウムの略。重量挙げや鉄棒などの競技種目における滑り止めを指して言う語。

難度【なんど】

どれほど難しいかという度合いのこと。体操競技などでは技の難度に応じて加点が行われる難度加点方式で採点が行われる。

難度加点【なんどかてん】

体操競技などにおいて、行った技の難易度に応じて加点する方式を指す語。成功させることが難しい技ほど、成功させた際に高い得点が加えられる。

鉄棒【てつぼう】

鉄製の棒のこと。主に体操競技で使用する器具をさす語。

平行棒種目【へいこうぼうしゅもく】

体操競技の種目の一種、高さの異なる2本の棒を使用して行う体操の種目のこと。単に平行棒とも言う。

平行棒【へいこうぼう】

体操競技の一種で用いられる、高さの異なる2本の棒、およびその器具を使用して行う体操の種目のこと。

つり輪種目【つりわしゅもく】

体操競技のうち、吊り輪と呼ばれる器具を使用して行われる種目を指す語。

つり輪【つりわ】吊り輪

体操競技の一種で吊るした2つの輪を手掛かりにぶら下がって演技を行う種目のこと、およびその競技で用いられる輪のこと。

連続テロ【れんぞくテロ】

短期間に連続して行われるテロ行為を指す語。

選手村【せんしゅむら】

主にオリンピック競技大会、競技に出場する選手のために用意された宿泊施設を指す語。

2012年7月28日土曜日

遺伝子組み換え蚊【いでんしくみかえか】遺伝子組み換えカ,遺伝子組換え蚊

遺伝子組み換え技術によって性質の変更が加えられた蚊のこと。自然環境では繁殖できないようにすることで蚊が媒介する伝染病被害をなくそうとする取り組みなどが研究されている。

テンションが上がる【テンションがあがる】

緊張感や気合い、やってやるという意気込みが増す様子などを意味する表現。英語のテンション(tension)は不安や緊張といった意味で、カタカナ語は原義とは意味合いが多少異なる。

自己ベスト記録【じこベストきろく】

スポーツなどで自分が過去に出した記録のうち最も優れた記録のこと。自己ベスト。

自己ベスト【じこベスト】

主にスポーツ競技において、自分が過去に出した記録の中でもっとも優れた記録を指す語。自己ベスト記録とも言う。

ばた足【ばたあし】ばた脚,バタ足

足をバタつかせること。一般的には水泳で足を上下に蹴るようにして推進力を得る足使いを指す語。

メドレーリレー

陸上競技や水泳などにおいて、複数の種目をつなぎ合わせてリレー形式で行う競技のこと。特に水泳で背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、自由形(クロール)の順に泳法を変える競技形式を指すことが多い。

金メダルラッシュ【きんメダルラッシュ】

主にオリンピック競技大会において、同じ国の代表選手が各競技で次々と金メダルを獲得する様子を指す表現。金メダル獲得が集中して起こること。

最高の気持ち【さいこうのきもち】

気分や感情が最もよい状態にあるさまや、これまで経験したことのない素晴らしい心情を感じているさまなどを指していう表現。

屋内競技【おくないきょうぎ】

建物の中で行われるスポーツ競技の総称。室内競技とも言う。

室内競技【しつないきょうぎ】

建物の中で行われるスポーツ競技の総称。柔道や水泳など。室内での実施が実質的に困難な馬術やスキーなどの競技は屋外競技に分類される。

選手強化【せんしゅきょうか】

スポーツ選手の競技における能力、競争力を高めること、選手を強化することを意味する表現。

味の素トレセン【あじのもとトレセン】

「味の素ナショナルトレーニングセンター」の略称。東京都北区西が丘地区に設置された、トップ選手用のトレーニング施設。

オリンピズム「Olympism」

「オリンピックの精神」という意味で提唱されている言葉。オリンピック憲章においてまとめられた理念や哲学の総称で、努力することの喜び、心技体の調和、フェアプレーの精神などに関して言及されている。

カンペ

カンニングペーパーの略。主にテレビ撮影で出演者に無音の指示を出す際に用いる用紙を指す語。試験で解答を参照する際に用いる不正なメモ用紙を指す場合もある。

スケブ

スケッチブックの略。いわゆるコミケ用語として用いられることが多い言い方。

世界平和【せかいへいわ】

世界中で戦争や飢饉などの危難がなく、みな穏やかであるさま、世界中が平和である様子などを意味する表現。

協賛企業【きょうさんきぎょう】

組織や催し事などに対して、その趣旨や方針に賛同し援助を行う企業を指す語。多くの場合は資金や必要物資などを提供する立場をとる。スポンサー企業とも呼ばれる。

協賛【きょうさん】

趣旨や方針に賛同して協力または支援することを指す語。催し事などで出資する企業などを指して言うことが多い。

重要人物【じゅうようじんぶつ】

組織や社会にとって大きな役割や影響力をもった人物を指す語。重要な人物。キーマン、キーパーソンなどと表現することもある。

撫で回す【なでまわす】なで回す,撫でまわす

やたらと撫でる、手のひらで触りまくる様子を指す表現。撫でるを強調した言い方。

その発想はなかった【そのはっそうはなかった】

思いもよらない斬新な考え方に接したということを表明する言い方。電子掲示板などでも多く用いられる言い回し。

万年ヒラ【まんねんヒラ】

万年平社員の略で、いつまでたっても昇進せずに平社員の立場であり続ける人を指す語。

万年ヒラ社員【まんねんヒラしゃいん】万年平社員

いつまでたっても昇進せずに平社員であり続ける社員を指す語。いつまで経ってもヒラの人。

関連株【かんれんかぶ】

証券取引市場においてやりとりされる株式のうち、特定の物事に関連する業種の企業の株を指す語。特定の物事の注目度合いによって価値が増減するもの。

親近感【しんきんかん】

いつも接しているかのような雰囲気があり心を許せるといった印象や雰囲気を指す表現。親しみを抱くことができる感じ。

初見殺し【しょけんごろし】

テレビゲームなどで敵が繰り出す攻撃のうち、初めて体験したときに必ず攻撃を食らってしまう攻撃。予備知識を持たずに目にした場合に回避や防御のしようがない攻撃などを指す語。

2012年7月27日金曜日

カース・マルツゥ,カース・マルツ

イタリアのチーズの一種で、生きた蛆を入れて消化させ独特の風味や食感を出したもの。衛生面の危険性から、市場への流通は禁じられている。

2012年7月26日木曜日

お食事券【おしょくじけん】御食事券

飲食店などで飲食代として使用できる金券のこと。

訪朝【ほうちょう】

一般的には北朝鮮を訪問することを指す語。

訪韓【ほうかん】

一般的には韓国を訪れることを指す語。要人が韓国に招かれるなどの様子を指す語。

間髪を入れず【かんはつをいれず】間髪をいれず

髪の入る間隙もないほど、間を空けずに。「間髪を容れず」とも書く。本来「間、髪を入れず」という意味であり、「間髪」という名称の何かがあるわけではない。そのため、本来は音便(または連濁)が生じて「ぱ」の音に変化することもない。

諦め顔【あきらめがお】あきらめ顔

物事を諦めたような表情や雰囲気などを意味する語。

ピンボケ,ピンぼけ

焦点が合っていないさま、ピントがずれてボケている様子などを意味する表現。本来は写真についていう語であり、転じて話題がチグハグな場合などについても言うことがある。

死んで詫びる【しんでわびる】

相手に謝罪の意を表明し、また自らの過ちを償うための手段として、死ぬこと。

つまみ食い【つまみぐい】摘まみ食い

食べ物をつまんで食べること。少しだけ食べてみること、自分に差し出されたわけではない物をこっそり食べることなどを意味する表現。

カタカナ英語【カタカナえいご】片仮名英語

片仮名で表記した英語。teaに対する「ティー」、baseballに対する「ベースボール」など。音写したものであるが必ずしも同じ発音を再現できるわけではない。

ノムリッシュ

「ファイナルファンタジー」シリーズに携わったことなどで知られるゲームクリエーター、野村哲也の作品世界に見られるデザインの様式、ならびにそれっぽい語彙の用い方などを指す語。

ドヤ感【ドヤかん】どや感

ドヤ顔に通じる態度が雰囲気から感じられるさま。得意になっている様子が感じられる、自己主張がくどい、などの意味合いで用いられる表現。

トーク番組【トークばんぐみ】

テレビ番組で、出演者らの会話を主体とするタイプの番組。テーマを特に定めていないものを特にフリートーク番組などと言う。

フリートーク

特に話題を設けず、場の流れに任せて話をすること。テレビ番組や番組内のコーナーにおける分類などとして用いられる語。

クドい,くどい

しつこくて嫌味な感じがする、どぎつい感じがするなど、わずらわしくて遠ざけておきたい様子を意味する表現。

自家製パン【じかせいパン】

自宅で焼いて作ったパンのこと。最近ではホームベーカリーと呼ばれる機器が普及し手軽に作れるようになっている。

ルー語【ルーご】

主に、タレントのルー大柴が顕著に使用する怪しいカタカナ語を多く交えた文章を指す語。例として、テレビCMのキャッチフレーズに使用された「トゥギャザーしようぜ」など。

なるほどわからん

2ちゃんねるなどで用いられる言い回しで、相手の発言に納得しかけたそぶりを見せつつ理解不能であることを表明する言いまわし。詳しい説明を経て「それでもわからん」と言う場合などに用いられる。

日本語でおk【にほんごでおけ】

インターネットスラングの一種で、「日本語で話せばよい」「日本語で話したまえ」という意味の言い回し。主に電子掲示板などで意味不明の言説やカタカナ語を多用している人に対して揶揄する意味合いで用いる語。

固定電話【こていでんわ】

持ち運ぶことを想定していない通話用端末の総称。据え置きの電話。主に携帯電話などとの対比で用いられる表現。

日式料理【にっしきりょうり】

日本式の料理という意味で用いられる中国語。日本料理、日本から入ってきた料理。

フードコート「food court」

複数の飲食店が集合し、座席を共用しているセルフサービス形式の飲食スペースを指す語。主に大規模商業施設などに設置されている。

ぜい肉【ぜいにく】贅肉

余分な脂肪を指して言う語。

謝罪文【しゃざいぶん】

過ちを犯したことを詫びるために作成されたり読み上げられたりする文章のこと。謝罪のための文章。

追走劇【ついそうげき】

逃走する者とそれを追う者との間で繰り広げられるやり取りを意味する語。自動車における追走劇はカーチェイスなどとも呼ばれる。

激辛【げきから】激カラ

非常に辛いさま、大変な辛さを意味する表現。食べ物の味の他に、批評がきわめて辛辣であるさまなどについても言う。

激あま【げきあま】激アマ

非常に甘い、とても甘い、といった意味の語。「甘い」を強めて表現した言い方。味だけでなく態度などについて言うことも多い。

2012年7月25日水曜日

虫が騒ぐ【むしがさわぐ】

欲求が掻き立てられて落ち着かなくなる、気がはやって居ても立ってもいられなくなる、といった意味の表現。

沖縄県警【おきなわけんけい】

沖縄県警察の略。那覇市に本部を置き、沖縄県を管轄する警察組織のこと。

鹿児島県警【かごしまけんけい】

鹿児島県警察の略。鹿児島市に本部を置き、鹿児島県を管轄する警察組織のこと。

宮崎県警【みやざきけんけい】

宮崎県警察の略。宮崎市に本部を置き、宮崎県を管轄する警察組織のこと。

大分県警【おおいたけんけい】

大分県警察の略。大分市に本部を置き、大分県を管轄する警察組織のこと。

熊本県警【くまもとけんけい】

熊本県警察の略。熊本市に本部を置き、熊本県を管轄する警察組織のこと。

長崎県警【ながさきけんけい】

長崎県警察の略。長崎市に本部を置き、長崎県を管轄する警察組織のこと。

佐賀県警【さがけんけい】

佐賀県警察の略。佐賀市に本部を置き、佐賀県を管轄する警察組織のこと。

福岡県警【ふくおかけんけい】

福岡県警察の略。福岡市に本部を置き、福岡県を管轄する警察組織のこと。

高知県警【こうちけんけい】

高知県警察の略。高知市に本部を置き、高知県を管轄する警察組織のこと。

愛媛県警【えひめけんけい】

愛媛県警察の略。松山市に本部を置き、愛媛県を管轄する警察組織のこと。

香川県警【かがわけんけい】

香川県警察の略。高松市に本部を置き、香川県を管轄する警察組織のこと。

徳島県警【とくしまけんけい】

徳島県警察の略。徳島市に本部を置き、徳島県を管轄する警察組織のこと。

山口県警【やまぐちけんけい】

山口県警察の略。山口市に本部を置き、山口県を管轄する警察組織のこと。

広島県警【ひろしまけんけい】

広島県警察の略。広島市に本部を置き、広島県を管轄する警察組織のこと。

岡山県警【おかやまけんけい】

岡山県警察の略。岡山市に本部を置き、岡山県を管轄する警察組織のこと。

島根県警【しまねけんけい】

島根県警察の略。松江市に本部を置き、島根県を管轄する警察組織のこと。

鳥取県警【とっとりけんけい】

鳥取県警察の略。鳥取市に本部を置き、鳥取県を管轄する警察組織のこと。

和歌山県警【わかやまけんけい】

和歌山県警察の略。和歌山市に本部を置き、和歌山県を管轄する警察組織のこと。

奈良県警【ならけんけい】

奈良県警察の略。奈良市に本部を置き、奈良県内を管轄する警察組織のこと。

兵庫県警【ひょうごけんけい】

兵庫県警察の略。神戸市に本部を置き、兵庫県内を管轄する警察組織のこと。

大阪府警【おおさかふけい】

大阪府警察の略。大阪市に本部を置き、大阪府を管轄区域とする警察組織のこと。

京都府警【きょうとふけい】

京都府警察の略。京都市に本部を置き、京都府を管轄区域とする警察組織のこと。

三重県警【みえけんけい】

三重県警察の略。津市に本部を置き、三重県内を管轄する警察組織のこと。

愛知県警【あいちけんけい】

愛知県警察の略。名古屋市に本部を置き、愛知県内を管轄する警察組織のこと。

岐阜県警【ぎふけんけい】

岐阜県警察の略。岐阜市に本部を置き、岐阜県内を管轄する警察組織のこと。

福井県警【ふくいけんけい】

福井県警察の略。福井市に本部を置き、福井県内を管轄する警察組織のこと。

石川県警【いしかわけんけい】

石川県警察の略。金沢市に本部を置き、石川県内を管轄する警察組織のこと。

富山県警【とやまけんけい】

富山県警察の略。富山市に本部を置き、富山県内を管轄する警察組織のこと。

静岡県警【しずおかけんけい】

静岡県警察の略。静岡市に本部を置き、静岡県を管轄する警察組織のこと。

長野県警【ながのけんけい】

長野県警察の略。長野市に本部を置き、長野県を管轄する警察組織のこと。

山梨県警【やまなしけんけい】

山梨県警察の略。甲府市に本拠を置き、山梨県を管轄する警察組織のこと。

新潟県警【にいがたけんけい】

新潟県警察の略。新潟市に本部を置き、新潟県を管轄する警察組織のこと。

神奈川県警【かながわけんけい】

神奈川県警察の略。横浜市に本部を置き、神奈川県を管轄する警察組織のこと。

千葉県警【ちばけんけい】

千葉県警察の略。千葉市に本部を置き、千葉県を管轄する警察組織のこと。

埼玉県警【さいたまけんけい】

埼玉県警察の略。さいたま市に本部を置き、埼玉県を管轄地域とする警察組織のこと。

群馬県警【ぐんまけんけい】

群馬県警察の略。前橋市に本部を置き、群馬県を管轄地域とする警察組織のこと。

栃木県警【とちぎけんけい】

栃木県警察の略。宇都宮市に本部を置き、栃木県を管轄地域とする警察組織のこと。

茨城県警【いばらきけんけい】

茨城県警察の略。水戸市に本部を置き、茨城県を管轄地域とする警察組織のこと。

福島県警【ふくしまけんけい】

福島県警察の略。福島市内に本部を置き、福島県を管轄区域とする警察組織のこと。

山形県警【やまがたけんけい】

山形県警察の略。山形市に本部を置き、山形県内を管轄区域とする警察組織。

秋田県警【あきたけんけい】

秋田県警察の略。秋田市に本部を置き、秋田県を管轄区域とする警察組織。

宮城県警【みやぎけんけい】

宮城県警察の略。仙台市に本部を持ち、宮城県を管轄区域とする警察組織。

岩手県警【いわてけんけい】

岩手県警察の略。盛岡市に本庁舎を構え、岩手県を管轄する。

青森県警【あおもりけんけい】

青森県警察の略。青森市に本庁舎を置き、青森県を管轄する。

道警【どうけい】

北海道警察の略。札幌に本庁舎がある。

北海道警【ほっかいどうけい】

北海道警察の略称。道警と略する場合もある。札幌に本拠を構え、北海道を管轄する。

TSUTAYA図書館【ツタヤとしょかん】ツタヤ図書館

CDやDVDのレンタルショップ「TSUTAYA」を運営している民間事業者カルチュア・コンビニエンス・クラブが運営する図書館の通称。佐賀県武雄市の市営図書館は2013年度から2017年度にかけて業務委託によりTSUTAYA図書館として運営される。

レアアース泥【レアアースでい・レアアースどろ】

レアアースを含む泥という意味で用いられる語。レアアース資源泥とも言う。

家庭崩壊【かていほうかい】

家庭が何らかの事情で一般的な平和な家族関係を保てず、不和や離散、暴力などが発生しているさまを表す語。

げふんげふん,ゲフンゲフン

咳き込む音を表現した語。「ごほごほ」「げほげほ」と同様で、より大仰な感じで用いられる。表立って言うと具合の悪いことを言う場合などに用いられる。

そう言えば【そういえば】

相手の発言などを受けて関連する話題を提示する場合、連想された話を持ち出す場合などに用いられる表現。脈絡なく話を切り替える時などにも使われる言い回し。

そう言や【そういや】

「そう言えば」が変化した表現。「そう言えば」は、相手の発言などを受けて話題を提示する場合などに用いられる表現。

ぎりぎりアウト,ギリギリアウト

きわどい判定であるが失格、失敗であるさま、ぎりぎりだけどアウト、などの意味の表現。

滋賀県警【しがけんけい】

滋賀県を管轄する警察。大津市に本部を構える。

危険信号【きけんしんごう】

危険であるという警告を示すための装置や合図などを指す語。良くない物事が生じる兆候といった意味で用いられることも多い。

メル画【メルが】

メールの文面を模した文章をイラストなどの画像の上に重ねたもの。主にマンガやアニメなどのキャラクターを用いた二次創作として作られる。

激痛を味わう【げきつうをあじわう】

大変な痛みを経験する、とても痛い思いをする、 といった意味の言い回し。この場合「味わう」は存分に体験するといった意味合いの表現。

ぶっちゃけた話【ぶっちゃけたはなし】

本音や事実を秘匿せず、一切合切さらけ出した話、何も隠し立てせずに話す内容、などの意味の表現。「本当のところを言えば」といった意味で用いられることが多い。

パチンカス

パチンコに熱中する人をあざけって言う表現。インターネットスラングの一種。「パチンコに手を出すようなカス」といった意味合いで用いられる。

2012年7月24日火曜日

カメラ女子【カメラじょし】

カメラで写真を撮影することを趣味とする女性を指す語。カメコなどとも言う。

パソコンスクール

パソコンの使い方を手ほどきする場、およびその運営組織などを指す語。パソコン教室やITスクールなどとも言う。

4ドアセダン【フォードアセダン・よんドアセダン】

座席に乗り込めるドアが4つ付いており、ボンネットとリアデッキを持つ3ボックスタイプの乗用車の総称。ドアが4つあるセダン。

ピンストライプ「pinstripe」

とても細い線による縞模様を指す語。細縞とも言う。

送迎バス【そうげいバス】

一度に複数名を送り迎えするために使用されるバスを指す表現。送迎用のバス。保育園や旅館のような施設が運行していることが多い。

原価割れ【げんかわれ】

販売価格や卸売価格が商品の製造に要した費用を下回ること、原価よりも安い価格で売ること、などの意味の表現。

残尿感【ざんにょうかん】

排尿後に、まだ出きっていない小便が残っているなあ、という感じがすること。尿道などに尿がまだある感じ。排尿を済ませた後に漏れ出る場合が多い。

2012年7月23日月曜日

車両ジャック【しゃりょうジャック】

(1)鉄道車両を借り切ること。
(2)鉄道車両を占拠すること。
(3)鉄道車両内の広告掲載枠の全てに同じ製品や作品の広告を掲載すること。

新聞広告ジャック【しんぶんこうこくジャック】

新聞のその日の広告掲載欄をすべて、単一の商品や作品の広告にすることを指す語。広告メニューの一つ。

山手線広告ジャック【やまのてせんこうこくジャック】

山手線の車両内の広告をすべて、単一の商品や作品の広告にすることを指す語。外装も変更される場合がある。車両内をそれ一色にすることで統一感と強い印象を与える。

渋谷ジャック【しぶやジャック】

渋谷区内の人通りの多い場所を一時的に占拠して行われるパフォーマンスを指す語。駅前や大通り沿いに仮設ステージを設けてライブを行ったり、看板という看板を同じ看板一色にしたりといった物事を指す。

ずんのやす

お笑いコンビ「ずん」のメンバー、やすの通称。ずんでは飯尾和樹とコンビを組んでいる。

鬼嫁【おによめ】オニ嫁,鬼ヨメ

非常におそろしい嫁、鬼のような嫁といった意味の語。ふつう夫の立場にある者が用いる表現。

海上ルート飛行【かいじょうルートひこう】

航空機が陸地の上空でなく海洋の上空を飛ぶことを指す語。

幼児プレイ【ようじプレイ】

性的行為の一種で、相手を幼児として扱い、あやしたり、食事や排泄の世話をしたりすること。おむつプレイや授乳プレイ、粗相による仕置きプレイなどが含まれる場合が多い。

授乳プレイ【じゅにゅうプレイ】

幼児プレイの一種で、乳児への授乳を模して乳首を吸わせる行為、および赤子を演じて乳首を吸う行為をさす語。

馬鹿も休み休み言え【ばかもやすみやすみいえ】バカも休み休み言え

くだらないことを言うな、ふざけたことを言うのをやめろ、いい加減に馬鹿なことを言うのを止せ、といった意味で用いられる表現。

上野のシンシン【うえののシンシン】

2011年2月に来日し、上野動物園で飼育されているメスのジャイアントパンダの通称。中国語表記は「真真」。2012年7月に出産している。

火星人【かせいじん】

火星に生息していると考えられた架空の生物。直立するタコのような姿がステレオタイプなイメージとして定着している。

ちんちろ毛【ちんちろげ】チンチロ毛

俗に、陰毛の異称として用いられる表現。「ちん毛」が転じたものか。

ちぢれっ毛【ちぢれっけ】縮れっ毛

縮毛を指す語。「ちぢれ毛」に促声を加えた言い方で、ちぢれ毛よりは軽妙で滑稽な意味合いが強い。陰毛を婉曲的に言う語としても用いられる。

恥毛【ちもう】

恥部の毛という意味で用いられる語。陰毛とも言う。

恋活【こいかつ】

恋人を作るための活動や取り組みを指す語。就活、婚活、などになぞらえた表現。

海獣被害【かいじゅうひがい】

海獣と総称されるトドやオットセイなどの生き物による被害を指す語。主に漁具を破壊したり、網にかかった魚を食い荒らしたりといった被害を指す。

天井裏【てんじょううら】

天井の裏側、すなわち屋根と天井の間の空間を指す語。一般的には薄暗く狭いイメージが抱かれる。

まんじりともせず

少しも眠らないさま、一睡もしないでいるさまなどを指す表現。「まんじり」は少し眠ることを指す語。不安や焦りなどから、ろくに眠れずに過ごす、といった意味で用いられる場合が多い。

いじめを苦に【いじめをくに】イジメを苦に

いじめを受けていることを苦痛として悩み苦しむ様子を意味する表現。自殺の動機などとして用いられることが多い言い回し。

裏設定【うらせってい】ウラ設定

作品における設定のうち、表立って言及されたり、公式に紹介されたりすることのない性質の設定を指す語。

災害大国【さいがいたいこく】

災害の多い国、非常に多くの災害があることを特徴とする国、といった意味の表現。地震を主に想定して日本を指して用いることが多い。

睡眠不足【すいみんぶそく】

十分な睡眠が取れていないさま、眠りが足りていないさま。「寝不足」よりは健康、医療関連の文脈で用いられることが多い表現。

混雑期【こんざつき】

人の出入りが多くて混雑する時期といった意味の語。混む時期。行楽地や観光地などについて用いる場合が多い。

富士登山【ふじとざん】

富士山に登ること。富士山への登山。

ギャルみこし

大阪の天神祭で巡行の一つとして行われている、女性による神輿担ぎ。1981年に開始された。

目玉人事【めだまじんじ】

人事異動の一連の取り組みのうち、特に強調されるべき人事。大抜擢や異例の登用などと形容される人事を指す場合が多い。とりわけ組閣に際しての国務大臣の任命について用いられる。

夢の泥【ゆめのどろ】

南鳥島付近で発見された太平洋レアアース巨大鉱床を指して用いられることのある表現。海底に堆積した泥から高濃度のレアアースが発見されたことを背景とする。

大鉱床【だいこうしょう】

鉱物の原料が埋まっている鉱床のうち特に規模の大きなもの。大規模な鉱床。

首位タイ【しゅいタイ】

競技において複数の選手が首位に位置しており、その中で自分も首位に位置しているさまを指す表現。首位ではあるが、単独首位ではない状態。ゴルフなどで用いられることが多い表現。「タイ」(tie)は引き分けや同点といった意味の英語。

2位タイ【にいタイ】二位タイ

競技において、複数の選手が2位に位置している中で自分も2位に位置しているさま、他の選手と同じく2位である様子、などを意味する表現。

3位タイ【さんいタイ】三位タイ

競技において、複数の選手が3位に位置している中で自分も3位に位置している様子を意味する表現。他の選手と同じく3位であるさま。

タイ

(1)タイ王国の通称。東南アジアに位置するASEAN加盟国。首都はバンコク。
(2)楽譜において連続する同じ高さの音をつなげて演奏することを示す記号。
(3)同点や引き分けといった意味の語。競技において、ほかの選手と同じ得点や順位であることを示す表現。