スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月 19, 2011の投稿を表示しています

どっちか

「どちらか」を変化させた表現。やや雑な言い方。意味は「どちらか」と同じく、二つまたは複数ある中から一方のみ選ぶことなどを意味する表現。

ビミョー

「微妙」をカタカナ表記したもの。若者言葉で、良いとも悪いともいえないどっちつかずの様子、なんともいい難い様子などを意味する表現。

マターリ

「まったり」を変化させた語。主にインターネットスラングとして用いられる標記。ゆっくりした心持ちでのんびりするさまなどを意味する表現。なお、もともと「まったり」は味覚について言う語である。

キモい,きもい

「気持ちが悪い」を略した若者言葉。異様で不快な感じがするさま、見苦しいさまなどを指す語。「きしょい」も同様の意味で用いられる。

きしょい

「気色が悪い」を略した若者言葉。同様の意味で「キモい」があり、こちらは「気持ちが悪い」を略したもの。

ハモり,はもり

よく協和した音を奏でること。ハーモニーを生み出すこと。動詞の終止形は「ハモる」。

室伏【むろふし】

日本人の姓の一つ。室伏姓の有名人としては、ハンマー投げ選手の室伏重信、室伏アレクサンダー広治の親子などがいる。

手に掛かって【てにかかって】

一般的に、人に危害を加えられる、または殺害される、という意味で用いられる表現。「手に掛かって死ぬ」の言い回しで用いられる。「手に掛ける」と言う場合は自ら人を殺す場合を指す。

っ付き言葉,っ付きことば

形容詞の語尾を言わずに、語幹に促音「っ」をつけた形で表現する若者言葉。正式には「形容詞の語幹を使った言い方」と呼ばれる。具体的には、「早っ」「でかっ」など。

きもい

「気持ちが悪い」を略した語。若者言葉の一種。さらに音便で「きめえ」などと言う場合もある。

危険地帯【きけんちたい】

中にいることは危険であると見なされる場所。危険であるとして隣接する土地から区切られた一帯。「安全地帯」に対する語として用いられる場合がある。

アッー

悲鳴や苦鳴を表す感動詞。「アーッ」の誤植と推測される。発音できない面白さや、元ネタのいかがわしさなどから、インターネットスラングとして広まった。同性愛をはじめ、文脈上独特の意味合いを表現する際に用いられる。

オリキャラ

「オリジナルキャラクター」の略。主に、二次創作が多い同人の漫画・イラストにおいて、既存のキャラクターの二次創作ではなく独自に創作したキャラクターであるという意味で用いる表現。

アンテナケーブル

アンテナと出力装置を接続するケーブルを指す語。アンテナで得られた信号を機器に伝送するために用いられる。

朝まずめ【あさまずめ】

早朝の薄明かりの中で釣りをすることを指す語。朝夕は魚が活発になりよく釣れるといわれる。夕方に行う釣りを「夕まずめ」という。

スヌープ

英語で「うろうろする」「詮索する」といった意味の語。snoopと書く。

イニジャル

「イニシャル」の誤記。「イニシャル」はローマ字で表記した姓名の頭文字を並べる表記方法のこと。

うへっ

いやなものを見た際に思わず漏らす声、などに用いられる表現。「うわ」と言い換えてもニュアンスが同じ場合が多い。

座れる【すわれる】

座ることができるさま。席が空いた、座る場所がある、座ってもよいと許可が下りた、などの意味で用いられる。

はっきり言って【はっきりいって】

(1)感想や評価などを遠慮せずに述べることを示す表現。「はっきり言って駄作だと思います」などのように言う。
(2)相手に遠慮せず意見を言うよう促す際の表現。「したいのかしたくないのか、はっきり言って頂戴」などのように言う。

帰れる【かえれる】

帰ることが可能であること。勤務などの時間的拘束から解かれた、または、帰宅する交通手段がある、などの意味で用いられることが多い。「企画書がまとまった、これでやっと帰れる」などのように言う。

揃っている【そろっている】

(1)物事がある秩序にのっとり整然と並べられているさま。
(2)あって然るべきものや、あると望ましいものが、欠けることなく全て用意されているさま。

ねばりつよい

ふつうは「ねばりづよい」(粘りづよい)と表記し、根気や忍耐力がありなかなか諦めないさまなどを意味する表現。

守備的【しゅびてき】

守りに関する事柄。攻撃よりも守備に重きが置かれているさま。特に試合において守りを主体としている様子などを意味する表現。

座右の名

「座右の銘」の誤記。「座右の銘」は常に自分の心にとどめておく言葉、格言などを指す表現。