スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月 15, 2011の投稿を表示しています

悪事千里【あくじせんり】

「悪事千里を走る」の略。四字熟語として扱われる場合がある。人の悪い噂、悪い評判はすぐに広範囲に知れ渡るものだ、といった意味の故事成語。

日別【ひべつ・にちべつ】

一定期間にわたって計測し得られた数値などの情報を、一日ずつ切り分けること。日を単位として区別すること。月別、週別などと並んで用いられることが多い。

はかりしえない

「計り得ない」(はかりえない)と「計り知れない」(はかりしれない)を混同した表現か。「計り得ない」も「計り知れない」も共に、推測できないほど程度が甚だしい、想像を絶する、といった意味合いの表現。

英独仏【えいどくふつ】

イギリス、ドイツ、フランスの3ヵ国を指す語。ヨーロッパにおける主要先進国であり、それぞれの言語が世界で多くの話者を持つ。

独仏【どくふつ】

(1)ドイツとフランスの2国を指す語。ヨーロッパにおける経済大国として共に言及されることが多い。
(2)ドイツ語とフランス語。

日馬

(1)日本とマレーシア(馬来西亜)を指す語。「にちま」と読む。
(2)姓の一つ。「くさま」と読む場合が多い。

日比

(1)日本とフィリピン(比律賓)を指す語。「にっぴ」と読む。
(2)姓の一つ。「ひび」と読む。

日支【にっし】

日本と支那を指す語。「日支事変」などの語で用いられる。現在は主に「日中」の表記が用いられる。

印パ【いんパ】

インド(印度)とパキスタンを指す語。両国は宗教的対立などによりしばしば紛争が勃発している。

日豪【にちごう】

日本とオーストラリアの2国を指す語。「豪」はオーストラリアを漢字で示した「豪太剌利亜」の頭文字。漢字では「濠太剌利亜」と表記することもある。

日墨【にちぼく】

日本とメキシコ。主に日本とメキシコの二国間における事業を形容する表現。「墨」はメキシコを漢字で表す「墨西哥」に由来する表現。

日本の米【にほんのこめ】日本のコメ

(1)日本国内における稲作。農産業としての米および米づくり。「日本の米農家の将来」、などのように言う。
(2)日本で育てられている主なコメの品種としてのジャポニカ米を指す語。インディカ米などの品種と対比して用いられる。「日本の米はうまい」などのように言う。

媒体名【ばいたいめい】

一般的に、情報媒体の名称といった意味で用いられる表現。特に広告業界において、広告を掲載する媒体という意味で用いられることが多い語。

最終判決【さいしゅうはんけつ】

裁判において下される最終的な判決。民事訴訟における「終局判決」を指す場合や、控訴・上告を経て最高裁判所で下された判決を指す場合、あるいは単になんらかの最終判断を比喩的に言う場合などがある。

ショップ店員

店の従業員。主に接客担当を指すことが多い。「ショップ」は店舗を意味する表現で、単に「店員」と言っても意味は同じ。ただし「ショップ」の語に「当世風の店」といった意味合いが込められている場合はある。

もし仮に【もしかりに】

仮定を述べる際に用いる表現。「もし」も「仮に」も単体で仮定を示す語であり、重複しているが、会話などで意味を漏らさず伝えるために敢えて重ねて言う場合がある。

できないか

やりたい、実現したい、という希望を前提に可能・不可能を問いかける表現。それをしたいのだが、無理であろうか、と質問または自問する場合などに用いる。