2011年12月12日月曜日

後腐れがない【あとくされがない】あと腐れがない

物事の終った後に面倒なこと、煩雑なことが残らないさま。すっきり終れる、その場限りの関係で済む、といった意味合いで用いられる表現。

ご査収の程【ごさしゅうのほど】御査収の程

調べた上で受け取ること、またはその次第。「ご査収の程、よろしくお願い致します」などの形で用いられる。

ご教示の程【ごきょうじのほど】

教えてもらうこと、相手に教示・指導してもらうこと。「ご教示の程よろしくお願い致します」などの形で用いる。

うってつけの人【うってつけのひと】

条件や要望にぴったり合致する人。まさにこの人と思われる人選。

ご検討ください【ごけんとうください】ご検討下さい

問題事や、問題事に関連して提案されている案件などについて、内容を吟味するように依頼する表現。よく調べて、判断してもらうことをへりくだって言う表現。

新規発行【しんきはっこう】

主に、証書や証券などを作成し、通用させること。「再発行」に対して用いられる語。

ほら話【ほらばなし】法螺話,ホラ話

誇張されたでたらめ話。大げさな嘘。単に法螺とも言う。「法螺を吹く」の形で用いられる。

かろうじる

副詞「かろうじて」(辛うじて)を動詞と見なして原形を求めた表現か。「辛うじて」は「辛くする」が転じた表現とされる。

かわい子ちゃん【かわいこちゃん】カワイコちゃん

可愛らしい子、可憐な女の子を指す表現。ややお調子者の使う語彙といったニュアンスがある。

ふざけて

冗談のつもりで行うさま、本気ではなく戯れに行う様子などを意味する表現。「ふざけて寄り掛かったところ支えを失って大惨事に」などのように用いる。

バテ

「バテる」の語幹か。「バテる」はくたくた、へとへとになるさまを意味する表現で、「果てる」が変化した表現と解釈できる。

何処からともなく【どこからともなく】何処からとも無く

出所・由来が不明であるさま。どこからやってきたかよく分らないさま。「何処からともなく出現した」などのように言う。

専ブラ【せんブラ】

一般的に「専用ブラウザ」の略語として用いられる表現。特に、電子掲示板「2ちゃんねる」を閲覧するために特化した「2ちゃんねる専用ブラウザ」を指す場合が多い。

ここ迄【ここまで】此処まで,此処迄

現在の時点や地点と、それ以前の出来事や、それ以前に通過した地域・道程などを指す表現。今までの事。あるいは、「もはやここまで」のように言う場合は、これより先には展望がないさまなどを指す。

我武者羅に【がむしゃらに】我武者らに

一つの目的に向かって夢中で取り組むさま、打算によらずとにかく前身しようとするさま、などを意味する表現。「我武者羅」の「羅」は当て字とされる。

我武者羅【がむしゃら】我武者ら

一つの目的に向かって夢中で取り組むさま。後先を考える前に目的へと突き進もうとするさま。「我武者」(がむしゃ)に「ら」が付いた語で、「我武者羅」の「羅」は当て字とされる。「我武者」も「我武者羅」も意味は同じ。

オープン参加【オープンさんか】

主に駅伝において、途中棄権者が出るなどした際に後の選手が公式な記録には加えられない形で参加が認められる制度。また、その制度において、選手が正式な大会記録と認められない状態で競技に参加すること。

迂闊に【うかつに】

十分に注意せず、不用意に行うさま。動作を形容する。「うかつに手出しできない」などのように用いられる。

退廃的な【たいはいてきな】

風紀や風潮が衰微し、既成の美徳や道徳を否定する不健全・不道徳なあり方を求める傾向。デカダンな様子。

処し方【しょしかた】処しかた

「身の処し方」の表現で、状況に応じてどのように対処・対応するか、という出方を意味する表現。「身の処し方」は「身を処する方法」の意味。

秋の四角形【あきのしかくけい】秋の4角形

秋の夜空に見える、ペガスス座のマルカブ、シェアト、アルゲニブ、およびアンドロメダ座のアルフェラッツの4つの星から成る四角。「ペガススの四辺形」とも呼ばれる。

秋の大三角【あきのだいさんかく】

吉野万理子の小説。2005年刊、同年の第1回新潮エンターテインメント新人賞受賞作。なお、星座には「春の大三角」「夏の大三角」「冬の大三角」はあるが、秋にはなく、代わりに「秋の大四辺形」(秋の四角形)がある。

余剰金【よじょうきん】

余った金。余剰分の金額。

弱っち,よわっち

「弱っちい」から「い」を除いた部分。「弱っちい」は、「弱っち」が語幹であるというよりは、「弱々しい」が変化した表現と解釈できる。

弱っちい【よわっちい】

弱々しくて頼りないさまを意味する表現。「っちい」は「弱々しい」の「しい」が変化したものと解釈できる。

五爵【ごしゃく】

爵位のうち公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵の5つを指す語。

四大河文明【よんたいがぶんめい】

大河のほとりに起こった古代文明であるエジプト文明・メソポタミア文明・インダス文明、および黄河文明を指す語。

茶道四家【さどうよんけ】

茶道の家元の表千家・裏千家・武者小路千家・藪内家を指す語。

四大ラテン教父【よんだいラテンきょうふ】4大ラテン教父

主にラテン語で著述を行った神学者(教父)のうち、アンブロジウス・ヒエロニムス・アウグスティヌス・グレゴリウス1世を指す語。

四大ギリシア教父【よんだいギリシアきょうふ】

ギリシア語で著述を行った神学者(教父)のうちアタナシオス・バシレイオス(カイサリアのバシレイオス)・グレゴリオス(ナジアンゾスのグレゴリオス)・クリュソストモス(ヨハネス・クリュソストモス)を指す語。

四大工業地帯【よんだいこうぎょうちたい】4大工業地帯

一般的に、日本の主要な工業地帯のうち、京浜工業地帯・中京工業地帯・阪神工業地帯・北九州工業地帯を指す語。

囲碁四哲【いごよんてつ】囲碁4哲

本因坊元丈・安井知得・幻庵因碩・本因坊秀和の4タイトルを指す語。

三管領【さんかんりょう】3管領

一般的に、室町幕府における管領のうち細川氏・畠山氏・斯波氏を指す語。

三大預言書【さんだいよげんしょ】3大預言書

旧約聖書における預言書のイザヤ書・エレミヤ書・エゼキエル書を指す語。

三姑【さんこ】3姑

「封神演義」に登場する雲霄・瓊霄・碧霄の3姉妹を指す語。

三冠王【さんかんおう】3冠王

野球において首位打者・打点王・本塁打王の三冠を獲得した選手のこと。

三聖【さんせい】3聖

一般的に、世界史上の聖人、釈迦・孔子・キリストを指す語。

三大悲劇詩人【さんだいひげきしじん】3大悲劇詩人

一般的に、古代ギリシアの悲劇詩人、アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスを指す語。