スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月 1, 2011の投稿を表示しています

いじらわしい

「いじらしい」の誤記。「いじらしい」は、弱い者が健気にしているさまに感心するさまなどを意味する表現。

季節の【きせつの】

その季節に合わせているさま。季節の特徴や旬を活かしているさま、あるいは、その季節をしみじみと感じさせるさまなどを意味する表現。「季節の魚」と言った場合は旬の魚を指す。

あれよ

「あれよあれよ」で、物事の成り行きを見ているさまなどを意味する表現。「あれよあれよという間に」という場合、事の次第を見て心配などしながら、まだ何もしないうちに、といった意味を表す。

吃哮

「咆哮」の誤りか。「咆哮」は、獣が猛々しく吠えることなどを指す表現。

やっばい

「やばい」を強めた言い方。とても危険だ、あるいは、大変魅力を感じる、といった意味合いで用いられる表現。

お嬢様の目は節穴でございますか

小説『謎解きはディナーのあとで』で主人公・影山が用いる決めゼリフ。自分が仕えている麗子の推理に対して「失礼ながらお嬢様…お嬢様の目は節穴でございますか?」などと言い、事件の謎解きをする、という流れが定番となっている。テレビドラマ化され、決めゼリフが流行語のようになった。

こだまでしょうか

金子みすゞの詩の一篇。公共広告機構のCMで用いられ、2011年に東日本大震災が発生した直後のテレビで多く放送されたことで、流行語のようになった。

年の差婚【としのさこん】歳の差婚

年齢が大きく隔たった男女による婚姻。20歳差や30歳差といった、ほとんど世代の異なるカップルの結婚を指す。2011年にはタレントの加藤茶が45歳下の女性と結婚し話題となった。

美ジョガー【びジョガー】

ジョギングをする容姿端麗な女性。美人ジョガー。ファッショナブルなトレーニングウェアをはじめ、おしゃれと健康・ダイエットを両立するスタイルとして広まり、2011年には流行語のようになった。

ぽぽぽぽーん,ぽぽぽぽ~ん,ポポポポ~ン

公共広告機構が制作したテレビコマーシャル「あいさつの魔法。」の中で登場する台詞。2011年3月に東日本大震災が発生した直後にテレビで幾度も放映された。同年の「ネット流行語大賞」では最高位の「金賞」に選ばれている。

一定のメド【いっていのメド】一定のめど,一定の目処

作業の進行状況などについて、目標達成の見通しがつくといった意味で用いられる表現。具体的な時期・内容が明確でない、または明確にしない場合について用いられる。特に、2011年半ばに菅直人・第94代内閣総理大臣の退陣時期が問われた際、「震災復興に一定のメドが付いた段階で」のように用いられたのをきっかけとして、半ば流行語のようになった。

後は流れで【あとは流れで】

初動のみ打ち合わせて決めた上で、その後の展開は現場の様子や動向次第で判断するように、と言った意味合いで用いる表現。2011年初頭に社会的問題となった、いわゆる「大相撲八百長メール問題」で報道された、「立ち合いは強くあたってあとは流れでお願いします」 のフレーズは、流行語にもなった。

なう

英語「now」の平仮名表記。特にリアルタイムな短文投稿サービス「ツイッター」などにおいて、現在していることについて投稿する際に用いる表現として、用いられるようになっている。

ショクダイオオコンニャク

スマトラ大蒟蒻(スマトラオオコンニャク)の別名。世界最大の花を咲かせる植物として知られている。スマトラ島の原産。開花時には虫などを惹きつけるためと推測される腐ったような臭いを発する。

スケベ,すけべ

好色・色好みであるさま。または、そうした人。好色漢。意味合いを強めて「どスケベ」などと言うこともある。

受けする【うけする】

もっぱら人を指す名詞に付き、その人からの良い評価・評判を得るさまなどを意味する表現。「万人受けする」などのような形で用いられる。「受け」はこの場合、評価や人気といった点で受け止められること。