スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月 30, 2011の投稿を表示しています

タメ語【タメご】ため語

常体のなんでもない口調で話すさま。本来は尊敬語や丁寧語を用いるなどして、敬意を表したり気を配ったりするべきところを、何の気遣いもないぞんないな話し方をするさま。

社会の窓【しゃかいのまど】

俗に、ズボンの前側についているファスナーを指す表現。ファスナーを閉め忘れ、口が開いた状態になっていることを「社会の窓が開いている」のように言う。

どうともない

「何ともない」と同様に、特に問題ない、大丈夫だ、などの意味で用いられる表現。どうってことない、とも言う。

給湯式【きゅうとうしき】

主に風呂の湯を温める方式を指す語で、加熱装置で湯を沸かしてから浴槽に注ぐ方式。湯船に貯めた水を湯沸かし器で熱する方式は「湯沸し式」という。

湯沸し式【ゆわかししき】

主に風呂の湯を温める方式を指す語で、湯船に貯めた水を湯沸かし器で熱する方式のこと。対して、温水器であらかじめ熱した湯を浴槽に注ぐ方式を給湯式と呼ぶ。

及ぼず

「及ぶ」「及ばず」「及ぼす」などの表現を混同した誤りか。

勝負パンツ【しょうぶパンツ】

下着の中で異性に見られることを意識して選定・着用するものを指す表現。意中の相手と性的な関わりを持つことが予想される場合に、気合を入れる意味合いで用いる。

かなぐり

動詞「かなぐる」の連用形。放り出す、取り去る、といった意味合いの表現。「かなぐり捨てる」の言い回しで用いることが多い。

勝つる

「勝つ」を意味する俗な言い方。文法上は誤用。「これで勝つる」の言い回しがオンラインゲーム関連の電子掲示板から発生し、インターネットスラングとなっている。

それより

話題を変える際に接続詞的に用いる表現。今の話題よりも重要であるといった意味合いを含めて用いられる。

逆転負け【ぎゃくてんまけ】

当初優勢だったものが途中で劣勢になり結果として負けること。勝負や争いごとの半ばで勢いを失い敗北することなどを意味する表現。逆に結果として勝つことを「逆転勝ち」という。

逆転勝ち【ぎゃくてんがち】

途中まで劣勢だったものが結果として勝つこと、勝負や争いごとの半ばで勢いを盛り返して勝利することなどを意味する表現。逆に結果として負けることを「逆転負け」という。