2011年11月16日水曜日

遷り変わり【うつりかわり】

物事が時の流れと共に変化していくさま。普通は「移り変わり」の表記で用いるが、「変遷」の意を強調する意図で「遷」の字が用いられるこがある。

むすっとする

ふてくされた表情をしているさまを形容する表現。「むすっと」は副詞。

むべなる

「むべなるかな」(宜なるかな)で、いやはやもっともである、としみじみ思う様子を表明する言い方。「むべ」は「うべ」ともいい、当然だと納得するさまなどを意味する語。

敵同士【てきどうし】敵どうし

互いに敵対する関係にあるさま。お互いに、相手が敵であると認識しているさま。

杜撰さ【ずさんさ】

手抜き、抜かりが多い様子。またはその度合い。

気づかせる【きづかせる】

相手がそれと気付くように仕向ける、発見を促す、といった意味の表現。

騙される【だまされる】

贋物を本物であると思い込むように仕向けられること。本物であると偽って偽物を買わされ、つかまされること。

てんぶのさい

「てんぷのさい」(天賦の才)の誤読。「天賦の才」はもって生まれた才能を指す表現。

進み具合【すすみぐあい】

物事がどの程度、進行・進捗しているかという程度。進捗の度合い。進行状況。

全体として【ぜんたいとして】

多くの要素からなる物事について、各様を個別に扱うのではなく全てひとまとめにして扱うさまを意味する表現。

お見舞いする【おみまいする】

相手にとって不利益なこと、ダメージとなることなどを、相手に思い知らせるために行うこと。同様の意味で「食らわせる」なども用いられる。

涙そうそう【なだそうそう】

沖縄の言葉で、涙がとめどなく溢れてくるさまを指す表現。

薬石効なく【やくせきこうなく】薬石効無く

「薬石」は、いろいろな種類の薬や治療法のこと。病気・疾患を治そうと手を尽くしたが、その効き目もなかった。治療の効き目もなかった、すなわち没してしまったという事柄への言及が後に続く。

次善策【じぜんさく】

最も良いというわけではないが、次くらいに良い策。「次善の策」とも言う。

連帯意識【れんたいいしき】

互いに結びつきを感じる、一致団結する、といった意識・感覚などを指す表現。

年齢不詳【ねんれいふしょう】

歳がいくつであるのかがよくわからない様子。年齢がはっきりしないさま。

身が入らない【みがはいらない】

どうにも一生懸命になれない、集中できない、真剣に取り組む事ができない、といった意味合いで用いられる表現。

初心忘れるべからず【しょしんわすれるべからず】

学び始めた頃の志を持ち続けよ、または、習熟したからといって慢心せずに習いたての頃の緊張感を持って事に当たれ、といった意味の言い方。世阿弥の書に見える格言。

持ってる【もってる】

所有している、または具えている、などの意味の表現。

フランチャイズ制【ふらんちゃいずせい】

小売店や飲食店などで取り入れられている、オーナーに販売権を付与してロイヤリティを徴収する事業形態。フランチャイズの制度。単にフランチャイズとも言う。

こまっしゃくれた

言動などが大人ぶっていて生意気であるさま。「こましゃくれた」などとも言う。

はみ出し者【はみだしもの】食み出し者

法や倫理、習俗といった、社会やコミュニティーにおいて成立している制限から逸脱しているさま。あるいは、風変わりで周囲に容易に溶け込めない人。

同じ轍を踏む【おなじてつをふむ】

先人が失敗した同じ失敗を繰り返すこと。単に「轍を踏む」とも言う。前の車の車輪跡にはまり込んで、転倒する、という状況に譬えた表現。

培われる【つちかわれる】

ある環境・風土・文化などが長い時間をかけて物事を育てるさま。特定の条件のもとである要素を顕著にするさま。

話題になる【わだいになる】

多くの人がそれについて話し、広く知られ、また注目を集めるさまなどを意味する表現。

嘘っぽい【うそっぽい】ウソっぽい

どうも嘘であるように思われてならないさま。嘘と判断されるさま。嘘臭い様子。

巌寒

「厳寒」(げんかん)の誤りか。「厳寒」はたいへん寒いさまを表す語。

年功序列制【ねんこうじょれつせい】

雇用制度のうち、加齢や勤続年数によって地位や待遇が向上する方式。成果主義などと対比して言及される。年功序列制度などとも言う。

効果覿面【こうかてきめん】効果てきめん

物事を行い、効き目がすぐに、または顕著に表れるさまなどを意味する表現。覿面に効果が表れる様子。

積極的に【せっきょくてきに】

自分から進んで物事に取り組むさま。能動的にはたらきかけるさま。

面と向かう

もっぱら「面と向かって」の形で用い、相手に目の前で直接、何事かを言われるさまなどを意味する表現。

遷延【せんえん】

長引くこと。「遷延性意識障害」や「遷延分娩」「遷延性うつ病」などのように医療用語として用いられることも多い。

遷延性気管支炎【せんえんせいきかんしえん】

気管支炎の病状が長引いていること。なかなかなおらない気管支炎。

遷延性【せんえんせい】

病気などが長引く性質。長期にわたり病状が続くさま、なかなか治らないさま。「遷延性意識障害」などのように言う場合は、とりわけ回復の見込みがない程度であることが多い。

唇を尖らせる【くちびるをとがらせる】唇をとがらせる

上下の唇を前に突き出すさま。拗ねる、怒るといった心境・態度を示す動作。

専門書【せんもんしょ】

特定の専門分野に関する書籍。専門性の高い本、専門家向けの本。

山々ですが【やまやまですが】

実現できない事柄について、そうあってほしいと願ってはいるのだが、といった考えを表明する際に用いる言い回し。「行きたいのは山々ですが、都合がつかないもので」などのように言う。

妻子持ち【さいしもち】

妻および子供がいること。既に結婚して家庭を持っている状態。比較的砕けた表現。