スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月 5, 2011の投稿を表示しています

余命幾許もない【よめいいくばくもない】余命幾ばくもない,余命幾許も無い,余命幾ばくも無い,余命いくばくもない

これから先の人生、残された命が、わずかな時間しかないさま。死期が近い。死が近づいている。死にかけている。「幾許もない」は主に時間がわずかであることを意味する表現。

強飯【こわいい・こわめし】

主に蒸して作った硬めの飯。蒸し器としては甑(こしき)や蒸篭が用いられる。甑で蒸した強飯(こわいい)に対して釜で炊いた飯を「姫飯」といい、これが現在のご飯となっている。

甑【こしき】

米を蒸す用途などに用いられた、穴の開いた桶形の道具。古く、蒸篭の登場以前に使われたとされる。甑で蒸した米は「強飯」と言った。強飯に対して釜で蒸す飯を「姫飯」と言う。

姫飯【ひめめし】

やわらかく炊いた飯。今で言う普通のご飯が該当する。蒸して作った飯を「強飯」と呼ぶが、姫飯はこの強飯に対して言う表現。強飯は「こしき」を使用し、姫飯はお釜を使用する。

すくっ

颯爽と立ち上がるさまなどを表す表現。本来は「すっくと」と言った。

亨受

「享受」の誤記。「享」は受ける、受け取る、与えられる、といった意味合いの字。「亨」は奉るといった意味合いの字。

手づから【てづから】

自分の手で、直接に、などの意味の表現。「手つから」が変化した形であるが、現代語では「手ずから」と表記することが一般的。

厭わぬ【いとわぬ】

嫌だからといって避けることがない、といった意味の表現。「厭う」の否定形「厭わない」の、やや文語的な言い方。

ほっといて

「放っておいて」の略。干渉しないで欲しいという趣旨を相手に伝える場合の言い方。

以上に【いじょうに】

あるものを基準として、それよりも程度が上であることを指す表現。「彼以上に努力したまえ」「10倍以上に膨れ上がった」などのように用いる。

並び順【ならびじゅん】

並んでいる順序。複数の物事が、どういった順序で並んでいるか、という基準を指すことが多い。例えば「名簿の並び順を気にする」などのように用いられる。

見過ごし【みすごし】

確認していながら気付かずにやり過ごすこと。または、そうしてやり過ごされた事柄。「見落とし」なども同様の意味で用いられる。

非効率的【ひこうりつてき】

効率的でないこと。物事の段取りが悪いなどの理由でぐずぐずと行うさま、あるいは作業内容に無駄が生じていること。「非効率」と言う場合もある。

法令紋【ほうれいもん】

小鼻から下に伸びる深いしわ。肌のたるみなどが元でできる。日本では「ほうれい線」と書く場合が多く、中国語では「法令紋」の表記が多く用いられる。