スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月 3, 2011の投稿を表示しています

希薄な【きはくな】

全体に対して分量が多く含まれていないさま。密度や濃度が低いさま。または、内容や気迫などが乏しいさまなどの意味の表現。

まとまった

ばらばらのものがひとつになったさま。また、そうして一定の分量を成すさま。

眉をしかめる

「眉をひそめる」と「顔をしかめる」を混同した表現。いずれも不快や困惑などを表す言い回し。

空ろな【うつろな】虚ろな

中身がからっぽで外側しかないさま。空虚さを感じさせるさま。「うつろな目」などの表現では、まるで心がなく身体のみが存在しているような様子を表す。

そうすれば

前述した行動や物事の方法などを指して、仮にその方法に則った場合に起こる結果や効果などを述べる言いかた。「正直に言え、そうすればわかってもらえるから」などのように言う。

前に【まえに】

(1)前方を指示する、対象として前を指し示す際の表現。「前に進め」などのように言う。
(2)対象となる物事が過去の出来事であること、または他の物事と比較して早い時点の物事であることを意味する表現。「前に一度会ったことがある」などのように言う。

斜陽【しゃよう】

日没前の太陽を意味する語。太陽が地平線に沈もうとしているさま。転じて、衰退・没落などの意味でも用いられる。産業が衰退に転じることを「斜陽化」などとも言う。

斜陽化【しゃようか】

産業や家、国家などが、衰微・衰退する傾向にあるさま。衰退に転じ、没落に向かうさま。「産業の衰退化」、「家運が傾く」などのようにも言い換えられる。「斜陽」は地平線に沈もうとする太陽を指す表現。

臆断【おくだん】憶断

もっぱら推測のみにより、確たる根拠もなしに物事を判断・決定することなどを意味する表現。同様に「根拠のない推測」といった意味の語としては臆見、臆測、臆説などがある。

虚しさ【むなしさ】空しさ

心がうつろになり、充実感が得られない感じ。空虚を感じるさま。「虚しい」の名詞形。「虚しさを覚える」などのように言うことが多い。

肖りたい【あやかりたい】

ある好ましい、うらやましい境遇にある人から、何らかの影響を授かり、自分も同じ境遇になりたいと望むさまを意味する表現。羨望などを表す言い回し。

バールのようなもの

傷害事件や殺人事件などにおいて凶器として使用される、重く硬く細長いと思われる道具を指す語。鋭利さはなく殴打によって殺傷する鈍器。