スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 26, 2011の投稿を表示しています

諮問【しもん】

ある事案に関して、有識者で構成された審議会などのような機関に問い、見解を求めること。諮問を受けた機関が回答する、回答を提出することは「答申」などと呼ばれることが多い。

答申状況【とうしんじょうきょう】

審議会などが行政機関などから諮問を受け、答申する場合の、答申の状況を指す表現。何についてどのように答申しているか、またはまだ答申していないか、などの状況を指す。答申書は公開されている場合もある。

計画答申書【けいかくとうしんしょ】

議会などからの計画立案または検討に関する問いかけを受けて、調査検討を行い、結果をまとめて提出される報告用の書類。計画に関する答申書。「基本計画答申書」「総合計画答申書」などのように用いる場合が多い。

答申【とうしん】

立場が上の人の問いかけに対して答えること、意見を述べること。上申、具申すること。典型的には、諮問機関が行政機関の問いかけを受け、回答として意見を述べることを指す場合などがある。「審議会答申」などのように用いられる。

やけぼっくいには火がつきやすい【やけぼっくいにはひがつきやすい】焼け棒杭には火が付きやすい,焼け棒杭には火がつきやすい,焼け木杭には火が付つきやすい,焼け木杭には火がつきやすい

一度燃えた木杭(棒杭)は再び燃すのが容易だ。燃え杭は燃やしやすい。一度関係を持った間柄は再度関係を持ちやすいという意味で用いられる表現。特に男女関係についていう。「やけぼっくいに火がつく」ともいう。「燃え杭には火がつきやすい」」も同じ意味。

やけぼっくいに火がつく【やけぼっくいにひがつく】焼け棒杭に火が付く,焼け棒杭に火がつく,焼け木杭に火が付く,焼け木杭に火がつく

一度燃えている棒杭、つまり焼け棒杭は、生木に比べて火が付きやすい。転じて、過去に関係を持っている間柄は再び関係を持ちやすい、寄りを戻しやすい、という意味を表す。特に男女交際について言うことが多い。

木杭【ぼっくい】

「棒杙」または「棒杭」に「木」の字を充てた語。木の杭。「焼け木杭に火がつく」の言い回しなどで特に用いられる。

飛竜【ひりゅう】

空を飛ぶ竜。または、空を飛んでいる竜。「飛竜雲に乗る」などのように、英雄や傑物を譬えて言う場合もある。

勇猛果敢【ゆうもうかかん】

勇ましく強いさま、強い決断力をもって物事に取り組み推進するさまなどを意味する表現。「勇壮果敢」と言う場合もある。「勇猛」は強く勇ましい、「果敢」は強く決断力・実行力のあるさまなどを意味する表現。

勇壮果敢【ゆうそうかかん】

勇ましく強く物事を行うさま、強い決断力を持って事に当たるさま、などの意味の表現。勇猛果敢とも言う。「勇猛」も「果敢」も強く勇ましいさまなどを意味する表現。

平安遷都【へいあんせんと】

桓武天皇が延暦13年(西暦794年)に行った平安京への都遷り。遷都の翌年、初めて平安宮大極殿で朝賀の儀を行った西暦795年が遷都記念の年とされ、後に「平安遷都1000年記念際」のような催しが行われている。

功罪【こうざい】

称えられるべき成果と、咎められるべき過ち。功績と罪。よい影響も悪い影響も同時にもたらすさま、偉大な業績を残しつつ法や人倫に背く行為を行ったさま、などを意味する表現。「インターネットの功罪」などのように用いられる。

アサイン

仕事を割り当てる、担当にする、要員を確保する、などの意味の表現・業界用語。英語の「assign」に由来。「アサインする」などという具合にも使われる。

アサインする

仕事を割り当てる、担当にする、要員を確保する、などの意味の表現・業界用語。英語の「assign」に由来。

マター

案件・事項などの意味のカタカナ言葉。業界用語やビジネス用語としては「~の担当」「~が責任を持っている」などの意味で使われる。その場合、「~(人名や部署名などが入る)マター」などという具合に使われる。

なるはや

「なるべく早く」を省略した業界用語。「なるはやでお願いします」などという具合に使われる。

サブカル

「サブカルチャー」を略した言い方。サブカルチャーは、格式ある正統な(とされる)文化に対し、大衆文化や若者文化などを指す表現。「サブカル系」「サブカル誌」「サブカル女」のように他の語を形容する語として用いることが多い。