2011年10月21日金曜日

爆殺【ばくさつ】

爆発物を用いて殺害すること。爆死させること。

気が引き締まる【きがひきしまる】

気持ちがきりっと張り詰め、緊張感を持つさまなどを意味する表現。心が改まること。自発的にそういった心境にすることを「気を引き締める」と言う。

加虐心【かぎゃくしん】

苛めてやりたい、という感情。痛めつけるなどして苦しめてみたいと感じる心情などを意味する表現。

役割分担【やくわりぶんたん】

作業を複数の要素に分け、それぞれの作業を各人に割り当て、手分けして作業に取り組むこと。役割を分担すること。

熟練度【じゅくれんど】

熟練している度合い。技術や身のこなしなどについて、どれほど熟達しているか、という程度を表す表現。習熟度。

同課【どうか】

前述の課と同じ課、または、自分が所属している課と同じ課など指す表現。

さげずむ

「蔑む」(さげすむ)の誤記。「蔑む」は人を見下してこけにするといった意味の表現。

折り合いをつける【おりあいをつける】折合いをつける

交渉において、互いにある程度譲り合って双方が納得できる妥協点を定めること。互いに意見や立場が対立しないポイントを見出すこと。

鼻笑【びしょう】

「微笑」(びしょう)に掛けて、鼻で笑うといった意味を含ませた言い回し。見下してふふんと軽く笑う様子。

不安がる【ふあんがる】

不安に思う、不安であるような素振りをする、といった意味の表現。「がる」は外見上そのように見えるさまなどを意味する語。

行ってくる【いってくる】行って来る

ある場所に出かけてから、やがて戻ってくる、といった意味の表現。家を出る際の挨拶として用いることがある。普通その挨拶は「行って来ます」と敬体を用いることが多い。

水を打つ【みずをうつ】

地面に水を撒くこと。水打ちをすること。しんと静まり返った様子を「水を打ったように(静まり返る)」などの言い回しで表現する。

超現実【ちょうげんじつ】

現実的でありつつ、現実世界の法則や決まりごとを超越した、過剰なほどの現実というほどの意味の表現。「surréal」の訳語。

歯切れの悪い【はぎれのわるい】

言いっぷりがはっきりせず、言葉を濁しているようなさま。要領を得ないさま。「なんとも歯切れの悪い返答だった」のように体言を修飾する場合に用いる。「歯切れが悪い」とも言う。

拭い切れない【ぬぐいきれない】

悪い要素を完全に消し去ることができず、なかったかのように扱うことが難しいさまなどを意味する表現。いわゆる汚点や悪印象など、抽象的・心理的な物事について言うことが多い。

思い止まる【おもいどとまる】思い留まる

考え直して、行う気でいたものを行わないことにするさまを意味する表現。

じりじり,ジリジリ

主に、焦れるさま、焦るさま、または焦げるさまなどを意味する表現。待ちきれない心理や徐々に趨勢が移るさまなどを表すことが多い。

腕っぷし【うでっぷし】腕っ節,腕節

腕力を意味する語。もとは「腕節」(うでぶし)で腕の関節を意味する表現。「腕っぷしが強い」などのように用いる。

強腕【ごうわん】

腕っぷしが強い、腕前が優れている、したたかである、といった意味で用いられる表現。多くは「豪腕」または「剛腕」と表記する。

世渡り上手【よわたりじょうず】世渡りじょうず

世間においてうまく立ち回り、有利な人間関係を築いたり、裕福な暮らしを実現したりするさま。うまく世渡りしているさま。

淋しさ【さびしさ・さみしさ】

あって欲しい物がない、居て欲しい人がいない、などの理由で物足りなさやつらさ、心細さなどを覚えるさま。

人間万事【にんげんばんじ】

特に「人間万事塞翁が馬」の言い回しで用いられる表現で、人間とはあらゆる面において、といった意味の言い回し。

胸肉【むねにく】むね肉

主に鶏肉の、胸のあたりから切り出した肉。鶏肉の胸の部位。

脅威的【きょういてき】

普通は「驚異的」の誤記。「驚異的」は、たいそう吃驚するさまを意味する表現。「危険や不安を感じる」「脅かされる」といった意味合いで、敢えて「驚異」と「脅威」をかけて用いることがある。

並外れた【なみはずれた】並はずれた

普通でないさま。大変優れているさま。程度が通常とかけ離れているさまを意味する表現。「並外れた行動力を発揮する」などのように用いる。

活動拠点【かつどうきょてん】

行動・労働する際に基本的な足場となる場所や施設。活動の拠点。

箔がつく【はくがつく】箔が付く

より高い値打ちや評価がつく、貫禄が増す、といった意味の表現。「箔を付ける」とも言う。

箔をつける【はくをつける】箔を付ける

より高い値打ちや評価がついた状態になる、貫禄が増す、などの意味の表現。「箔がつく」とも言う。

惹起される【じゃっきされる】

物事が引き起こされるさま。あることが他の事件などを招くさま。

身命を賭して【しんめいをとして】

身体や生命が損なわれ失われるとしても構わずに、といった意味合いの表現。意味合いは「命をかけて」と同じ。

先陣を切る【せんじんをきる】

物事を一番先に行うさま。最初に切り込んで他の者を後に続かせるさま。

完壁

「完璧」の誤り。「璧」は美しい丸い宝玉を意味する字。

営業日【えいぎょうび】

業務を実施する日。店を開ける日。営業する日。「休業日」などに対して言う。

お追従【おついしょう】御追従

「追従」に丁寧の「御」をつけた表現。漢語だが慣用的に「ご」ではなく「お」と読む。相手に付き従うことを意味する語で、多くは揶揄する表現。

遠慮しない【えんりょしない】

相手や周囲に気兼ねすることのないさま。したいようにするさま。「遠慮しないでどんどん食べてね」などのように用いる。

自己申告【じこしんこく】

自分から言って出ること。過ちを犯したことなどを自分から申し出ること。

省ける【はぶける】

必要でないものとして取り除くことができるさま。省略したり減らしたりすることができる様子。「手間が省ける」のような言い回しで用いる。

屈託の無い【くったくのない】屈託のない

心に気がかりがなく、心情が晴れ晴れとしているさま。くよくよしていないさま。

ぴんと来る【ぴんとくる】ピンと来る,ぴんと来る,ピンとくる

思い当たる記憶があることに気付くさま、直感でそれと分るさま、などの意味の表現。

憮然として【ぶぜんとして】

物事が思い通りに運ばず不満そうにしている様子。ぶすっとした表情をしている、など。

目のかたきにする【めのかたきにする】目の敵にする

見るだけで憎くて仕方がないような敵と見なすこと、見るたびごとに敵として憎悪すること、などの意味の表現。

外気温【がいきおん】

戸外の気温。室内の温度と特に区別する際に用いる表現。

一躍を担う

「一翼を担う」の誤り。「一躍」は目覚しい活躍によって、躍り出るさま。「一翼を担う」は物事において果たすべき役割を受け持つことなどを意味する表現。

貴品

「貴重な品」などのような意味合いで用いられることのある表現。または、単に「気品」の誤記である場合もある。

活動報告【かつどうほうこく】

働きの内容を述べ伝えること。どのような活動をしてきたかについて報告すること。

厳格な【げんかくな】

規則や決まりごとをしっかりと守って公平に判断するさま。私情などを差し挟むことのないさま。

見せかけの【みせかけの】見せ掛けの

内実が伴わず、外見だけであるさま、うわべだけのさま、などの意味の表現。虚飾であるさま。

見せかけ【みせかけ】見せ掛け

外見だけ、中身がないうわべだけ、といった意味の表現。