スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 20, 2011の投稿を表示しています

これでもか

「これほど攻めてもまだ降参しないか」「これでもいじめてもまだ威勢を保つか」といった、攻め立てる様子を表した言い回し。執拗に責め苛んだり、あくまでも攻撃に徹したりといった様子を端的に示す表現。

改まった【あらたまった】

主に、形式が整った、やや堅い様子、きちんとした様子、などの意味の表現。儀式張った感じ。「告別式のような改まった席で挨拶した経験などない」のように用いられる。

はちゃめちゃ,ハチャメチャ

乱暴・乱雑で、話の筋の通らないさまなどを意味する表現。騒々しい、甚だしいといった意味合いを含むことが多い。めちゃくちゃ、めちゃめちゃ、などとも言う。

心模様【こころもよう】

心のありよう、どのような心境であるのか、といったことを表す言い回し。さまざまな思いが混ざり合っている様子などを含んだ表現。

殊更に【ことさらに】

特別に、わざわざ、などの意味の表現。「殊更に言うほどのことでもない」などのように用いる。「殊更に」は形容動詞としての使い方であるが、副詞として単に「殊更言うまでもない」のような用い方もする。

姿勢を正す【しせいをただす】

体の構え方や心構えなどを改めてきちんと整えること。多くの場合、改まった態度で物事に面することなどを意味する。座っている姿勢については「居住まいを正す」などとも言う。

中性的【ちゅうせいてき】

相対する2つの性質の中間に位置するさま。どちらとも言い切れない、またはどちらの性質も兼ね備えている様子などを意味する表現。特に、男性的・女性的な雰囲気の両方を持ち合わせている人を指して言うことが多い。

咽び【むせび】

動詞「咽ぶ」の連用形または名詞形。息を詰まらせるようにしてなくさまなどを意味する表現。「咽び泣く」などのように用いる。

ひねくれた

素直でなく心がねじけているさま。ひねくれている様子。「まあ、ひねくれた性格の子だこと」などのように用いる。

ロケハラ

ロケーションハラスメントの略。主にインターネット上で、現在位置情報(ロケーション)をネタに揶揄されたり精神的な苛めを受けたりすることを指す表現。

一役を担う

「一翼を担う」の誤り。一翼を担う、とは、ある役割を担うことを意味する表現。

窺われる【うかがわれる】

物事の様子の一端として知ることができる、僅かに様子が見える、といった意味の表現。状況を知る手がかりがつかめることなどを表すことが多い。

進渉

(1)「進捗」の誤り。進捗は物事が捗って進展することなどを意味する表現。
(2)交渉が進む、という意味で用いられる表現。意味合いは進捗に同じ。

不課税【ふかぜい】

課税されない取引き。一般的には事業としての取引きではない金銭の移動などを指す。売買などの事業で発生する金銭の移動でも敢えて課税をしないと言う場合は「非課税」という。

無機質な【むきしつな】

生物が関与していないと思わせるさま、命が感じられない様子などを意味する表現。無機的であるさま。「無機質」は生体を構成する主要な元素を除いた元素の総称。

間違

「間違い」(まちがい)の送り仮名を省略した表記。誤りや失敗を意味する表現。

白い目【しろいめ】

情のこもっていない冷淡な目つきなどを意味する表現。「白い目で見る」の言い回しで用いる。白眼視している目。

びまん性【びまんせい】弥漫性

病気の症状などが、特定の1ヵ所だけでなく広範囲に広がっており患部を限定できないさま。拡散性、広汎性とも言う。「びまん性脱毛症」などの症状がある。

ハンドムネーム

「ハンドルネーム」の誤り。ハンドルネームはインターネット上などで用いられる個人の別名を意味する語で、英語としては単に「ハンドル」という。