スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 17, 2011の投稿を表示しています

見合わない【みあわない】

二つの物事の価値などが互いにつりあわず、差異が発生すること。特に労働コストや製造コストに対する収入の少なさなどについて言うことが多い。

あったらいい

あるものが存在したり出来事が起こったりすることを仮定し、もしそれが実現したら好ましいことだ、という意見を述べる表現。願望を述べる言い回し。

尚可【なおか】

ある条件を満たす場合には「一層よしとする」と言う意味で用いられる表現。求人広告などで用いられることが多い。「経験者尚可」「有資格者尚可」などのような形を取る。

撥音記号

(1)音節の一種である撥音を示す文字・記号。具体的には「ん」を指す。普通は単に撥音と言う。
(2)「発音記号」の誤りか。「発」の異字体は「撥」ではなく「發」。

頂部【ちょうぶ】

ある物のもっとも上側に位置する部分。頂点となる部分。「頭頂部」や「扇頂部」などのような形で用いられることが多い。

デュアライズ

二重(dual)にする、二重化する、といった意味で用いられる表現。dualは「二重の」「二つの」といった意味で、「lize」は「~にする」の意味をもつ英語の接尾辞。

長期的【ちょうきてき】

長い期間に関わる様子を意味する表現。長きにわたって行われる、または長期間をかけて達成されるさまなどを表す。「長期的な戦略」などのように言う。

出来形【できがた】

工事において工事が済んだ部分。施工済みの箇所が設計図に示す形状寸法に対して適格かどうかを検査することを「出来形管理」という。出来形に応じて支払われる賃金は「出来高賃金」と呼ばれる。

憂いなし【うれいなし】

災難が訪れるのではと言って心配になったり不安を抱いたりしないさま。安心でいるさま。「備えあれば憂いなし」の表現で用いる。周到に準備をしておけば何が起きても案ずることはない、日頃の準備が大事だ、といった意味の表現。

象箸【ぞうちょ】

象牙の箸のこと。「韓非子」などに見られる「箕子の憂い」の故事を指す表現。「象箸玉杯」とも言う。象牙の箸を使うようになれば、杯、食べるもの、食事の環境など、様々なものに凝りだして、最終的に莫大な浪費に至るに違いないと見通すこと。ちょっとしたことから大局を見通す様子などを表す故事成語。

甘えること【あまえること】

甘える心情・心理、あるいは甘えに基づく行為などを意味する表現。単に「甘え」と言うと否定的な意味で用いられる場合が多いが、甘えることと言う場合は「人の好意を遠慮せずに受け入れる」といった意味合いで用いられることも多い。

瞬々【しゅんしゅん】瞬瞬

瞬間が訪れるたびごとに、一瞬一瞬、といった意味で用いられる表現。「日々」「月々」「年々」などをもじって、その瞬間その瞬間を指す意味で用いられる。

概略版【がいりゃくばん】

調査資料や報告書などの文書において、全容をつぶさに記したものではなく、大まかな内容のみ記したもの。概略を説明する資料などを指す表現。