スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 11, 2011の投稿を表示しています

調理場【ちょうりば】

調理を行う場所、調理器具や設備のある場所。炊事場、厨房などとも言う。調理の際に発生するゴミは厨芥、厨芥類などという。

蹴散らす【けちらす】

足でもって蹴り、その場にあったものを見出し、周囲に散らすさま。蹴って散り散りにするさま。圧倒的な力で撃退するさまなども意味する。

債主【さいしゅ】

債権の権利者。債権者。権利の所有者を指す表現。債権者となる際に届け出る登録手続きを債主登録と言う。事務手続き上の便宜のために割り振られた番号は債主コードという。

婚家【こんか】

嫁いだ先の家。嫁入りした先、あるいは婿入りした先。嫁ぎ先へ送る持参品を「婚家土産」などと言う。

作用機序【さようきじょ】

薬理学の用語で、薬物が生体に何らかの効果を及ぼす仕組み、メカニズムなどを意味する表現。「機序」は仕組みや機構などを意味する語。

ネルシャツ

「フランネルのシャツ」を略した表現。軽量で肌触りのよい毛織物の生地を使用したシャツ。チェック柄であることが多い。

双十慶典【そうじゅうけいてん】

中華民国(台湾)の建国記念日に当たる10月10日を記念する祝典、またはその祝典を催す記念日。中華民国国慶日。辛亥革命の発端となった1911年10月10日の武昌起義に因む。「十」が重なる日であることから「双十」と言う。「双十節」とも言う。

双十国慶【そうじゅうこっけい】

中華民国(台湾)の建国記念日に当たる10月10日の祝日。辛亥革命が起こる契機となった1911年10月10日の武昌起義を記念する。「十」が重なる日であることから「双十節」の名でも呼ばれる。「中華民国国慶日」、「双十慶典」とも言う。

双十節【そうじゅうせつ】雙十節

中華民国(台湾)における建国記念日。辛亥革命が起こる契機となった1911年10月10日を祝う。「十」が重なる日であることから「双十節」の名で呼ばれる。他に「中華民国国慶日」「双十国慶」「双十慶典」などの呼び名もある。

冬物商戦【ふゆものしょうせん】

冬に物入りとなる衣料や機器などを販売するために小売店が競ってセールやサービスなどを繰り広げること。冬の商戦。特に年末商戦やおせち商戦などと言うこともある。