2011年9月24日土曜日

オリメン

「オリジナルメンバー」の略。アイドルグループ「AKB48」で、グループ結成時から在籍しているメンバーを指して言うことが多い語。

客分【きゃくぶん】

招かれるなどして外部からやってきて待遇を受けている身。また、そうした間柄の者であるかのように遇される人。客としての身分。何かと尊重される反面、よそよそしさが残る扱い、といった意味合いが含まれていることが多い。

父祖伝来【ふそでんらい】

先祖代々伝えられてきた物事を指す表現。「父祖伝来の土地」などのように用いられる。「父祖」は父と祖父、転じて先祖代々を示す語。

父祖【ふそ】

先祖代々を指し示す表現。もともとは父と祖父を意味する語。「父祖伝来の土地」などのように用いられる。

齎す【もたらす】

ある物事が何事かを持ち込む、あるいは、特定の状態を引き起こす、生じさせる、といった意味の表現。「排気ガスが地球環境に齎す影響」「黒死病は西欧最大の疫病被害を齎した」などのように用いられる。

二つ返事で引き受ける【ふたつへんじでひきうける】ふたつ返事で引き受ける

依頼に対して、気安く承諾すること。進んで引き受けること。「二つ返事は」は、はいはい、と返事を繰り返すことを指す表現。

二つ返事【ふたつへんじ】ふたつ返事

はいはい、と返事を二つ重ねること。気安く返事をすること。依頼に対してすぐさま承諾する様子は「二つ返事で引き受ける」のように表現される。

付記【ふき】附記

あるものに付け加える形で記されたもの。または、それを記すこと。注意書きや備考などを指すことが多い。付言とも言う。

見合わせる【みあわせる】

物事の様子を伺って行動を一時的に中止すること。または、行動を控えて良い時期が来るのを待つこと。「台風の影響で電車が一時運転を見合わせる」などのように言う。

力及ばず【ちからおよばず】力およばず

力が足りないさま。努力をしたが目的が成し遂げられなかったさまを表す言い回し。

主賞【しゅしょう】

受賞者に主に贈られる品。副次的な贈り物である「副賞」との対比で用いられる。主賞はメダルなどの名誉を顕彰するものであることが多い。副賞は多く主賞に対して賞金などの利益をもたらすことが多い。

副賞【ふくしょう】

授賞に際して正賞と共に贈られる副次的な賞品。正賞が名誉を、副賞が金品などの実質的利益をもたらすものであることが多い。