2011年9月17日土曜日

背任行為【はいにんこうい】

与えられた任務を遂行しないこと。単に背任とも言う。

背任【はいにん】

任せられた使命に背き、何らかの不利益を被らせること。

鉄火場【てっかば】

賭場の異称。博打を打つ場所を指す通称。

老け顔【ふけがお】

年老いて見える、衰えた感じの顔。皮膚にしわが目立つ、乾燥しておりみずみずしさがない、白髪がある、といった要因が挙げられる。

春コレ【はるコレ】

春に開催される服飾関連の発表会。春のコレクション。春夏ファッションを中心に発表される。秋に行われる、秋冬向けの服を発表する場は「秋コレ」と言う。

秋コレ【あきコレ】

秋に開催される服飾関連の発表会。秋のコレクション。対して春に行われるコレクションは「春コレ」と言う。

読モ

「読者モデル」の略。ファッション雑誌などに登場する一般人の肩書きのモデルを指す表現。

読者モデル【どくしゃモデル】

ファッション雑誌に一般人の肩書きで登場するモデル。プロではなくアマチュアに位置づけられるモデル。読者の親近感を出す意味合いなどで用いられる表現。略して「読モ」などとも言う。

コーデ

「コーディネート」の略。例えば「秋らしい装い」を簡素に言う際に「秋コーデ」などと表現したりする。

空気感【くうきかん】

空気の存在を感じさせる様子などを意味する表現。芸術の側面では、空気や雰囲気をかもし出している表現技法を指すことが多い。また、髪型や服装などが広がりを持ち、多量の空気をはらんでいるような様子を指すことも多い。

ゆるふわ

緩りと、ふわりとしている様子。穏やかな感じ、くつろいだ感じ、やわらかそうな感じ、などがあるさま。ファッションを形容する語として用いられる。

モテかわ,モテカワ,もてカワ

可愛い上に、確実に異性にモテるだろうと思われるような様子。「モテる+カワイイ」の略。女性の容姿やファッションなどについて言うことが多い。

プリクラ

株式会社アトラス(現株式会社インデックス)の提供する簡易撮影機「プリント倶楽部」の略。または、それと同様の機能を有するプリントシール機の総称。いわゆるプリントシール機の代名詞として用いられている呼び名。

バルス「balse」

アニメ「天空の城ラピュタ」で登場する、ラピュタを崩壊させるための秘密の呪文。

ニコモ

新潮社のローティーン女子向け雑誌「ニコラ」に登場する女性モデル。

生存戦略【せいぞんせんりゃく】

生き残ることを目的として行われる一連の戦略的行動、などの意味の表現。

拳遊び【けんあそび】拳あそび

手の振りや開き方によって勝敗を決める遊び。球磨拳、本拳、藤八拳、じゃんけん、などがある。江戸時代には行司をおき東西に分かれて行う「拳相撲」なども行われた。

藤八拳【とうはちけん】

じゃんけんと同じ三竦みをモデルとした遊び。「庄屋」「鉄砲」「狐」のポーズをし、互いの関係によって勝敗を定める。拳相撲などでも行われたとされる。

拳相撲【けんずもう】

相撲を模した形式で本拳を行う遊び。江戸時代にはやったといわれる。

一葉落ちて天下の秋を知る【いちようおちててんかのあきをしる】

一枚の葉が落ちるのを見て、秋の訪れを察すること。ほんのわずかな予兆から後の大きな動きを察知することを意味する表現。「淮南子」に由来する故事成語。

物言えば唇寒し秋の風【ものいえばくちびるさむしあきのかぜ】

余計な発言は災いのもとになるという意味の言いまわし。松尾芭蕉の句に由来する。

春秋高し【しゅんじゅうたかし】

年を重ねている、高齢である、といった意味の表現。「春秋に富む」と言うと、若く将来が長いことを指す。

春秋に富む【しゅんじゅうにとむ】

将来の期待できる人。若く展望の開けた青年などを形容する表現。「春秋」はここでは年月のことで、将来が長いことを意味する。

春秋の争い【しゅんじゅうのあらそい】

春と秋はどちらが優れているか、という議論。古来より日本で盛んに議論されてきた議題。

千秋晩成【せんしゅうばんせい】

千年の年月にも比べられるような長い時間を掛けた末にようやく成し遂げた、といった意味の表現。

一刻千秋【いっこくせんしゅう】

ほんのわずかな時間に1000度も季節が廻って秋が訪れるかのように、時間が非常に長く感じられるさま。一日三秋、一日千秋などとも言う。

一日千秋【いちにちせんしゅう・いちじつせんしゅう】

1日の間にも季節が幾度も廻り、1000回も秋が訪れるかのように、時間が非常に長く感じられるさま。今か今かと待ち望む様子。一日三秋とも。一刻千秋と言う場合もある。

一日三秋【いちにちさんしゅう・いちじつさんしゅう】

あたかも1日に三度も季節が廻って秋が訪れるかのように、今か今かと待ち望み、時間が長く感じられること。一日千秋とも言う。一刻千秋と言う場合もある。

秋を吹かす【あきをふかす】

秋風が吹くさま。「飽き」にかけて、男女の愛情が冷えるさまを示すこともある。

秋風が吹く【あきかぜがふく】

秋に風が吹く。涼しい、肌寒い風が吹く。男女の関係が冷めるさまを(「飽き」にかけて)言う場合もある。

天高く馬肥ゆる秋【てんたかくうまこゆるあき】天たかく馬肥ゆる秋

秋は空が澄んで高く見え、野の実りによって馬がたくましくなる。秋の風情を表す表現。天高く馬肥ゆ。馬肥ゆる。