スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月 31, 2011の投稿を表示しています

耳の痛い【みみのいたい】

不評や非難を何度も聞かされて辛い。聞くのが辛い。「耳が痛い」を名詞の修飾に用いる場合に「耳の痛い話」のような形にすることが多い。

耳が慣れる【みみがなれる】

聞くのに難儀した音を、聞き続けることで段々よく聞くことができるようになるさま。例えば、外国語の発音を聞き分ける、小音量を聞き取る、大音量を苦痛でなく聞くことができるようになる、など。または、同じ曲を何度も聴いて新鮮味がなくなることなどを指す場合もある。

持続可能な【じぞくかのうな】

将来にわたって同じ状況・環境を維持し、今と同じ営みを永続的に続けていくことが可能であるさま。英語「sustainable」(サスティナブル)の訳語として用いられることが多い。

持続可能【じぞくかのう】

将来にわたって持続的・永続的に活動を営むこと。「持続可能な」は、英語「sustainable」(サスティナブル)の一般的な訳語となりつつある。

ハビタブルゾーン

天文学などにおいて、生命が生まれ、居住することが可能である、とされる領域。生命居住可能領域。

獅子身中【しししんちゅう】

獅子の体内。体の中。もっぱら「獅子身中の虫」という言い回しで用いられる。「獅子身中の虫」とは、強大な存在に守られていながら、その内側から害するもの、といった意味で用いられる表現。

思考を凝らす

「趣向を凝らす」の誤り。「趣向を凝らす」は、工夫を重ねて面白さや味わい深さを追求した様子などを意味する表現。

讃仰【さんごう】

宗祖や経典などの功徳を称え、教示を受ける対象として仰ぐことなどを意味する表現。「般若心経讃仰文」などの古典籍に多く見られる。

ノーサイド

no side。ラグビー(ラグビーフットボール)において「試合終了」を意味する語。試合が終われば敵味方の区別はない、という意味合いがあり、スポーツマンシップの精神を表す語などとしてもよく用いられる。