スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月 24, 2011の投稿を表示しています

我ながら【われながら】

自分が携わった物事において、十分満足できる出来栄えに自分で感心するさまなどを意味する表現。あるいは同様に自分で自分に呆れ返る場合にも用いられる。

窶れた【やつれた】

体が痩せ衰えた様子や、心痛などですっかり憔悴した様子、あるいは、生活が落ちぶれてみすぼらしい様などを指す表現。

ピンヒール

ハイヒール(かかと部分を高く持ち上げた靴)のうち、特に、かかとの柱部分が極端に細くなっている靴。女性らしい服装の一つとされる。

ネームタグ

名入りの下げ札。自分の名前を書いてかばんなどに付ける。紛失防止などに役立つ。

マンキニ

mankini。「man」と「bikini(ビキニ)」から成る造語で、男性用のビキニのこと。通常の水着では腰の周りを覆っている部分を、肩から吊るように掛ける。マンキニ水着。ムタンガとも言う。

何とかする【なんとかする】

手段や経緯がどういったものかは不問に付すが、とにかく結果は不都合のない状態にする、といった意味合いで用いられる言い回し。「どうにかする」とも言う。

何かこう【なんかこう】

名状しがたいものを何とか説明しようとする場合などに用いられる言い回し。「何かこう、しっくりこなんだよねえ」などのように言う。

なればこそ

断定の助動詞「なり」の已然形である「なれ」に接続助詞「ば」、さらに係助詞「こそ」が付いた形。そういう理由だから、ますますもってそうなのである、といった強調に用いる表現。

留まらず【とどまらず】

「留まる」に否定の「ず」が付いた形。ある地点や段階にあって停止することなく、さらに先へと進んでいくさまを表す言い回し。

どちらも

二つの項目のうち一方ではなく、その両方とも、同じ様子であるさまなどを示す表現。いずれも。両方とも。どっちも。

どたばた,ドタバタ

騒がしく走り回るったり暴れまわったりするさまを示す表現。こうした要素を主とする喜劇をスラップスティック(どたばた喜劇)という。

どちらからともなく

二人のうち、どちらが最初に働きかけたか曖昧な状態で、徐々に互いに同じことを始める様子を意味する表現。どちらが先というのでもなく。

ネットリンチ

インターネット上で行われる陰湿で一方的ないじめ、迫害。ネット上での私刑行為。いわゆる「ネットいじめ」のより過激なものを指すことが多い。

どっちにしろ

複数の選択肢がある中でどれを選択しても結果がたいして違わない、などの意味の表現。「どちらにせよ」をやや粗略にした表現。「どちらにしても」「いずれにせよ」などとも言う。

デビリッシュ

悪魔のような、極悪非道の、魔性の、極端な、といった意味の英語。「devilish」のカナ表記。

デモニッシュ,デモーニッシュ

鬼神が憑いたかのような、凄味のあるさま。超自然的なさま。悪魔的。ドイツ語の「dämonisch」を日本語の形容詞として用いた形。英語ではやや意味合いが異なるが「devilish」(デビリッシュ)という語がある。

デモニッシュな,デモーニッシュな

鬼神が憑いたかのような凄味、超自然的な雰囲気のあるさま。悪魔的であるさま。「デモニッシュ」(dämonisch)はドイツ語で「デーモン的な」という意味。英語ではやや意味合いが異なるが「devilish」という語がある。

寸止め【すんどめ】寸どめ

(1)空手などの徒手武芸で、相手の体に攻撃を当てる寸前で止めること。相手に打撃によるダメージを与えないようにすること。
(2)俗に、性行為においてオーガズムに達する直前で行為を中断すること。特に、男性が射精する寸前で手コキなどの射精に導く行為を中断すること。

メイドカフェ

女性店員が使用人(メイド)のコスプレをして接客する趣向の喫茶店。「メイド喫茶」とも言う。

黒い交際【くろこうさい】

犯罪や社会的不正などと深く関わる交際関係。暴力団関係者などの「闇の組織」との倫理に悖る付き合い(いわゆる「ズブズブの関係」)など。