2011年8月12日金曜日

安河内【やすこうち】

日本人の姓の一つ。

圧迫感【あっぱくかん】

強く押さえつけられられている感覚。息苦しい感じ。または、大きく迫っていて威圧されている感じ。

ユニークな

他にはない唯一性を持つこと。独自であること。

やもえない

「やむを得ない」を略した表記か。「やむを得ない」は、しょうがない、どうしようもない、といった意味の表現。

止めとけ【やめとけ】

「止めておけ」を略した表現。しないほうがいい、ということを相手に呼びかける表現。

やむ得ない【やむえない】已む得ない,止む得ない

「やむを得ない」を省略した言い方。「やむを得ない」は、しょうがない、どうしようもない、といった意味の表現。

ヤマアラシのジレンマ

鋭い針毛を持つヤマアラシは、互いに寄り添い合おうとすると、自分の針毛で相手を傷つけてしまうため、近づけない、というジレンマ。ショーペンハウアーが寓話として用いた表現とされる。

やほお

(1)山で山彦に投げかける声、または、歓声などを表す表現。掛け声の一種。
(2)「Yahoo!」をキーボードの日本語入力をONにしたまま入力した表記。

もの言いたげな【ものいいたげな】

何ごとかを言いそうにしているさま。意見したいと考えている素振りを示す様子。

面子を潰す【めんつをつぶす】面子をつぶす,メンツをつぶす,メンツを潰す

人の面体・世間体を汚して、不評や汚名のたねを作ることなどを意味する表現。

ムーヴメント

「ムーブメント」に同じ。動作、運動などを意味する英語。潮流や社会的活動などの意味で用いられることも多い。

ミッションコンプリート

「mission complete」のカナ表記で「任務終了」といった意味の英語の言い回し。

みぞうう

「みぞう」(未曾有)の誤記か。「未曾有」は「未だ曾て有らず」と訓読される、過去にあったためしのない出来事などを意味する表現

みぞお

「みぞう」(未曾有)の誤記か。「未曾有」は「未だ曾て有らず」と訓読される、過去にあったためしのない出来事などを意味する表現。

体を成す【たいをなす・ていをなす】体をなす

その種類のものとして認められる形になる。様になる。形が整う。といった意味の表現。

躊躇い勝ちに【ためらいがちに】躊躇いがちに,ためらい勝ちに

思い切ることができず、半ば思いとどまりながら物事を行うさま。躊躇しつつ行う様子。

コーテーション

引用符のこと。quotationのカナ表記で「クォーテーション」とも言う。シングルコーテーション、ダブルコーテーションなどの種類がある。

シングルクォーテーション,シングルコーテーション

single-quotation (mark)。引用符の一種で、「'」または、「‘」(開始)および「’」(終了)の記号。主に引用や特殊な括弧使いに用いられる。引用符とも言う。また、アポストロフィーと兼用・同一視されることもある。

ダブルクォーテーション,ダブルコーテーション

double-quotation (mark)。引用符の一種で、「"」または、「“」(開始)および「”」(終了)の記号。主に引用や特殊な括弧使いに用いられる。「二重引用符」などとも言う。

だったりして

物事を並存する事項の一つとして並べ、そういう可能性もある、といった意味合いを付け加える表現。仮定や控えめな提示の意味合いで用いられる。

爛れた【ただれた】

皮膚組織などが破壊され崩れた様子。糜爛。

滾らせる【たぎらせる】

煮え立ったような状況にすること。沸かせる。意欲を燃え立たせる。「血を滾らせる」「情熱を滾らせる」などのように用いられることが多い。

逞しゅう【たくましゅう】逞しう

「逞しく」の音便。強くてしっかりしている様子などを意味する表現。「妄想を逞しゅうする」「あらちょっと見ない間にすっかり逞しゅうなって」などのように用いる。

揃い【ぞろい】

名詞の後ろにつき、ある特徴や性質を持つものばかりが多数存在するさまなどを意味する表現。「美人揃い」「粒揃い」などのように用いられる。

その度【そのたび】

ある事が行われたり、ある状況になったりすると、決まって生じるさま。その都度。

その上に【そのうえに】

物事に他の物事が加わるさま。追加で、さらに一層、などのような意味で用いられる。その上。

ぞくぞくする,ゾクゾクする

寒気や興奮などにより肌があわ立つ感覚を覚えるさまなどを意味する表現。

そういう訳で【そういうわけで】そういうワケで

事前に述べた、物事の事情や背景を、理由とする場合の表現。そんなわけで。後ろに帰結が続く。

スレタイ

「スレッドのタイトル」の略。電子掲示板のスレッドにつけられた件名を指すことが多い。

するかしないか

物事を、実施するか、あるいは実施しないか、という二者択一。するか否か。

ずぼら,ズボラ

しっかりしておらずだらしのないさま。行うべきことをしないような性格。

ストロンチュウム90

「ストロンチウム90」のこと。ストロンチウムの放射性同位体の一種。

スチールベッド

フレームなどの部分の素材にスチールが使用されたベッド。空洞のスチールパイプを使用している場合はパイプベッドとも呼ばれる。

白じむ【しらじむ】

「白む」と「白々しい」を混同した誤字か。「白む」は夜明けが近づいてそらが明るくなり始めること、「白々しい」は隠し事などが見え透いているさまや態度などを意味する表現。

仕様もない【しようもない】仕様も無い

くだらない。どうでもいい。ばかばかしい。瑣末な。といった意味合いで用いられる表現。「しょうもない」と言うことが多い。

シュールな

「シュールレアリスム」(超現実的)の略。発想などが現実からかけ離れているさま、言動が現実性・合理性を伴わないさま、などを意味する表現。笑いを誘う場合もある。

し易さ【しやすさ】

物事を行うことが容易であるさま。またはその度合い。

強かに【したたかに】

程度の甚だしいさま。ものをぶつけた際などに用いる。

強かな【したたかな】

一筋縄ではいかない、手ごわい様子などを意味する表現。抜け目のないしっかり者であるさまなどを指すことも多い。

させて頂きます【させていただきます】

「する」の謙譲表現。相手の指示や許可を得て、自分がそれを行う、といった意味合いを表現する。過剰な謙譲表現とされる場合もある。

ささくれた

(1)皮などが細くめくれた状態になっているさま。爪の付け根の皮など。
(2)心が荒れているさまなどを意味する表現。

コンパクトな

小さくまとまっているさま。小型で内容が充実している様子などを意味する表現。

根詰める【こんつめる】

「根を詰める」を略した表現。物事に集中し、根気を尽くして、疲労などを顧みない様子。

コンチキチン,こんちきちん

祇園祭のお囃子を表す表現。祇園囃子の音。

コンジュゲート

英語conjugateをカナ表記したもの。動詞の活用などによる語の変化を意味する表現。

強張った【こわばった】

硬く突っ張っているさまなどを意味する表現。特に表情や筋肉などを指すことが多い。

強張らせる【こわばらせる】

硬くする。緊張などから身を硬くするさまなどを意味する表現として用いる場合が多い。

ごろごろ,ゴロゴロ

(1)大きなもの、重い物などが転がるさまを表す表現。人がだらけて寝転がっている様子や、多くのものが散在している様子などにも用いる。
(2)雷などが轟く音を表す表現。下痢や腹痛で腹が鳴っているさまなどにも用いる。
(3)目に異物が入って眼球の動きが滑らかでないさまをなどを意味する表現。

応急対策【おうきゅうたいさく】

急場をとりあえずしのぐために行われる処理手段、などの意味で用いられる表現。応急的な対策。

時効性【じこうせい】

ある程度の時間が経過した後に、性質や効力が無くなって役に立たなくなること。

麦穂帯【ばくすいたい】

包帯法の一種で、交差させるように巻く方法。巻き終わった姿が麦の穂のように見える。包帯法の中ではポピュラーな方法。

裾腋臭【すそわきが】すそワキガ,裾わきが,裾ワキガ,すそ腋臭

「外陰部臭症」の通称。外陰部がアポクリン腺からの分泌物などにより異臭を発する症状。

NK流【エヌケーりゅう】

性風俗の用語で、いわゆる本番行為をサービスとして提供する店のこと。通常は性行為がNGな店舗で性行為をOKとする場合を指す。「西川口流」の略。

NG客【エヌジーきゃく】

主に性風俗の用語で、風俗嬢やホステスが相手することを拒否した客。店側であわせないようにやんわり断るなどの対応がなされる。

M男【エムお】

被虐嗜好の男性。マゾヒストの男。女性(いわゆる女王様)から苦しめを受けて性的興奮を味わう人。

M女【えむじょ】

マゾヒストの女性。被虐嗜好の傾向を持つ女性のこと。

まだら蛇【まだらへび】まだらヘビ,斑蛇,マダラヘビ

ナミヘビ科のヘビの属の一種。アカマダラやアカマタなどがこの分類に属する。マダラヘビ属のヘビや、ナミヘビ科のヘビの通称として用いられる場合もある。

出精値引き【しゅっせいねびき】出精値引

一生懸命努力して何とか値引きした様子。必ずしも合理的コスト削減ではないが、顧客のために値引きしました、といった意味合いを含む。「これ以上はまかりません」といったメッセージが込められている場合もある。

すげ替え【すげかえ】挿げ替え

新しいものに取り替えること。「すげる」は下駄の緒や人形の首などを挿し込んで装着することを意味する表現。首などをさっと変えるさまなどについていう。

悲喜こもごも【ひきこもごも】悲喜交々,悲喜交交

悲しみや喜びなど、さまざまな感情が沸き起こり巡るさま。嬉しさや悲しさを同時に感じること。

冷凍マウス【れいとうマウス】

肉食動物の餌として販売されている冷凍保存用のマウス。マウスを飼育せずに、解凍した新鮮な動物肉をペットに与えることができる。

ホンジュラスミルクヘビ

ホンジュラスやニカラグアなどの中南米に棲息するミルクヘビ。無毒で温厚、ペットとしても人気がある。

毒たこ【どくたこ】毒蛸,毒タコ

体内に毒素を有するタコ。特に、テトロドトキシンを持つヒョウモンダコを指す場合が多い。

縛乳【ばくにゅう】

乳房のあたりを緊縛して締め上げること。

欠乏【けつぼう】闕乏,缺乏

物資などが満足になく、量が不十分であるさま。不足している様子。

欠如【けつじょ】缺如,闕如

本来あって然るべきものが、抜け落ちていて、足りないさま。欠落などとも言う。

闊達な【かったつな】

寛大さを感じさせるさま。度量が大きく、細かいところにこだわらない様子、などを意味する表現。

ウリナラ

韓国語で「わが国」「我々の国」を意味する語。日本でウリナラという表現が用いられる場合は軽蔑の意味がこめられていることが多い。

酩酊者【めいていしゃ】

酒に酔って正気を失っている人。酩酊している人。「酩酊者規制法」を中心に、主に法律などで使用される表現。

迚も斯くても【とてもかくても】迚もかくても

どうあっても、どうやっても。「とてもできたものではない」などの表現で用いられる「とても」は、「迚も斯くても」が略された表現。

趾間【しかん】

足の指と指の間。指の付け根の部分。水虫のタイプに「趾間型」というのがあり、水虫の中ではポピュラーな部位。

謳って【うたって】

「謳う」は、高らかに主張する、強調する、などの意味の表現。賛美するといった意味にも用いられる。

褶動

「摺動」の誤りか。「摺動」は、滑って移動する、といった意味の表現。地層などが曲がりくねったように動いた様子は「褶曲」という。

蟲惑

「蠱惑」(こわく)の誤り。蠱惑の「蠱」は「まどわす」「まじこる」などを意味する表現で、「蠱惑」は魅力などになすすべなく惹きつけられるさま。

薮から棒に【やぶからぼうに】やぶから棒に

前触れなく、唐突に物事を行うさまを意味する表現。「薮から棒」に格助詞「に」がついて、様子などを表すもの。