2011年8月7日日曜日

身も蓋も【みもふたも】身もふたも

「身も蓋もない」で、露骨でそっけない様子などを意味する言い回し。

ミュージックプレイヤー

音楽を再生する装置。CDプレーヤーやMP3プレーヤーなどを総称する表現。

見なされる【みなされる】見做される

そういうものであると考える。仮定、判断を行う。対象を主語に置いた表現。

身に余る【みにあまる】

処遇や評価、あるいは役割などが、過度であり自分にはふさわしくないと思われるさま。例えば、大変嬉しいさまを「身に余る光栄」などという。

見詰め合う【みつめあう】見つめ合う,見つめあう

互いに互いをじっと見る。お互いを見つめる。親しさや睦まじさから行われるものを指す表現。

満を持す【まんをじす】

物事の最高潮の状態を維持すること。最高の状態で要人が登場する場合を表す表現として用いられることが多い。

マニュキア

「マニキュア」の誤り。マニキュア(mani-cure)は手の爪を手入れし美しくすること。

マニュアル化【マニュアルか】

作業などで手引きを作成し、誰でも同じ手順や効率で作業できるようにすること、などの意味の表現。個人の技量に依存しない業務体制作りのひとつ。

纏めて【まとめて】

複数の異なる物事を一つにして扱うさま。または、議論などで折り合いをつけ決着に持ち込むさま。

まつろわぬ神【まつろわぬかみ】順わぬ神,服わぬ神

記紀神話などにおける神々の争いや平定事業において、抵抗し、帰順しない神。天津甕星神などがこのように呼ばれることが多い。

まつろわぬ民【まつろわぬたみ】順わぬ民,服わぬ民

平定事業において抵抗を続け、帰順しない民族。などの意味の表現。「古代において蝦夷の民は、王朝にとり、まつろわぬ民であった」などのように用いられる。

服わぬ【まつろわぬ】順わぬ

帰順しない。従わない。平定事業において抵抗を続ける。などの意味の表現。「まつろわぬ民」「まつろわぬ神」などの表現で用いられる。

マットニス

表面処理に用いられるニスのうち、光沢を抑えたマットな質感が得られるもののこと。matt varnish。マットワニスとも言う。

まづい

「まずい」を旧式の表記で書き独特の雰囲気を持たせた表現。「まずい」は「不味い」や「拙い」と書き、具合が拙劣であるさまなどを表す表現。

まじで,マジで

本当に。本気で。正真正銘の。事実として。などの意味の表現。

参ります【まいります】

(1)「行く」または「来る」の謙譲語「参る」に丁寧の「ます」をつけた表現。「伺います」「参じます」に同じ。
(2)対象に降伏する、ほとほと困る、といった意味の「参る」に丁寧の「ます」をつけた表現。

ぼやけ

「ぼやける」の名詞的表現。ぼんやりと輪郭がにじんで見えるさまなどを意味する表現。

仄めかし【ほのめかし】

仄めかすこと。それとなく知らせるさまなどを意味する表現。

ほにゃらら,ホニャララ

不特定の対象を示す仮の表現として用いられる語。何ちゃら。何たら。ちょめちょめ。

ボナペティ

bon-appetitの音写。仏語で「めしあがれ」「どうぞお食べなさい」といった意味合いの表現。

程がある【ほどがある】

許容できる限度がある、許容できる程度にも限りがある、などの意味の表現。それは行き過ぎだ、と軽く咎める意味合いで用いられることが多い。

ボディケア

身体を手当て・手入れすること。特に美容を保つための手入れをすること。

ぽっちゃり,ポッチャリ

肉付きが豊かで愛らしい様子。ぽてっとした感じ。女性や児童について言うことが多い。

ぼっけえ

岡山弁で「とても」「すごく」といった意味合いの語。小説『ぼっけえ、きょうてえ』で広く知られた表現。

ほくほく,ホクホク

とても嬉しい様子を表す表現。金銭がらみで懐が暖かいさま。あるいは、うまく蒸かした芋の様子などの意味の表現。

ポカーン

「ぽかん」をより強調した表記。あっけにとられているさまなどを意味する表現。

ぺーぺー,ペーペー

未熟者や、取るに足らない人・物などを指す表現。ぺいぺい。ぺえぺえ。

ペンを走らせる【ペンをはしらせる】

筆記具を手に取り手早く物を書くさま。走り書きする、または、とめどなく湧き上がる着想を急いで書き留めようとする、などを意味する表現。

ヘビイ

heavyの音写で通常は「ヘビー」と表記する。重い、重苦しい、などの意味の英語。

へっぺ,ヘッペ

北海道などで用いられる方言で、性交を意味する語。

別嬪さん【べっぴんさん】ベッピンさん

とっても美しい女性。「別嬪」に敬称「さん」をつけた表現。

ぶをわきまえる

「分をわきまえる」(ぶんをわきまえる)に同じ。「分をわきまえる」とは、自分の地位や身の程をよく知り、出すぎたことをしないようにすることなどを意味する表現。

プロバカンダ

「プロパガンダ」(propaganda)の誤り。プロパガンダは、政治的な意図やたくらみを持った宣伝行為を指す語。

プレリリース版【プレリリースばん】

ソフトウェアなどで、製品として正式にリリースする前段階のバージョンを指す表現。

プレゼンテーター

presentator。英語には存在しない単語。テレビ番組などでプレゼンテーション(presentation)する人を指すが、普通は「プレゼンター」という。

プレゼンター

presenter。プレゼントもしくはプレゼンテーションをする人。贈呈者、演者、発表者など訳される。

フレシキブル

flexible。しなやかで弾力性のあるさま、柔軟なさま、融通が利くさまなどを意味する表現。

フル生産【フルせいさん】

フル稼働して生産を行うさまなどを意味する表現。

フル回転【フルかいてん】

可能な限り回転・機能すること。工場などが休まずに生産活動を行うさまなどを示す場合いよく用いられる。フル稼働とも言う。

ぷるぷる,プルプル

小刻みに振動するさまなどを意味する表現。体のふるえなどは「ぶるぶる」などとも表現する。

ぶるぶる,ブルブル

大きく振動するさまなどを表現するオノマトペ。体のふるえを指す場合も多い。

プルトニュウム

「プルトニウム」の訛った表記。plutoniumの音写であるが、英語では「プルトーニアム」に近い発音をする。

振りする【ふりする】フリする

「振りをする」に同じ。この場合の「振り」は、ある動作の様子を示す、装うことなどの意味の表現。「ふりして」の形で用いられることも多い。「知らないふりしてごまかす」などのように用いられる。

ふりかな

「ふりがな」(振り仮名)に同じ。通常は連濁して「ふりがな」と発音・表記する。日本語で漢字の読み方を示す際に用いられるかな表記のこと。

ブランド化【ブランドか】

ブランドとして認知されること。その銘柄が独自の価値を持つことなどの意味の表現。

フランス史

フランスの歴史。古くはフランク王国にさかのぼる。18世紀にフランス革命が起こり、フランス共和国となったが、それ以後を指してフランス史という場合もある。

フラットな

平坦・均一であるさまなどを意味する表現。flat。

ブラックボックス化【ブラックボックスか】

内部構造や動作原理がさかのぼって解明できない状態になること。内部構造を知らなくても使用できるものは既に存在するが、それを分解・再現することができなくなった様子。

プライシング

値決め、価格設定などを意味する表現。pricing。

ふむふむ,フムフム

理解や納得の意を表す軽い表現。目下のものに対して使う。「ふんふん」とも表記する。

沸々と【ふつふつと】沸沸と

液体が沸き立って気泡を生んでいるさま。転じて、ある感情がわずかずつ込み上げてくるさまなどを意味する表現。

フットワークが軽い【フットワークがかるい】

足の運びが軽妙、機敏であるさま。転じて、行動が迅速であったり行動の切り替えがすばやいさまなどを意味する表現。

ぶつかり合う【ぶつかりあう】

互いに相手へと向かって衝突するさま。両方とも相手にぶつかるつもりで、ぶつかるさま。

ぶち抜く【ぶちぬく】打ちぬく,打ち抜く

厚みのあるものなどに大きな力を加えて貫き通すさまなどを意味する表現。

ぶち切れ【ぶちきれ・ぶちぎれ】ブチキレ,ブチ切れ,

(1)紐のようなものが途中からちぎれたようになって切れているさま。ぶっつりと切れているさま。
(2)激昂している、冗談ではなく心から怒るさま。ブチ切れる様子。

ブスバー

busbar。発電所などの施設で「母線」と訳される。「バスバー」とも言う。

ふしだらな

規律のないだらけた生活を送るさま。特に、男女関係について節操のない様子などを意味する表現。

ふざけるな

冗談めかした、おどけた、あるいは人をばかにしたような言動を咎める表現。まじめにやれ、といった意味などで用いられる。

ふざけた

冗談のつもりでおどけて行われた様子、ばかにしたような行い、などを意味する表現。