2011年8月5日金曜日

ぶいぶい,ブイブイ

小言などを小うるさく言い立てる様子などを意味する表現。「ぶいぶい言わす」と言った場合は、無頼になり幅をきかせる様子などを意味する。

ファビョる,火病る

怒り狂うさまを意味する「火病」(ファビョン)を動詞として用いた表現。火病は「a Korean culture-bound syndrome」として米国の精神科協会に公認された韓国文化特有の精神的症候。韓国人を蔑むインターネットスラングとして用いられていることがままある。

ピンと来ない【ピンとこない】ぴんとこない,ぴんと来ない

いまひとつ、心に響かない、訴えかけるものがない、といった意味の表現。「ぴんと来る」の否定。「ぴんと来る」の場合は、「直感的に、感得するものがある」といった意味でも用いる。

飄々と【ひょうひょうと】

性格などが軽やかでとらえどころのないさまなどを意味する表現。

酷さ【ひどさ】

形容詞「酷い」の名詞形で、程度が甚だしい様子、残酷である様子、などを意味する表現。

ひた向きに【ひたむきに】

ある物事に対して、それのみに集中して一生懸命とりくむさまなどを意味する表現。

ひた向きさ【ひたむきさ】

ひたむきであるさま。またはその度合い。「ひたむき」は一つの物事に一所懸命に取り組む心意気などを意味する表現。

ビシッ,びしっ

強い勢いを表す表現。特に態度が毅然としているさま。「びしっと」の形で用いられる。

ハンドソープ

手の殺菌洗浄に用いる専用の石鹸。手洗い石鹸。

ハングリー精神【ハングリーせいしん】

物事を強く求め、達成への強い意志を持ってことに当たる気持ちや心意気などを意味する表現。

ばればれ,バレバレ

動詞「ばれる」(バレる)を重ねて形容詞として用いた表現。隠し事などが明々白々に露見しているさまなどを意味する表現。

バリアングル

vari-angle。「variable angle」の略で、「角度が可変」といった意味合いの表現。デジタルカメラにおいて、背面の液晶モニターが可動式となっており、角度を変えることのできるものを「バリアングル液晶」という。

パラノイヤ

paranoiaのカナ表記。一般的には「パラノイア」と表記する。精神医学において「偏執的」「妄想症」などを意味する用語。

はやる気持ち【はやるきもち】逸る気持ち,早る気持ち

早くやろうとして待ちきれなくなっている心持ち。焦る気持ち。

ハフマン

アメリカ人の姓(Surname)の一つ。ドイツ語のホフマン(Hoffmann)に由来するゲルマン民族系の姓。

はふはふ,ハフハフ

熱い食べ物を口に入れて、熱がりながら、口の中に空気を入れて冷まそうとする様子を示した表現。鍋物など、熱々の食事を食べるさま。良い意味合いで用いられることが多い。

ユニバレ

インターネット上などで用いられている俗な表現で、「ユニクロを着用していることがばれている」状態を意味する語。一見すると無難なファッションでダサくはないが、安価でしかも服のセンスがなくても様になるユニクロを着ている、ということが見透かされている状態。

セレオリ

「セレクトショップのオリジナル商品」を省略した呼び方。一部の間でファッション用語として用いられている。

バブリー

bubblyのカナ表記。もとは「泡立っている」「泡が多い」といった意味合いの表現であるが、「バブル景気」の語を前提して「バブル期的な思考、金遣い」などを意味する場合も多い。

鼻を突く【はなをつく】鼻をつく,鼻を衝く

(1)強力な匂いに刺激を受けること、または強烈な異臭がするさまなどを意味する表現。
(2)主人によって親族の縁を切られることを意味する表現。

罰が当たる【ばちがあたる】ばちが当たる,バチが当たる

悪い行いに対する神仏の懲らしめを受ける。悪事に対する応報を被る。「神罰が下る」や「仏罰を蒙る」などとも言う。

ハアハア,ハァハァ,はあはあ

荒い息遣いを表す表現。息急き切るさま、または、性的に興奮しているさまなどを表すことが多い。

抜け抜け【ぬけぬけと】

あつかましくも、恥じるべき行いを平気で行うさまなどを意味する表現。多くの場合、ずうずうしいことを言うさまなどについて言う。

に応じて【におうじて】

ある物事を指し、それと連動して状況が変化するさまなどを指す表現。それ次第で。

に関する【にかんする】

ある事柄を指して、話題がその事柄と関連している、関わりを持っている、といった意味合いを示す表現。例えば「国交に関する問題」と言った場合、その問題が国交に何らかの関わりがあるということなどを意味する。

に越したことはない【にこしたことはない】

ある事柄を指して、それよりも良い状況やすぐれた手段はないさまを言い表す表現。それが最も良い、といった意味合い。

にも関わらず【にもかかわらず】

ある状況下において、その影響を受けずに、またはその影響を受けてもなお、妥当と思われる成り行きとは異なる状況に至ること。予想に反する結果が生じるさま。

になる

格助詞「に」と「なる」(成る)をつけた表現。生成・変化などによってその状態が表れる、その状態へ到達する、といった意味で用いられる。例えば「将来は弁護士になる」「駄目になる」などのように用いる。

にほふ

「匂う」(におう)を古風な仮名遣いで表したもの。かぐわしい臭いがする、のような独特の意味合いをこめて用いられる表記。

滲ませる【にじませる】

ある様子が、表情などからうっすらと感じ取れる様子などを意味する表現。

に従って【にしたがって】

ある事柄に関連して、他のあるものも変化していく様子を表す表現。「に連れて」「に伴って」などとも表現する。

何とはなし【なんとはなし】

「何となく」に同じ。特にこれといった意味や理由を持たないさま。

なりかけ

もう少しである状態になりそうだ、変化しつつある、などの意味の表現。

ならではの

それ固有の、独特の性質であることを意味する言い回し。「の」で名詞にかかる。

何事もない【なにごともない】何事も無い

特にこれといった事柄がない、などの意味の表現。

何故かと言うと【なぜかというと】なぜかと言うと,何故かというと

理由を述べる際の言い回し。相手の疑念を先取した表現。どうしてかと言うと。

馴染みのない【なじみのない】

付き合いや親しみを持たないさま。なじんでいない様子。

無さそう【なさそう】

「ない」に助動詞「そうだ」の付いた形から「だ」を省略した表現。様子や状態についての推量を意味し、そのように思われる、などの意味を示す。

蔑ろにする【ないがしろにする】

侮るさま、軽んじてまともに取り扱わないさま、などを意味する表現。

ドーザー

「ブルドーザー」(Bulldozer)の略称。「Bulldoser」は「牛」(bull)と「眠る」(doze)をあわせた語で、牛いらず、といった意味合いを語源に持つとされる。

と申します【ともうします】

自分の名を名乗る際の表現。「という者です」などとも言う。

と見られる【とみられる】

ある状態であるように思われる、見受ける、といった意味の表現。

ちんカス,チンカス,チンかす

「恥垢」の俗な表現。男性器の亀頭などの部分に溜る不衛生な垢。