スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月 18, 2011の投稿を表示しています

カルタシス

「カタルシス」の誤記。「カタルシス」は「精神浄化」と訳され、鬱積した感情が悲劇などを見ることで解き放たれるさま、心が洗われるさまなどを意味する語。

オーバーニー

「膝上」などの意味の表現。膝を覆うほど長い女性物の靴下を「オーバーニーソックス」という。

お礼まで【おれいまで】

手紙文の結びに用いる表現で、色々と伝えるべきことはあるが、ひとまずはお礼を伝えたところで締めくくります、といった意味合いで用いる表現。

お慕い【おしたい】

慕うこと、思慕すること、などの意味の表現。「お慕い申し上げます」などの表現で用いられ、尊敬の念や恋心などの意味合いで用いられる。

オヤヂ

「オヤジ」(親父)の表記を遊んだもの。自分の父親、あるいは中高年男性一般を指して用いられる語。

おもばゆい

「おもはゆい」(面映い)の誤読。「面映い」は照れくさい心持ちなどを表す表現。

うさんむしょう

「うんさんむしょう」(雲散霧消)の誤り。「雲散霧消」は、雲や霧が晴れるように跡形もなく消失するさま。散り散りになってなくなるさま。

擬情語【ぎじょうご】

オノマトペの一種で心理的な状態や変化を表すもの。苛々、やきもき、びくびく、ひやひや、など。識者によって、擬音語・擬態語に並ぶ分類として採用する場合や、そうでない場合がある。

いやな目【いやなめ】嫌な目

人をいやな気持ちにさせるような目つき。多くの場合は人の内心を見透かしたような、あるいはあざ笑うかのような、見下したような感情が読み取れる表情を指して言う。

イビル

(1)英語evilの音写。邪悪である、よこしまであるさま。
(2)動詞「いびる」。陰湿な仕方でいじめ苦しめるさま。

何時もの【いつもの】

普段どおりの。いつもと同じの。店で毎回決まったものを注文している人が、その同じメニューを注文する場合などに用いる表現。

いきどうり

「いきどおり」(憤り)の誤記。憤りは、腹を立てて激しく怒ること、憤怒すること。

あなたたち,あなた達

二人称複数の呼びかけ。教師が生徒に対して呼びかける場合などに用いる。より丁寧に言う表現として「あなたがた」などがある。

倫理感【りんりかん】

倫理に関する感覚。倫理的感情。「倫理観」も同じく「りんりかん」と読むが、人としてなすべき判断・行動に関する考え方、といった意味合いで用いられることが多い。

流される【ながされる】

流動的なものに巻き込まれて、一緒に流れて移動するさま。「急流に流される」といった具象的なものから「雰囲気に流される」といった抽象的なものまでさまざまに用いる。

立上げ【たちあげ】

なんらかの機構を、仕組みや組織などを、必要な手続きを経て、機能する状態にすること。OSの立ち上げ、会社の立ち上げ、などのように用いる。

余りにも【あまりにも】

程度が度外れているさま。限度を超えていると思われるほどひどいさま。「余りに」に、強調の意味合いで助詞「も」を添えた形。

夜もすがら

「終夜」(よもすがら)と書き、夜中、夜通し、を意味する表現。昼はひねもす、夜は夜もすがら。

密月関係

「蜜月関係」の誤記。蜜月は非常に親密で中のよい様子を指す表現。

猫水【ねこみず】

ペットボトルに水を入れて路傍に置かれたもの。俗に猫が忌避するとされるが、その効果については諸説ある。

平積み【ひらづみ】

書店で書籍が棚に収納されるのではなく上下に積み重ねられている状態。表紙が見える陳列方法であり、購買客の目にとまりやすいとされる。

幣所

「弊所」の誤り。「弊所」は事務所や研究所などが自らをへりくだっていう表現。