スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月 15, 2011の投稿を表示しています

生僧

「生憎」(あいにく)の誤りか。「生憎」は、期待通りにいかず都合が悪いさまなどを意味する表現。

据置【すえおき】

「据え置き」の送り仮名を略した表記。位置や水準を変えずにそのままにしておくさま。特に商品の価値を上げて価格を従来どおりにしておくさま。

人を呪わば穴ふたつ【ひとをのろわばあなふたつ】人を呪わば穴二つ

呪いは自分に跳ね返ってくるため、人を呪い殺す場合は自分の分の墓穴も用意しておく必要がある、ということ。転じて、人を怨み、仕返しする場合には、自分にも翻って災いが降りかかることを覚悟せよ、という意味で用いられる。

身に染みて【みにしみて】

理解する、実感する、といった語を修飾する表現で、頭脳で理解するだけでなく全身に染みこむように心からそう思ったという意味を示す言い回し。

食い込み【くいこみ】

物が押し込まれるなどして隙間などへ深く入っているさま。食い込んでいる様子。特に衣服が臀部などに入り込んでいる様子などを指すことが多い。

昇華させる【しょうかさせる】

より高次元のものへ高めること。精神分析学においては、心に湧きおこる不満や怨恨、劣情などを、他のより高尚な対象への情熱にかえることを意味する語。

自ず【おのず】

他の影響を受けずに自発的にそうなるさまを意味する表現。「自ずと」「自ずから」の形で用いられる。「自ずと」も「自ずから」もそれぞれ一続きの副詞。「己」に助詞「つ」の付いた形が語源とされる。

酸えた

「饐えた」の誤記。「饐えた」は、ものが腐って酸っぱいようなにおいを醸している様子などを意味する表現。

三方良し【さんぽうよし】

三つの観点からそれぞれ良しと言えるあり方。特に商売において売り手・買い手・世間(社会全体)が皆利益を享受するあり方。近江商人の家訓として知られる。

唆る【そそる】

興味などの感情を引き起こして何かをしたい気持ちにさせるさま。「唆る」の漢字使いは一般的でなく、普通は「そそる」と仮名表記する。