スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月 14, 2011の投稿を表示しています

鶏口牛後【けいこうぎゅうご】

鶏の嘴と牛の尻。「鶏口となるも牛後となる勿れ」という表現を略したもので、巨大組織の下にいるよりは小さな組織のトップであるほうが良いということ。

経年的【けいねんてき】

年月を経ること、長い時間が過ぎることに関わるさま。「経年的変化」と言った場合は、時間の流れによって様子が変化することなどを表す。

偶蹄【ぐうてい】

ひづめ(蹄)が偶数、つまり2個あること。ひづめが二つに割れているさま。哺乳動物のうちそのような種類を偶蹄目という。

虚礼廃止【きょれいはいし】

形だけで心のこもっていない、意味のない儀礼はやめる、という意味の表現。年賀状や、贈賄に繋がる政治家への中元などについて言う場合が多い。

虚礼【きょれい】

偽りの礼。心のこもった真の礼ではなく、虚構と化した表面だけ、形だけの礼のこと。「虚礼廃止」の言い回しで用いられることが多い。

巨象【きょぞう】

巨大な象。しばしば、強大だが鈍重で、機敏さを欠いた存在のたとえとして用いられる。巨人なども同様。

救いようがない【すくいようがない】

手を差し伸べて、よりよい状態や改善された状態へと導いてやることが、できそうにない、といった意味の表現。手の施しようがない。愛想を尽かした様子を表す言い回しとして用いることが多い。

吸啜【きゅうてつ】

強く吸うこと。特に乳幼児の持つ「吸啜反射」と呼ばれる反射における行為。吸啜反射は、乳頭を知覚した場合に反射的に吸い付く反応のこと。

逆進性【ぎゃくしんせい】

特定の目的を持って導入したものが、実際には当初の目的と全く逆の効果を生み出すこと。消費税をはじめとする税の性質として多く言及される。

及ばず【およばず】

動詞「及ぶ」の否定形。達する、到達する、広がる、行き渡る、と言うことができないさまを表す。「届かず」と言い換え可能な場合が多い。

騎上位

「騎乗位」(きじょうい)の誤り。性交において女性が男性の上にまたがり、馬乗りになる。騎手のように上に乗る体位。

括目

「刮目」(かつもく)の誤りか。「刮目」は目をこすってよく見ること、注意してみることなどを意味する表現。