スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月 4, 2011の投稿を表示しています

ディメンジョン

dimension。dimensionは「大きさ」や「次元」といった意味の西欧語。英語の発音は「dɪménʃən」で「ディメンション」のようになる。ドイツ語などでは「dimɛnzioːn」で比較的「ディメンジョン」に近い発音になる。

とどまらない

「とどまる」の否定。そこで尽きたり、停滞したりすることなく、更に突き進んでいくことを意味する表現。

よそに,余所に,他所に

(1)他の場所へ。「どこかよそに持っていく」などのように用いる。
(2)顧みることなく放っておくこと。「不安な表情の友人をよそに、店に入る」などのように用いる。

セレブニート

セレブリティ(celeb)とニート(NEET)を合成した語。不労所得があるなどの理由で働く必要がなく、ニート生活を送っている者、とされることが多い。

恩を着せる【おんをきせる】

物事を相手のためにわざわざ行ったかのように扱って、ありがたがらせようとするさま。「恩に着せる」がより正しい表現であり、「恩を着せる」は「恩を売る」との混用か。一般的に用いられることが増えつつある言い回し。

チャレンジング

challenging。挑戦すること。挑戦的であること。または、挑戦を必要とするような難関であるさま。「やりがいがある」という意味合いでも用いる。

プレストレス

事前に力・負荷を加えること。主に「プレストレストコンクリート」(prestressed concrete)などの語で用いる。英語ではprestressing。

ではなく

前述の事項を否定し、後から訂正する内容を述べる場合に用いる表現。「そうではなく」などの略として単体で用いることもある。

あざます

「ありがとうございます」を極端に略した若者言葉。幾分ぞんざいな言い方。「あざーす」「あざっす」も同様。