2011年7月1日金曜日

投資意欲【とうしいよく】

主に株式相場や為替相場などへ積極的に参加しようとする気持ちのこと。

一時中止【いちじちゅうし】

しばらくの間、物事を途中で止めること。

右肩下がり【みぎかたさがり】右肩下り,右肩さがり,右下がり,右下り,右さがり

ある数値を時系列のグラフで表した時、時間の経過とともに数値が減少していくこと。なお、数値が増加していくことを「右肩上がり」という。

アラート通知【アラートつうち】

警報、警告を知らせること。

奥行長大【おくゆきちょうだい】

土地や家屋、部屋などの表から奥までの距離が長くて、形が大きいこと。

奥行短小【おくゆきたんしょう】

土地や家屋、部屋などの表から奥までの距離が短くて、形が小さいこと。

四方路【よんほうろ】

四方が道路に面している画地のこと。ちなみに、一方の場合は一方路、二方の場合は二方路、三方の場合は三方路という。

三方路【さんほうろ】

三方が道路に面している画地のこと。ちなみに、一方の場合は一方路、二方の場合は二方路、四方の場合は四方路という。

二方路【にほうろ】

二方が道路に面している画地のこと。ちなみに、一方の場合は一方路、三方の場合は三方路、四方の場合は四方路という。

一方路【いっぽうろ】

一方が道路に面している画地のこと。ちなみに、二方の場合は二方路、三方の場合は三方路、四方の場合は四方路という。

フル参加【フルさんか】

催しごとや集まりなどに休むことなく毎回出席すること。

フル参戦【フルさんせん】

競技などの大会に休むことなく毎回参加すること。

凹状【おうじょう】

物の中心部あたりがへこんでいる形のこと。

凸状【とつじょう】

物の中心部あたりが盛り上がっている形のこと。

凹部【おうぶ】

物の中心部あたりのへこんでいるところ。

凸部【とつぶ】

物の中心部あたりの盛り上がっているところ。

所得層【しょとくそう】

人を、収入などによって区分した集団のこと。

所用時間

「所要時間」の誤り。「所要時間」は、用事または用件を処理する際に必要となる時間などのこと。

巡洋【じゅんよう】

船舶などが海洋をめぐること。

秋入学【あきにゅうがく】秋学期入学

9月、あるいは、10月に新入生として学校に入ること。

循守【じゅんしゅ】遵守,順守

決められたことに従い、それを守ること。

国会空転【こっかいくうてん】

国の議会が、何の成果もないまま無駄に推移すること。

秋物【あきもの】秋もの

秋に使う物のこと。秋に着る衣類のこと。なお、春は「春物」、夏は「夏物」、冬は「冬物」という。

春木立【はるこだち】

春の落葉した木々のこと。

春物【はるもの】春もの

春に使う物のこと。春に着る衣類のこと。なお、夏は「夏物」、秋は「秋物」、冬は「冬物」という。

春蕾【しゅんらい,はるつぼみ】蕾菜

春に収穫されるアブラナ科の野菜。蕾菜(つぼみな)ともいう。

旬菜【しゅんさい】

味のよい食べ頃の時期の野菜のこと。

出無精【でぶしょう】

外出することを面倒くさがること。

出生数【しゅっしょうすう】

子どもの生まれた数のこと。

出資比率【しゅっしひりつ】

資金を出した割合のこと。

動画配信【どうがはいしん】

映像やビデオなどを各方面へ流すこと。

出玉率【でだまりつ】

パチンコやパチスロなどにおいて、使った玉、あるいは、メダルに対して払い出された玉、あるいは、メダルの割合のこと。

出演者【しゅつえんしゃ】

テレビや映画、舞台などに出ている人のこと。

出します【だします】

「出す」の丁寧な言い方。

原寸大【げんすんだい】実物大

実物と同じ大きさであること。

縮尺図【しゅくしゃくず】

実際よりちぢめて書いた図のこと。地図や設計図などが挙げられる。

宿題代行【しゅくだいだいこう】

児童や生徒に対して課された家庭学習を他人が代わりに行うこと。

重要度【じゅうようど】

非常に大事で大切なことの程度。

徐行速度【じょこうそくど】

車両などがすぐに停止できる速さのこと。ちなみに日本の普通乗用車の場合、時速10km程度を徐行速度と呼んでいる。ただし、具体的な速度は法律では規定されていない。

最徐行【さいじょこう】

徐行の際に、より気をつけて運転すること。

女性性器【じょせいせいき】女性器

女の生殖器のこと。

女性器図【じょせいきず】女性性器図

女の生殖器が描かれた絵のこと。

署名押印【しょめいおういん】

自分の名前を書いて、その付近に印を押すこと。