スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 29, 2011の投稿を表示しています

シュレッター

「シュレッダー」の誤り。英語「shredder」の音写で、書類などを判別不明なほど細切れにする装置のこと。

ご時世【ごじせい】御時世

「時世」に丁寧の「御」をつけた表現。ある時代における世の中、を意味する表現で、「このご時勢」と言う言い回しで用いることが多い。

羽合【はわい】

鳥取にある地名。かつて町名であったが合併により町名ではなくなった。米国ハワイ州とは姉妹都市だった。

閃いた【ひらめいた】

(1)雷光などが一瞬輝くこと。閃光が発せられた様子を表す。
(2)何かの発想がふと脳裏に浮かぶこと。何かを思いついた際の台詞として用いることが多い。

心頭滅却【しんとうめっきゃく】

心を無にすること。心が無の境地に至れば、火でさえも涼やかである、すなわち苦しみも苦しみとは思わなくなる、と言った意味の言葉が「心頭滅却すれば火もまた涼し」である。

一体的【いったいてき】

複数のものが一つに、または不可分になっているさま。一体となっている様子。「一体的提供」「一体的推進」のように、名詞に付いて一つの語を成す場合が多い。

薬石効

「薬石効なく」の一部。「薬石効」なるものが不足しているのではなく、「薬石」の効果がなかったのであるから、「薬石」「効なく」で分割するのが正しい。

受け渡す【うけわたす】

荷物や商品を一方から他方へ渡すこと。「受け渡し」を行うこと。「受け渡し」は元々、動詞「受ける」と「渡す」の名詞形を合わせた表現。他方で「引き渡し」は「引き渡す」の名詞形。

偲ばれる【しのばれる】

過去の事や遠く離れた人や、亡くなった人などを、しみじみと思い出すこと。「れる」は文脈によって自発、可能、尊敬などの意味合いになる。

圧痕【あっこん】

圧迫されて出来た痕。押されてくぼんだ状態。舌に歯型がついている状態を「舌圧痕」(ぜつあっこん)という。

シュールリアリズム

「超現実」を意味する仏語「シュールレアリスム」(surréalisme)と、それに対応する英語「スーパーリアリズム」(superrealism)が混ざったもの。

おはす

「おわす」の古い表記。「おわす」は「御座す」と書き、「居る」「在る」といった意味を示す尊敬語。

シンタリング

sintering。「焼結」と訳される。粉末状の固体をその融点よりも低温度で加熱した場合に、粒子が結合し、高い硬度をもつ物体が形成される現象。

保護シート【ほごシート】

ある物を外界から守るために覆ったり貼ったりする布状のもの。外部との接触や摩擦により変質したり傷ついたりすることを避けるために用いられる。

類友【るいとも】

「類は友を呼ぶ」を略した表現。若者言葉の一種。「類は友を呼ぶ」はことわざで、似た性格の人は自ずと集まるものだ、といった意味の言い回し。

精彩に欠ける【せいさいにかける】精彩にかける

活気が乏しいさま、生き生きした感じがない様子などを意味する表現。調子が悪そうな雰囲気があることを示す言い回し。「精細に欠く」とも言う。反対に生き生きした様子を言う言い回しとしては「精彩を放つ」などがある。