スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 22, 2011の投稿を表示しています

キャリブレート

英語「calibrate」の音写。測定する、目盛りを調整する、といった意味合いの語。サ変動詞のように用いられる。キャリブレーション。

きめえ

気持ち悪い、気色悪い様子。「気持ち悪い」が略された「きもい」の音便。

きまわりない

「きわまりない」(極まりない)の誤記。「極まりない」は極まることのないさま、すなわち際限なく甚だしい様子。

きまづい

「きまずい」(気まずい)の誤記か。「気まずい」は雰囲気などが居心地の悪い様子を表す言葉。

きつね色,狐色,キツネ色

キツネの毛色に似た色合い。いわゆる「粉物」を焼いて食べる際に、よい具合に焼けてきた状態を「表面がこんがりきつね色になってきた」などと表現することが多い。

きったな

「汚い」を強い意味を込めて言い捨てる際の表現。感想を述べる際に使う。

ギターメーカー

ギターを製造している企業。ギターのメーカー。特にエレキ・ギターのメーカーを指す事が多い。

きだるい

「気だるい」の誤読。「気だるい」(気怠い)は「けだるい」と読む。なんとなく億劫で気が進まない心境。アンニュイな様子。

来たさない【きたさない】来さない

「来たす」に否定の「ない」をつけた形。「来たす」はある状況・結果をもたらすこと。「混乱を来さない」などのように、多くは悪い結果について言い、そうした状況には陥らせない、といった意味を表す。

キザな,気障な

「キザ」は言動や態度に気取っている様子があり、嫌な感じがするさま。人やその振る舞いがキザであることを表す語。

ぎこち

「ぎこちない」の部分か。ふつう「ぎこちない」はこれで一つの形容詞として扱われる。「ぎこつない」とも言う。満足にこなせず、たどたどしさを感じさせる様子。

きかな,き哉

形容詞の連体形に詠嘆を表す終助詞「かな」が付いた文語調の表現。「嬉しきかな」のように言う。

きうす

(1)「きゅうす」の誤記か。「きゅうす」(急須)は日本茶を入れる器具。
(2)「希薄」の誤読か。「希薄」は「きはく」と読む。濃度や密度が少ないさま。密でないさま。

か何か

推測に用いる言い回し。推測した対象を述べ、何かしら他のものであることも考えられる、と言った意味合いを付与する。「天井に鼠か何かがいる」のように用いる。

がんばって,頑張って

(1)「頑張る」の連用形に接続助詞「て」の付いた形。動作を修飾し、その動作を成し遂げようと努力するさまを表す。
(2)「頑張る」の連用形に終助詞「て」の付いた形。命令・依頼の意味合いを付与し、相手に頑張ることを促す。応援の掛け声として一般的に用いられる言葉。頑張れ。

かんぷうまさつ

「かんぷまさつ」(乾布摩擦)を誤って聞き取ったものか。乾布摩擦は寒天のもと乾いた布で肌を摩擦して鍛える健康法。

カンニリングス

cunnilings。一般的には「クンニリングス」と表記される。唇および舌を用いて女性器を刺激する行為。

ガンチャート

「ガントチャート」の意か。ガントチャートはガント(Gantt)氏によって考案された、進行管理などに用いられる表。

ピンサロ

「ピンクサロン」の略。性風俗の一種で、男性を射精に導くサービスを提供する。キャバクラとは異なり、性感・ヌキを行うサービス。

ハウスボトル

キャバクラなどで、飲み放題メニューなどで提供されるボトル酒。低価格帯の酒のボトルなど。

ランジェリーパブ

風俗店の一スタイルで、ランジェリー姿で男性客をもてなす趣向のパブ(キャバクラ)。「ランパブ」とも言う。

ランパブ

いわゆる「ランジェリーパブ」の略称。ホステスの女性がランジェリー姿で男性客をもてなす趣向の店。接触や愛撫は店側から禁止されている。

セクキャバ

「セクシーキャバクラ」の略。一般的なキャバクラでは店側から禁止されている、ホステスの上半身を愛撫するといった行為が行えるタイプの風俗店。大抵の場合、下半身への干渉は依然として厳禁。乳房が愛撫できると言う意味で「おっパブ」などとも言う。

同伴出勤【どうはんしゅっきん】

いわゆるキャバクラなどの風俗店で、ホステスが男性客を連れて出勤すること。早い時間から客の入店を獲得する、客引きよりも確実に客を引ける、といったメリットがあるとされる。

アゲ嬢【アゲじょう】

いわゆるキャバ嬢、キャバクラ嬢の通称。「アゲ」とはアゲハのことで、キャバ嬢を主要な読者とする雑誌名にもとづく呼称。

黒服【くろふく】

(1)黒一色の服。特に黒のスーツ。
(2)風俗店などにおける男性従業員の通称。「ボーイ」などとも言う。