スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 21, 2011の投稿を表示しています

がられる

「がる」の受け身。語幹について、相手がそのように思っている、そう考えている様子であること表す。「迷惑がられる」などのように使う。

からと言って,からといって

多く「だからと言って」の形で用いる。前の文から導かれると思われる結論に対し、反対する意志や見解を表明する、または例外・注意点などに言及する際の表現。

からすれば

ある立場や視点に立って見ることを示す表現。「~からすると」などとも言う。

からすると

認識や判断の主体、視点、立場などを示す表現。「君からすると変に見えるだろうけれどね」などのように用いる。

からこそ

叙述の「だ」「である」に付く。前の文を理由として用い、続く文を強調する際に用いる表現。「困難な事だからこそやる価値があるのだ」のように用いる。

神懸かる【かみがかる・かむがかる】神がかる

常識では計り知れない、神霊の仕業かとも思われるような様子を表す表現。「神懸かった」「神懸かっている」などの形で用いることが多く、「神懸かる」はその終止形であると解釈できるが、一般的に「神懸かり」はサ変動詞であり、終止形は「神懸かりする」が正しい。

カピパラ

「カピバラ」の誤記。体長1メートル以上に成長する大型の齧歯類。

ガバガバ

大きくてしまりがなく、ゆるんでいる様子。服の寸法が大きすぎて着ても余っている部分が多いさま。最近では特に、女性の陰部がだらしない様子を示す表現として用いられる場合がある。

要石【かなめいし】かなめ石

(1)地震を鎮めているとされる石。鹿島神宮にある。動かすことのできない要点。
(2)トンネルやアーチなどの構造物において全体を支える要となっている石。かけては成らない要素。

滑舌【かつぜつ】かつ舌

話すときの発音や言葉の調子が滑らかであるかどうか、ということ。すらすらと、流暢に、かまずに喋ることができる様子を「滑舌が良い」などと言う。「活舌」の表記は一般的に誤用とされる。

がつんと,ガツンと

「がつん」は固いものに勢いよくぶつける、ぶつかるさまを表現する語。「がつんと」は動詞に付き、勢いよく、奮って事に当るさまを示す。「当って砕けろ」の意味合いで用いることが多い。

酉の刻【とりのこく】

時の数え方で、24時間を十二支に割り当てたうちの第十番目。おおむね18時の前後、夕暮れ時が該当する。暮六ツとも言う。

ガダフィ

1942年生まれのリビアの指導者。一般的には「カダフィ」と表記することが多い。アルファベットで音写した表記には「al-Qaddhafi」と「al-Gaddafi」の2通りの綴りがある。

おっパブ,オッパブ,おッパブ

いわゆるセクシーパブの別名。「おっぱい」と「パブ」から成る造語。そのまま「おっぱいパブ」とも言う。サービス上、客がホステスの体に触れてもよいとされている風俗店のこと。

奥部【おうぶ】

入り口から遠い部分。中へ深く入った部分。最も深く入った部分を「最奥部」(さいおうぶ)などと言う。