2011年6月16日木曜日

お見えになる【おみえになる】

身分の高い人が来る。「来る」の尊敬語。お出でになるとも言う。

お饅頭【おまんじゅう】

「饅頭」を丁寧に言う表現。

おべべ

幼児語で、主に着物のこと。

おぶつぜん

「お仏前」のことか。「御仏前」は「ごぶつぜん」と読む。仏壇の前、または仏壇に供えるものを指す表現。

おばかさん,お馬鹿さん,おバカさん

考えの足りない、ばかな様子を丁寧にいう表現。

お供します【おともします】

「付いて行く」という事を丁寧に表明する言い回し。

大人の関係【おとなのかんけい】オトナの関係

冷静で割り切った関係。分別をもって互いに接する間柄。特に男女の愛情を伴わない肉体関係を指すことが多い。

おセンチ

「センチ」はセンチメンタルの略。ちょっと感傷的な気分になっていることを表す表現。

お世話に【おせわに】

「お世話になっております」で、世話を焼いてもらった事を相手に敬意を表しつつ述べる表現。

おすすめの,お薦めの

推奨、推薦することを丁寧にいう表現。相手が薦めるもの。

おしんこう

「お新香」のことか。「お新香」は普通「おしんこ」と表記する。麹などで漬け込んで香味をつけた野菜のこと。

お障り【おさわり】

「障る」こと、多くは健康を害することを、丁寧にいう表現。相手の健康を気遣い「暑苦しい季節ですがお障りありませんか」などと言う場合に用いる。

お触り【おさわり】

触ること。特に風俗産業で、客がホステスの身体に触れたり撫で回したりすること。使用例として「お触り禁止」など。

ホットスポット,hot spot

(1)温点。皮膚感覚として熱さを感じる器官。
(2)政治的・軍事的に紛争が起こっている地域。
(3)原発事故などの影響により、局地的に放射線量が高くなっている地域。
(4)無線LANが提供されている場所。無線LANホットスポット。
(5)デジタル画像の中でリンクが設置されている箇所。
(6)盛んな場所。例えば夜の歓楽街など。

収まりが悪い【おさまりがわるい】おさまりが悪い

うまく収まらない、入れ物などにきちんと入りきらない感じを表す表現。

おさなじみ

「おさななじみ」の聞き間違い。「幼い」と「馴染み」が混ざった語。

おごる平家は久しからず【おごるへいけはひさしからず】驕る平家は久しからす

『平家物語』のくだりに見える表現。自分の地位や権利を笠に着てかかる人は、そう遠くない将来に凋落する、という言い回し。「驕れる人久しからず」とも言う。

驕れる人も久しからず【おごれるひともひさしからず】おごれる人もひさしからず,おごれる人も久しからず

自分の地位や権利を笠に着てかかる人は、そう遠くない将来に凋落するだろう、という言い回し。「驕れる人久しからず」「驕れる人も久しからず」「おごる平家は久しからず」などのようにも言う。

おごれる者久しからず【おごれるものひさしからず】驕れる者久しからず

自分の地位や権利を笠に着る者は、そう遠くない将来に凋落するだろう、という言い回し。「驕れる人も久しからず」「驕れる人久しからず」「おごる平家は久しからず」などのようにも言う。

奢らす【おごらす】

「おごらせる」に同じ。人に自分の分まで金銭負担させるさま。

おごらされる,奢らされる

「奢る」に受け身と使役のついた形。相手に、自分が相手を奢るように仕向けられること。相手を奢らざるを得ない状態になること。

おこまがしい

「おこがましい」の誤り。「おこがましい」は「烏滸がましい」などのように表記し、差し出がましい行い、相応でない行いなどを形容する語。

おこぼれに与る【おこぼれにあずかる】お零れにあずかる

他人が残して余ったものを受け取ること。それを恩恵として享受する、良い影響を自分も得る、といった意味合いで用いられることが多い。

おくゆかし,奥ゆかし,奥床し

慎みがあり、控えめな感じで好ましいさま。「おくゆかしい」(奥床しい)の文語的な形。

奥二重【おくぶたえ】

二重瞼(二重まぶた)のうち、二重を形成する溝の部分が上側の瞼に隠れているもの。

おくびれる

「臆する」と「怯える」を混同したものか。どちらも、臆病さから怖気づいたりびくついたりするさま。

おくびに出す【おくびにだす】噯に出す

もっぱら「おくびにも出さない」と否定形で用いる言い回し。「おくび」はゲップのこと。

体操服【たいそうふく】体育着,体育服,体操着

運動を行うことを目的とした衣服のこと。

親近者【しんきんしゃ】

(1)「親近な関係の人」の意で、同じ集団の中のうち、ごく親しい仲間のこと。
(2)「近親な関係の人」の意で、血族、血縁関係の人を意味する表現。

食事会【しょくじかい】

2人以上が同じ場所に集まって食事をすること。

間口が広い【まぐちがひろい】

家屋などの前面の幅が広いこと。転じて事業内容が多岐にわたっていること。

明朗会計【めいろうかいけい】

不正や隠し事がない勘定のこと。

依頼主【いらいぬし】

他人に用件を頼んだ人のこと。

営利目的【えいりもくてき】

利益を得るために目指す事柄。

大慶に存じます【たいけいにぞんじます】大慶にぞんじます

非常にめでたいと思う、の意味。手紙の挨拶文などで用いる場合が多い。「ますますご健勝の由大慶に存じます」のように用いる。

時下ますますご多祥の段【じかますますごたしょうのだん】時下益々ご多祥の段

この頃はなはだしく幸せが多い、の意味。手紙の挨拶文などで用いる場合が多い。「時下ますますご多祥の段、お喜び申し上げます」のように用いる。

よろしくお引き回しのほど【よろしくおひきまわしのほど】よろしくお引き回しの程,宜しくお引き回しのほど,宜しくお引き回しの程,よろしくお引回しのほど,よろしくお引回しの程,宜しくお引回しのほど,宜しくお引回しの程,よろしく御引回しのほど,よろしく御引回しの程,宜しく御引回しのほど,宜しく御引回しの程

取り引きや付き合いなどをお願いする際に相手を敬って表現する時に用いる言葉。「よろしくお引き回しのほどお願い申し上げます」のように用いる。

身にあまる重責【みにあまるじゅうせき】身に余る重責

負担が大き過ぎて自分の力では処理しきれない重い責任のこと。ビジネス上の手紙などで用いることが多い。「部長を拝命いたしまして身にあまる重責ではございますが 職務を全うさせて頂く所存でございます」のように用いる。

日頃より【ひごろより】日ごろより

ふだんから。このごろ。ビジネス上の手紙などで用いることが多い。「日頃より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます」のように用いる。

締日【しめび】締め日,〆日

締め切りの日のこと。

終日運転見合わせ【しゅうじつうんてんみあわせ】終日運転見合せ

その時点から日付が変わるまでの間、運行しないこと。

告示日【こくじび】

国や地方公共団体などが、ある事柄について公示する日のこと。

単日【たんにち】

1日。「単日開催」、「単日運航」のように用いる。

満了日【まんりょうび】

定められた期限が来て期間が終わる日のこと。

両日中【りょうじつちゅう】

2日のうちに。「両日中に連絡します」は、2日のうちに連絡をするの意味。

代替日【だいたいび】代替え日

その日の代わりの日のこと。だいがえ日。

数年前【すうねんまえ】

特定の時点から2、3年、もしくは、5、6年ほど前の年。

数年後【すうねんご】

特定の時点から2、3年、もしくは、5、6年ほど後の年。

数日後【すうじつご】

特定の時点から2、3日、もしくは、5、6日ほど後の日。

作成日【さくせいび】

作った日。作成した日。

丸一日【まるいちにち】まる一日,丸1日,まる1日

一日中。一日の始まりから終わりまでの間。朝の起きてから夜の寝るまでの間。

出国日【しゅっこくび】

その国を出て、外国へ行く日のこと。

お越しください【おこしください】お越し下さい

「越す」はこの場合、「来る」の尊敬表現。「来てください」と敬意を込めて言う表現。

噯にも出さない【おくびにもださない】おくびにも出さない

そのような素振りを見せない、そのような感情を表には出さない、などという意味の表現。「噯(おくび)」は、「げっぷ」のこと。

おくがましい

「おこがましい」の誤り。「おこがましい」は分相応でない、出過ぎている、といった意味の表現。

おきまして,於きまして

「おいて」(於いて)を丁寧に言う表現。話題を転じる先の物事を示す表現。ビジネス文書などで用いられる。「おかれましては」などのような表現もある。

おかしくなる

調子が変になる。うまく機能しなくなる。人の気が違う。

おかしくない

(1)笑えない、つまらない。
(2)違和感がない、奇妙な感じがない。
(3)筋違いな感じはなく、整合性がある。

おおそよ

「おおよそ」の誤り。「おおよそ」は「大凡」とも書き、大体のあらまし、大雑把な把握を意味する表現。

おいとまする,お暇する

「お暇」は「いとまごい」の略。訪問先から退散すること。

おいでよ,お出でよ

こちら側へ来ることを提案する意味合いの、くだけた表現。おいで。

お出で頂く【おいでいただく】お出でいただく,おいで頂く

「来てもらう」を敬っていう表現。「お越し頂く」などとも言う。

お熱い【おあつい】おアツい

熱烈な恋仲を表す表現。あつあつであるさま。

エールを送る【エールをおくる】

「エール」は英語「yell」の音写で「声援」「励まし」のこと。応援する、激励する言葉をかけること。

えも言えぬ【えもいえぬ】

普通は「えもいわれぬ」(えも言われぬ)と言う。言葉で表現することができないような様子を意味する表現。

エピタキシァル

一般的には「エピタキシャル」と表記する。英語「epitaxial」の音写で、「エピタキシー」(epitaxy)の形容詞形。単結晶が物体表面に薄膜として生じる現象を指す語。

えのき茸【えのきたけ】

「エノキタケ」(榎茸)に同じ。エノキなどに生える。

えっへん

咳払いをするさま。または、心持ち得意になってふんぞり返る様子を表す表現。

エジェクター,エゼクタ

英語「ejector」の音写。排出(eject)する装置や機構のこと。

エコロジカル

英語「ecological」の音写で、「環境保全に役立つ」「生態学的な」といった意味の語。「エコな」と略される。

エクゼキューション

一般的には「エグゼキューション」と表記する。英語「execution」の音写で、実行・遂行・遂行などを表す表現。

エキゾティック

一般的には「エキゾチック」と表記する。英語「exotic」の音写で、異国的な雰囲気があって情緒がある様子。

エキステンション

一般的には「エクステンション」と表記する。英語「extension」の音写で、拡張する、広げる、といった意味の表現。

えいっと

「えい」は掛け声。意気込んで何事か動作をする時の様子を表す表現。

うんたらかんたら

「云々」と「何たらかんたら」の混ざった表現。「何たらかんたら」は「何たら」に反復強調した表現で「うんぬんかんぬん」と同様。なんちゃら。

うんうんかんぬん

「云々」を反復して強めた形。何事かをくだくだと述べる様子を表す表現。

うわづく

「うわずる」(上擦る)の誤りか。

うわずった声【うわずったこえ】上擦る

声音が高く上がった調子になるさま。へんに浮ついた感じになる様子。

噂をすれば影【うわさをすればかげ】うわさをすれば影

「噂をすれば影がさす」の略。往々にして、人の噂をしているとほかならぬ当人が現れる、という意味のことわざ。

鱗が落ちる【うろこがおちる】うろこが落ちる,ウロコが落ちる

「目から鱗が落ちる」の言い回しで用いる表現。視界を塞いでいた鱗のようなものが目から落ちて取れるさま。転じて、急に物事がよく理解できるようになる様子。『使徒行伝』に由来する表現。

うれしそうな,嬉しそうな

嬉しいと感じているだろう、と思われるさま。そのように推察される様子。

うれしさ,嬉しさ

好ましい状況にあってありがたいと思う気持ち。心が楽しくなる心持ち。形容詞「嬉しい」の名詞形。

うら若き【うらわかき】

若々しく、みずみずしいさま。とくに若くて可憐な女性について言う。

うららかな,麗らかな

明るく暖かい様子。晴れ晴れとしている様子。うららかであるさま。