スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 15, 2011の投稿を表示しています

うっとりする

快さ、快感、快楽などによって心を奪われた状態になるさま。うっとりとするさま。

うずたかく,堆く

物が幾重にも重なって、高く積み上げられているさま。「うずたかく積み上げられた書類」などのように用いる。

ウォークイン,walk‐in

「歩いて入る」とう意味の英語の形容詞。中に歩いて入れるほどの大きさの収納を「ウォークインクローゼット」と言う。事前の許可・予約が不要で立ち寄れる性質の店にも用いる。

ヴォーカル,vocal

曲の演奏における、楽器要素としての声。または、声により演奏の一部を担う人。クラシック音楽における声による音楽、ソプラノやテノールといった区分のあるものは「声楽」と呼び、ボーカルとは区別される。

うおさお

「うおうさおう」(右往左往)の誤記か。右往左往は、慌てて惑い、右へ左へとうろうろするさま。

い集【いしゅう】蝟集

物が一箇所に群がるように集まるさま。「蝟集」の「蝟」は針鼠を指す表外漢字。その針毛のように密に群がっている様子。魚介類の行動などについて言うことが多い。

いわくありげ,曰く有りげ

物事の裏に何か特殊な事情がありそうな気配のするさま。「いわく付き」は事情が明白な場合に用いられるが、「いわくありげ」はそれとなくそういった感じがする程度。

いらん,要らん

「いらぬ」に同じ。不要であるという表明。直接に不要と表現する点では比較的乱暴な言葉。丁寧に言う場合には「結構」「間に合っている」などのように言うことが多い。

いらしてる

「いらっしゃっている」を省略した言い方。多く、すでに到着しているさまを表す表現。すでにお見えになっている。

いらしてください,いらして下さい

「いらっしゃってください」を略した形。省略ではあるが正しい表現とされ、誤用と見なされることは稀。相手がこちらに来ることを敬っていう表現で、「お出でになってください」「お越しください」などと同様の意味合い。

いらして

「いらっしゃる」の活用形である「いらっしゃって」を略した形。一般的には、誤用ではなく正しい表現とされる。なお、かつては「いらっしって」のような略形が用いられた例もある。

いやもすると

「ややもすると」の誤用。漢字は「動もすると」と書き、何かにつけてそうなる、といった意味合いで用いられる表現。

いやまして

「いやましにまして」の誤用。「弥増しに増して」と書き、量がさらに多くなっていくさま。

いみじい

「いみじ」の誤りか。「いみじ」はひどい、すばらしい、など、程度の甚だしさを言い表す表現。

いびり

「いびる」の名詞形。立場が下の者に無理なことをして苛むこと。「嫁いびり」などのように用いる。

いどまがない

「いとまがない」の誤りか。「いとまがない」は「暇がない」と書き、それにかかりきりで休まる暇もない様子。

いとかなし

「いと」は程度の甚だしいさまを表す古語。「かなし」は心が痛むさまを表す古語。とても切ない、心苦しいさまなどを意味する表現。

いでだち

「出で立ち」の誤読。連濁せず、「いでたち」と読む。身なりや装い、あるいは、出発すること。

いてもうたろか

「いてまう」は、ひどく痛めつけることを意味する関西の言葉。「いってしまう」が元とされる。痛い目にあわせてやろうか?といった意味合いの、凄味を利かせる表現。

いっきょかせい,一挙呵成

「一挙に」と「一気呵成」を誤って混ぜて用いた表現。「一挙に」は複数の物事を一度に片付けるさま。「一気呵成」も、多数の事柄を一気に片付けるさま。

一躍時の人【いちやくときのひと】

「一躍」は、急激にそのような状態になること。「時の人」は、世の中で時流に乗り、脚光を浴びている人。何らかのできごとをきっかけにして、あっという間に広く世間の知るところとなったような人を指して「一躍時の人となる」のように表現する。

いちへいそつ

「一兵卒」の意。一般的には「いっぺいそつ」と読む。単なる一人の兵卒、しがない身分などを意味する表現。

イタリアルネサンス,イタリアルネッサンス

14世紀イタリアで興った芸術や学問の復興運動。200年ほどの間に文芸・学問・芸術など多分野において革命とも言うべき文化的展開が行われ、西洋世界の文化や精神を方向づけた。単に「ルネサンス」と言えば普通この出来事を指すが、「再生」や「再興」の意味でルネッサンスと言う例も多いため、区別する意味でイタリアルネッサンスと言うことがある。

いたらず,到らず,至らず

「いたらない」(至らない)に同じ。「至らない」には主に、達しない、到達できない、等の意味があるが、十分な注意や配慮がいきわたっていないさまも表す。

いだましい

「いたましい」の訛った表現か。「いたましい」は痛々しくて見ていられない様子などを表す表現。

いたいけな,幼気な

子供が幼いのにけなげでかわいらしく、心打たれるさま。だいたい「いたいけな子供」のように「子」「子供」「幼子」を形容する。

いたいげ

「いたいけ」の誤り。「いたいけ」は「幼気」と書き、幼いのにけなげでかわいらしいさま。

いささかも,聊かも,些かも

「いささか」は分量・程度が僅かであるさま。否定を伴って少しも・ちっとも・微塵も・全く・全然、そんなことはない、といった意味を表す言い回し。いささかなりと。

いきりだつ

普通は「いきりたつ」と読み、連濁はしない。「熱り立つ」と表記する。興奮する様子。

いい話【いいはなし】

良い、と評価できる話。得な、有益な、しみじみする、心が洗われる、勇気付けられる、といった様々な意味合いの良さを含む話について用いる。

いい得も知れない

「言い知れない」「えもいわれぬ」「言い得ぬ」などをまぜこぜにした表現か。いずれにしても、言葉に表現できないような甚だしい、または不可思議な様子を形容する表現。

いい面の皮【いいつらのかわ】

面の皮がいい具合になっていること。「いい」は反語的な表現で、「面の皮が厚い」すなわち、あつかましい、恥知らずな、といった意味合いで用いる表現。

いいなあ,いいなぁ

「よい」という意見の表明に、しみじみ述べる「なあ」をつけた形。多く、相手が有するものについて羨む心裡を表明する言い回し。

いいとこ

「いいところ」の約まった形。格好いい側面。「いいとこ見せる」の言い回しで用いることが多い。

いいぞ

のぞましい状態・状況であることを表現する呼びかけ。「その調子だ」と合わせて使うことが多い。

いいかっこ

「いい格好」の約まった形。ええかっこう。体裁を作るさま。多く、揶揄する場合に言う。