スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 14, 2011の投稿を表示しています

あまつち

「あめつち」の誤り。「あめつち」は「天地」と書き、宇宙およびこの世界を意味する和語。

虻蜂【あぶはち】

「虻蜂取らず」の部分または略。虻も蜂も獲ずに終わる、欲張った末にどちらも失うさま。原義はくもの巣に虻と蜂が捕まったことに喩えたもの。

あのような

自分からも相手からも遠方にある物事の、その有様を指す表現。あれの様子。「ああいう」「ああいった」「あんな」「あないな」「あれのごとき」などのようにも言う。

あとすざる

「あとずさる」の誤記。「あとずさる」は「後退る」と表記し、前方を向いたまま後退する様子を意味する表現。

新しめ【あたらしめ】

「新しい」の語幹に接尾辞「め」がついた表現。いくらかそういう感じのするさまを表す。すなわち、割合に新しい感じのするさま、比較的新しい様子。

発足の運び【ほっそくのはこび】

団体や組織などが新しく作られて活動に至ったこと。ビジネス上の手紙などで用いることが多い。「この度、左記の通り発足の運びとなりました」のように用いる。

アカイカ,赤イカ,赤いか

(1)ムラサキイカのこと。加工食品などとして市場に流通している。市場でアカイカと呼ばれることは稀。
(2)ケンサキイカの別称。
(3)ソデイカの別称。

煽られる【あおられる】

(1)風に吹かれて動く、舞い上がるさま。
(2)人にけしかけられて、そう行動しなければならないような気持ちにされるさま。煽動されるさま。

あいたた

痛い、または痛々しいさまについて言う表現。「あ痛」「あちゃあ」などのようにも言う。

イソ型,イソフォーム,アイソフォーム

たんぱく質で、機能や作用はよく似ているが、構造(たんぱく質中のアミノ酸の並び方)が異なっているもの。酵素については特にアイソザイムと呼ぶ。「iso」は「同じ」といった意味。

脱スーツ【だつスーツ】

ビジネス上スーツを必ず着用するのではなく、もっと気候などに適した服装をすること。スーツを着るべきという固定観念から脱すること。夏に涼しい格好をするなど。