スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 6, 2011の投稿を表示しています

数時間【すうじかん】

時間(hour)を単位として、おおむね二、三時間、もしくは五、六時間程度を漠然と指す表現。「何時間か」のように表現する場合もある。

数百【すうひゃく】

百個単位で、おおよそ二百から三百、または五百から六百程度の数量。「ウン百」のように表現する場合もある。

崇り

「祟る」(たたる)の名詞形「祟り」と、「崇める」(あがめる)の字を混同したもの。

尊敬の念や崇高さを意味する字。「崇める」(あがめる)、「崇敬」(すうけい)、「崇拝」(すうはい)などのような言葉がある。人名では「崇」で主に「たかし」と読ませる。なお、「祟る」(たたる)は異なる字。

遂次刊行物

「逐次刊行物」の誤記。「逐次刊行物」は、号数に従い順々に刊行される出版物のこと。

遂次

「逐次」(ちくじ)の誤記。「逐次」は「その都度」「毎回」「その度に」「少しずつ」などといった意味の表現。

遂一

「逐一」の誤記。「逐一」は、どれも省略することなく一つ一つ順に扱うさま。

炊き上げる【たきあげる】

炊いて料理などを作る。とくに飯を炊いてごはんを作ることを指す。「上げる」はこの場合、仕上げる、完了する、完成させる、といった意味合いを含む。

図式化【ずしきか】

関係や工程などを、図で表すこと。図示すること。物事の整理・単純化・明瞭化・伝達の容易化などを目的として行われる。

腎臓透析

人工透析のこと。人工透析は、腎臓の機能を代替する人工的な透析機能の提供。腎臓による透析機能を指して「腎臓透析」と呼ぶ例は稀。内科の診療対象として「腎臓・(および)透析」と掲げる場合はままある。

尋常ではない【じんじょうではない】

「尋常」とは、普通でありとりたてて変わったところのないさま。「尋常でない」と言った場合は、「異様だ」「常軌を逸している」「途方もない」といった意味合いで用いられる。

人文学【じんぶんがく】

人間文化を考究する学問分野。人文科学。自然学(自然科学)との対比において用いられることが多く、一般的に哲学、宗教学、芸術学、社会学などを包含する。

人口透析

「人工透析」の誤記。腎臓機能を代替する透析を人工的に行うこと。

身震

「身震い」(みぶるい)に同じ。恐怖などで体が震えおののくこと。

親しき仲にも礼儀あり

ふつう「親しき中にも礼儀あり」と表記する。親密な間柄でも一定の礼儀をもって振舞うのがよい、といった意味の表現。