2011年5月18日水曜日

前期高齢者【ぜんきこうれいしゃ】

高齢者のうち、65歳以上75歳未満の人のこと。世界保健機関の定義による。75歳以上の人は「後期高齢者」といい、85歳以上の人は「超高齢者」という。

誤食【ごしょく】

食べ物だと思い込み、誤って食べてしまうこと。

後任者【こうにんしゃ】

前の人が就いていた任務にかわって就く人のこと。

後期高齢者【こうきこうれいしゃ】

老年医学において、75歳以上85歳未満の老人のこと。65歳以上75歳未満の人は「前期高齢者」または単に「高齢者」と呼ばれる。85歳以上の人は「超高齢者」と呼ばれる。

戸建住宅【こだてじゅうたく】戸建て住宅

集合住宅とは異なり、1つの敷地に一世帯が居住する住宅のこと。

固定客【こていきゃく】

毎日のように、あるいは、定期的に利用している客のこと。

限度額【げんどがく】上限額

金額の範囲のうち、上限の額のこと。

現物配当【げんぶつはいとう】

品物で報酬を与えること。現金支給でないこと。

現状調査【げんじょうちょうさ】

現在のあり様を調べること。

えん戦気分【えんせんきぶん】厭戦気分

戦争はもういやだ、といった気分。または、そうした意見を抱く人が多くなっている風潮。厭戦の風潮。

厭戦【えんせん】えん戦

戦争を厭い避けようとすること。「戦争はいやだ」、「もうこれ以上戦争をしたくない」といった心境に至ること。戦争を好むことは「好戦」という。

玄関ホール【げんかんホール】

建物の正面の出入り口から建物内に入ったところの空間。

減光スイッチ【げんこうスイッチ】

光の明るさを下げるための切り替え器。

原子数【げんしすう】

原子の数量。

原子構造【げんしこうぞう】

原子の作り。

見解書【けんかいしょ】

物事に対する考え方を記した文書のこと。

検収書【けんしゅうしょ】

請負人から納入された品の数量や種類、内容などについて、発注者が点検したことを証明する文書のこと。

検査員【けんさいん】

検査を行う人のこと。

建物滅失登記【たてものめっしつとうき】

すでに登記されていた建物を取り壊し、無くなった旨を登記簿に記載すること。

月販【げっぱん】

月賦販売の略。

月期【がつき】

主に企業における決算月のこと。あるいは〆月のこと。

牛ホホ【ぎゅうホホ】牛ほほ,牛頬

牛の頬の部分。赤ワインで煮込んだ料理が有名。

金属片【きんぞくへん】

金属のかけら。金属物質が何らかの衝撃により破損して取れた物質。

議事次第【ぎじしだい】

会議や会合などにおいて、協議する議題とその順序のこと。または、それらを記載した書類などのこと。

血小板減少【けっしょうばんげんしょう】

血液の血小板が少なくなること。抗がん剤の投与で起こる場合がある。血小板減少の状態になると、通常よりも出血しやすくなり、また、止血しづらくなるとされる。

倹約家【けんやくか】

物や金を無駄遣いしない人のこと。なお、無駄遣いしている人のことを「浪費家」という。

決議機関【けつぎきかん】

ものごとを決定する役所や団体のこと。

年間賞与【ねんかんしょうよ】

1年間に支払われる賞与の総額。6月と12月に賞与が支給された場合には、その合計額となる。

経膣【けいちつ】

膣を経由すること。経膣分娩などと表現する。なお、経膣以外の分娩方法には帝王切開が挙げられる。

経理部【けいりぶ】

会社などにおける、経理を担当する部署のこと。

経鼻【けいび】

鼻を経由すること。一般的に内視鏡は口から入れるが、鼻から入れるものを経鼻内視鏡という。

経常的業務【けいじょうてきぎょうむ】

定期的、あるいは、一定の間隔や頻度で行う仕事。

敬老席【けいろうせき】

高齢者のために設置された席、椅子のこと。

契約電力【けいやくでんりょく】

契約上使用できる最大電力のこと。過去1年間の各月の最大需要電力のうちで最も大きい値。

傾斜地【けいしゃち】

斜めに傾いている土地。

日本勢【にっぽんぜい・にほんぜい】

日本人の集合体。国際大会などにおける日本選手たちのこと。

二次加工品【にじかこうひん】

あらかじめ加工されたものを改めて加工した品物のこと。

二次加工【にじかこう】

あらかじめ加工されたものを改めて加工すること。