2011年5月17日火曜日

アヘ顔【アヘがお】あへ顔

恍惚感に浸り、力の抜けたようになりながら喘いでいる表情。アヘアヘ言っている時の顔。アクメ顔。

アヘアヘ,あへあへ

力の抜けた状態で喘いでいる様子を示す表現。性的にみだらな行為により恍惚に浸っている様子など。

年版【ねんばん】年度版

1年周期で発行される書籍のこと。年度版ともいう。

配信先【はいしんさき】

情報を受け取る側のこと。情報を送る側を配信元という。

発表者【はっぴょうしゃ】

ある事柄について広く知らせる人のこと。

発売日【はつばいび】

商品が売られる日。商品が店頭に並ぶ日。

販売網【はんばいもう】

商品を売る会社の集合体。

販売品【はんばいひん】

売ることを目的とした商品のこと。

販売計画【はんばいけいかく】

商品を売るための計画。売り上げ数や、売り上げ金額などの目標を立てることが多い。

販売活動【はんばいかつどう】

商品を売るための行動。新聞やテレビなどへ広告を出したり、店頭で商品のデモンストレーションを行ったりすること。

販売価格【はんばいかかく】

商品を売る際の値段。

生茶葉【なまちゃば】

製茶する前の茶の葉。生の茶葉。

車体番号

「車台番号」の誤記か。「車台番号」とは、自動車などに付与されている文字や数字のこと。

斜め前【ななめまえ】

おおよそ真前と右方、あるいは、真前と左方の間のこと。

斜め上【ななめうえ】

おおよそ真上と真前の間のこと。

執筆業【しっぴつぎょう】

執筆により業を成すこと。小説家やフリーライターなどが挙げられる。

執行役員規程【しっこうやくいんきてい】

執行役員の業務内容に関する規定をまとめたもの。

自信作【じしんさく】

自信のある作品のこと。

次期繰越金【じきくりこしきん】

最終的な収支から利益処分額を控除した後の残余額。次期に繰り越される。

事務費【じむひ】

事務に係わる費用のこと。

子姑

「小姑」の誤りか。「小姑」とは、夫や妻などの姉妹のこと。

事業活動【じぎょうかつどう】

営利を目的として経済活動をすること。

事業会社【じぎょうがいしゃ】

営利を目的として経済活動をする会社のこと。

雌羊【めひつじ】牝羊

メスの羊のこと。なお、オスの羊を「雄羊」、「牡羊」(おひつじ)という。

試写室【ししゃしつ】

映画を、一般公開する前に製作関係者などに対して映写して見せる部屋、空間のこと。

支配欲【しはいよく】

物や人などを自分の勢力下に置いて治めたいという欲望、欲求。

子育て支援【こそだてしえん】

乳幼児や児童などの子どもの育成を支援すること。

使用感【しようかん】

使用した形跡が見受けられること。

仔羊【こひつじ】

羊のこども。

暫定対策【ざんていたいさく】

正式に対策を施すまでの間の臨時の対策のこと。

暫定開業【ざんていかいぎょう】

正式に開業するまでの間の臨時開業のこと。

参考価格【さんこうかかく】

1つの目安として示された価格。実勢価格とは異なる場合が多い。

最新型【さいしんがた】

その時点における一番新しい型式。

再発行【さいはっこう】

一度発行した証明書や文書などを再び発行すること。

再認定【さいにんてい】

一度認定した内容を再び認定すること。

再設定【さいせってい】

一度設定した内容を再び設定すること。

再証明【さいしょうめい】

一度証明した内容を再び証明すること。

再作成【さいさくせい】

一度作成したものを再び作成すること。

再校正【さいこうせい】再校

一度校正した原稿を再び校正すること。

昆虫図鑑【こんちゅうずかん】

昆虫の説明や写真などが掲載されている書籍。

国内外【こくないがい】

国内、および、国外。日本においては、日本国内、および、日本国外となる。例えば、「国内外問わず利用できる」といった場合には、日本国内でも、日本国外でも利用できるという意味。

合格率【ごうかくりつ】

試験を受けた人のうち、合格した人の比率。百分率で示すことが多い。

購買欲【こうばいよく】購買意欲

購入したいという意欲。「購買欲をそそる」、「購買欲を刺激する」などのように用いる。

購買層【こうばいそう】

購入者の層。層には、年齢や職業、地域などが挙げられる。

財政難【ざいせいなん】

国や自治体などの財産の状況がよくない様子。広義では、企業や家庭、個人などの財産の状況がよくない様子。

財政状態【ざいせいじょうたい】

国や自治体などの財産の状況。広義では、企業や家庭、個人などの財産の状況。

財政支援【ざいせいしえん】

国や自治体などへ金銭を与えて援助すること。広義では、企業や家庭、個人などへ金銭を与えて援助すること。

暫定評価【ざんていひょうか】

決定ではないが、現時点でのとりあえずの帰結としてまとめられた評価。

たな晒し【たなざらし】店晒し

売れ残りの商品が店頭に長いこと置かれたままになっているさま。転じて、長期にわたって着手・検討されずにいる問題などを指すこともある。

新じゃが【しんじゃが】新じゃがいも,新ジャガイモ,新ジャガ

春先に早期収穫されたジャガイモ。皮が薄く新鮮な風味が特徴。また、新じゃがいもに適した改良品種「ワセシロ」の異称でもある。

雪中送炭【せっちゅうそうたん】

雪の中で寒い思いをしている人に、暖の元となる炭を送って遣ること。困窮している人に援助の手を差し伸べることを意味する表現。

半端じゃない【はんぱじゃない】ハンパじゃない

不完全・不十分だったり、どちらともつかない状態だったりしないという様子。分量がものすごい、程度が甚だしい、態度や姿勢がある方面に突き抜けている、といった意味を示す際に多く用いられる。俗に「半端ない」とも表現する。

足踏みミシン【あしぶみミシン】

踏み板を踏んで運動エネルギーを伝えて駆動させるミシン。現在では電力を動力とする電動ミシンにほぼ置き換わっている。