2011年5月7日土曜日

帰途につく【きとにつく】帰途に就く

家などへの帰り道を辿るさま。帰ること。

好かれる【すかれる】

他人から好感を持たれる。他人が自分に対して悪くない印象を持っているさま。

多文化【たぶんか】

複数の異なる文化。特に、ある集団内に、異なる文化的背景を持つ構成員が多くいる様子。

宏大無辺【こうだいむへん】

果てがないように思われるほど広々としているさま。ふつうは「広大無辺」の表記が用いられる。「宏」は「広い」という意味合いの語であるが、主に人名に用いられる。

孤絶した【こぜつした】

他との関わりが全くなく、それだけが存続しているさま。孤立して他との関わりが絶たれた状態にあるさま。

目まぐるしく【めまぐるしく】目紛しく

物事の変化などが激しく、目が回るようであるさま。変化に合わせてしっかり対応することが容易でない様子。

過量【かりょう】

分量や程度が適量の範囲や許容できる限度を超えているさま。英語の「オーバードーズ」に相当する語。

直截簡明【ちょくせつかんめい】

回りくどさがなく、分かりやすくはっきりしていること。「簡明直截」とも言う。

簡明直截【かんめいちょくせつ】

はっきりしていて分かりやすく、回りくどくないこと。「直截簡明」とも言う。「簡明」も「直截」も、はっきり・すっぱりした様子を示す意味合いの表現。

報復措置【ほうふくそち】

主に国家間で、仕返しをすること。他国から受けた不当な干渉に対して、単に非難するだけでなく、制裁や復讐を行うこと。

殉教者【じゅんきょうしゃ】

自ら信仰する宗教のために命を落とした者。信仰のために死んだ信者。

直ち【ただち】

「直ちに」(ただちに)で、「すぐに」「間をおかずに」と言った意味合いで用いられる表現。「直ちに」で副詞となり、一般的に「直ち」のみでは用いない。

いらした

「来た」の尊敬語。「いらっしゃる」の過去形である「いらっしゃった」が約まった形。「おいでになった」とも表現する。

療養中【りょうようちゅう】

病気をいやすために治療や静養をとっている最中である、という表現。

脆弱な【ぜいじゃくな】

外からの攻撃などに対して弱く、やすやすと害を被ってしまうさま。

胸が締め付けられる【むねがしめつけられる】胸がしめつけられる,胸が締めつけられる,胸を締め付けられる

胸元が強く圧迫されたようになる。病気の症状、あるいは、せつなくてたまらない感情、などを形容する表現として用いられる。

背徳的な【はいとくてきな】

道徳に背いているさま。本来あるべき人の道に背を向ける様子。

自然条件【しぜんじょうけん】

その地域を取り巻く、地勢や天候といった自然に関連する状況。

大儀名文

「大義名分」の誤り。「大義名分」とは、物事を行うに当たっての正当な理由と言えるだけの根拠・口実のこと。

真価が問われる【しんかがとわれる】

今まで曖昧だった本当の価値、つまり必要か不要か、有益か無益かといった判断が、否応なく下される状況。

ユッケ用生肉【ユッケようなまにく】

ユッケとして提供するために調達・調理される生肉を指す表現。ユッケ用といっても、ふつうは特別な措置や加工が施されているという意味合いを含まない。

M8級【エムはちきゅう・マグニチュードはちきゅう】

地震の規模が「マグニチュード8クラス」、すなわちマグニチュード8.0以上の規模の地震であるという意味の表現。いわゆる「巨大地震」に該当する。