2011年4月28日木曜日

毅然とした【きぜんとした】

意志や態度が、強い信念のもとにあり、柔弱な様子をみせないさま。強くてりっぱなさま。

機知に富んだ【きちにとんだ】

場所や相手、状況に応じて当意即妙な対応・発言を行うさま。

機知に富む【きちにとむ】

言動が場所や状況に適していて感心するさまを形容する表現。「機知」は場に応じて当意即妙な発言や対応ができる力のこと。「ウィットに富む」などとも言う。

得もいえぬ【えもいえぬ】

「えもいわれぬ」(得も言われぬ)が現代風に変化した表現。「得も言われぬ」とは、言葉では何とも言い表せないさまを表す言い回し。

粗雑な【そざつな】

きめが粗く、いい加減であるさま。行き届いていない様子。形容動詞「粗雑だ」の連体形。

確実に【かくじつに】

誤りのないこと。確かであること。形容動詞「確実だ」の連用形。「確かに」とも言う。

お慶び【およろこび】

喜び祝うこと。祝いの言葉を述べること。挨拶文における「お喜び申し上げます」などに用いる表現。「喜び」は主に「嬉しくなる」「楽しい」といった意味合いが強いが、「慶び」は相手を祝福する意味合いが強い。「慶賀」「慶祝」なども同様。

スパイラルアップ,spiral-up

改善が奏効しあって継続的な改良・向上に結びつくこと。「善循環」「好循環」とも言う。

連れ立って【つれだって】

二人または複数人数が一緒に行くさま。人を伴っている様子。

スキージ,スクイージ,squeegee

掃除用具の一種で、先端にゴム板を装着した丁字型の道具。窓ガラスなどの滑らかな物体から表面の水気をきれいに除くことができる。

恩恵を受ける【おんけいをうける】

ある対象から、ありがたい恵みを貰うこと。それがあるお陰で、自分もありがたい影響を得ているさま。

備置【びち】

備え置くこと。書類などについて、いつでも需要対応できるように置いておくこと。会社法などで用いられる表現。

温厚な【おんこうな】

主に人柄について、あたたかく穏やかなさま。形容動詞「温厚だ」の連体形。

慣習的【かんしゅうてき】

長い期間にわたり行われ、社会文化的に浸透・日常化しているさま。慣わしとなっている様子。

貴重な【きちょうな】

珍しく、値打ちがあるさま。形容動詞「貴重だ」の連体形。

気軽に【きがるに】

形容動詞「気軽だ」の連用形。行為などについて、畏まったり、遠慮したりしない様子。

めっちゃ可愛い【めっちゃかわいい】滅茶かわいい,めちゃかわいい

かわいらしい、ということを強調した表現。「めっちゃ」は「めちゃめちゃ」や「めちゃくちゃ」を略した表現で、程度が甚だしいさま。超かわいい。すこぶる可愛い。

人気を博す【にんきをはくす】人気を博する

広く世間から評判を得る。「博す」は、獲得するといった意味。

諸先輩【しょせんぱい】

先輩の方々。「諸先輩方」(しょせんぱいがた)とも言う。

窺わせる【うかがわせる】

特定の状況下にあることが推察される様子であること。「窺う」はそっと様子を見るといった意味。推察する主体が文の主となる場合には「窺える」などのように言う。

ご相伴【ごしょうばん】御相伴

「相伴」に丁寧の「御」をつけた表現。「相伴」は、客または主に付き随うこと。ただし、「お相伴」の方が一般的な表現とされる。

守護者【しゅごしゃ】

守る人。守護する者。または、守護する存在。守り人。人物以外の場合「守護神」「守護聖人」のような表現も多く用いられる。

諦めない【あきらめない】

取り組んでいる物事に対して、途中で放棄せずに最後まで遣り通すこと。「途中で諦めない」「最後まで諦めない」のように言う。

偶発性【ぐうはつせい】

思いがけず生じること。必然的でなく偶発的に発生する性質のこと。「不測の事態」の性質。コンティンジェンシー。

楽易【らくい】

楽しく、心安いこと。「辛苦」の対義語として用いられることがある。

身の細る思い【みのほそるおもい】身も細る思い

体つきがげっそりするほど、しんどい思いをすること。ひどく心労すること。「痩せる思い」とも言う。

覚束【おぼつか】

形容詞「おぼつかない」の語の一部分。「おぼつかない」は、不確かであるさま、心細いさまなどを意味する表現。ただし「覚束無い」は「おぼつかない」の当て字であり、「おぼつか」が無い、という意味ではない。

高断熱【こうだんねつ】

断熱性能に優れているさま。特に住宅において、屋外の空気を屋内に流入させにくくなっている状態を「高断熱住宅」と呼ぶ。住宅においては気密性と合わせて「高気密高断熱」であることがよいとされる。

高気密高断熱【こうきみつこうだんねつ】

家屋において、気密性が高くて室内の空気を外部に流出させず、また、断熱性が高くて外部の空気を流入させないさま。そうした住宅は「高断熱高気密住宅」という。空調の効率がよく、快適な住まいを実現しやすいとされる。

淫猥【いんわい】婬猥

性的に乱れていて品のないさま。下品で猥褻な様子。「淫猥」が一般的な表記で、「婬猥」は「淫猥」の異表記。

大きく【おおきく】

動作や様子について、その規模が大きい、程度が甚だしいといったことを表す表現。「大きくかぶりを振った」「意味合いは大きく異なる」などのように用いられる。

教えて【おしえて】

(1)「教える」に終助詞「て」が付いた表現で、主に依頼・命令を表す。何事かについて、自分に教えて欲しいと頼む際の呼びかけ。
(2)「教える」に接続助詞「て」が付いた表現で、補助動詞を伴って「教えること」に関する何事かを表現する。「教えてやらない」「教えて頂戴」などのように用いる。